Blog from ArchStyle » Suffolk Shoes|archstyle|Arch アーチ

Suffolk Shoes

2016.11.13 Sunday 23:32:43| Author:admin| Categories:Exclusive,IMPORT

約1年掛かりで取り組んでいた1足が入荷しました…。

_DSC0905

イギリスならではの「ステッチダウン製法」のみで、クラシカルなデザートブーツをメインに作っている【Suffolk Shoes(サフォークシューズ)】は、その名の通りイギリスの南東部に位置するサフォークにて、親子2人で操業しているファクトリー。

今日では、その「ステッチダウン製法」が出来るファクトリーはイギリス国内で僅か2社と言われている程の希少なメーカーです。

suffolkshoes03

今シーズンArchで初展開にして早速の別注は、かつてC社がイギリス軍に支給していたものをベースとしています。

誰しもがイメージする”クレープソール”によるデザートブーツでは無く、”コマンドソール”を装着した珍しい1足です。

_DSC0873Size 7 / 7H / 8 / 8H / 9 / 9H / 10 / 10H / 11
Price ¥46,000-+tax
Made in ENGLAND

アッパーに用いられるのはC.F.Stead社のスウェード素材、この手の靴がお好きな方ならばご存知のタンナーだと思います。

デザートブーツの雰囲気はそのままに、(クレープソールのものと比較して)すっきりとしたフォルムが特徴的。

_DSC0908

ゴツく重い印象のコマンドソールですが、このコマンドソールに関してはとても軽量で、まるでスニーカーを履いている様な感覚。

実はこちらのリクエストに対して、1から探してもらったものだったりします。

_DSC0888
ハトメやシューレースなどの細部もこちらのリクエスト通りに応えてもらいました。

_DSC0912
デザートブーツは極めて定番的なアイテムですが、探すとなると無い…そんな時代だと思います。

やはり靴箱に1足は揃えておきたい、そしてコーディネートのアクセントにも必要な1足です。

suffolkshoes01右端に写っているのが、若き靴職人ジェド・フライドマン。

「デザートブーツ」と言えば、かの有名なC社のクレープソールを思い浮かべる方が大半だと思いますが、そんなC社が昨年、イギリス製に拘り発売したアニバーサリーモデルを手掛けたのも実はこのファクトリーです。

本来ならば春頃に入荷予定だったので、既にお話していた方には大変お待たせしてしまいました…欲を言えば、個人的にも春から履き込みたかったのですが、その辺りはご愛嬌…それもまた今日の大量生産ではあり得ない事だと思いますので、また違った捉え方の出来る1足ではないでしょうか。

Arch 吉田

₢킹