Blog from ArchStyle » BONCOURA DENIM JACKET & 3B JACKET|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA DENIM JACKET & 3B JACKET

2017.06.6 Tuesday 22:03:41| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

_DSC1435
BONCOURAの顔とも言えるデニム生地は、糸の紡績から生地作りが始まります。

昭和20年代の旧式力織機でゆっくりと空気を取り込みながら織られる生地は、毛羽立ちとザラ感が増し、まるで40年代のアメリカ物を彷彿とさせます。

定番のジーンズと並び無くてはならないのが、ジーンズ同様の生地を使ったDENIM Gジャンです。

IMG_0151COLOR INDIGO
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥38,000+TAX

僕らが気に入って愛用している要因の1つが、着丈の長さです。

この手のGジャンに見られる物よりも少し長さのある仕様なので、合わせるボトムスとインナーの幅が広がります。

ジャケットとしては勿論、はたまたコートの中に忍ばせても良し、ギャバジンやオイルドコートのインナーに色落ちしたデニムGジャン…想像しただけで堪りませんね。

_DSC0629
_DSC2150

ジーンズよりも縫製工程が多い上に縫う場所によってステッチの番手や色、さらには運針まで変えているのには驚きです。
全てがコットン100%による糸なので、色が落ちてきた際にステッチにインディゴが乗り、生地と共に良い雰囲気になってきます。

続いては、ベーシックな3つボタン段返りの3B JACKET。

_DSC0655COLOR INDIGO HERRINGBONE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

3つボタン、パッチ・フラップポケットの仕様がアメリカ顔のこちらのジャケット。

BONCOURA定番素材であるINDIGO HERRINGBONEの素材に成る事で、ラフに着れる1枚になっています。

_DSC0675
_DSC0678
洗いと着用を繰り返し、色が落ちる事でヘリンボーンの織りがよりはっきりと浮き出てきます。
この形でラフに着れる素材という点がとてもツボです。

_DSC0669COLOR SUCKER BLUE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

シアサッカー素材を用いた3Bジャケットは、シャツ感覚で着れる素材感なので夏場の羽織として最適ではないでしょうか。

_DSC0671
夏の代名詞とも言える素材を、この季節だからこそ出来るスタイルで快適に着たいですね。

BONCOURAの最大の魅力は生地にあると思います。

10年、20年と愛用する事を考えて作られるその生地は、どのアイテムにも共通しています。

”育て甲斐のある洋服”

そんな言葉がしっくりくるBONCOUARの洋服に袖を通してみて頂きたいです。

ARCH 宅見

₢킹