Blog from ArchStyle » John Chapman |archstyle|Arch アーチ

John Chapman

2015.01.13 Tuesday 21:10:19| Author:admin| Categories:John Chapman

本日は、僕が約3年愛用している【John Chapman】の【City Rambler】が良い雰囲気になってきたので、他のラインナップと共にご紹介します。

_DSC1390

このバックを選んだ理由は主に3つあります。

1つ目が、天候を気にせずに持てる撥水性の強い生地と強度な作りをしているという点。
2つ目が、大き過ぎず普段から気軽に持てる丁度良い大きさであり、小旅行等にも活用出来る容量である。
3つ目が、飽きの来ないベーシックなデザインである事。

フィッシングやスポーツが背景にある機能的な部分に特化した作りと、イギリスメイドで拘り抜かれた生地やパーツを職人の手によって、今も尚製作されているという部分に魅力を感じこのバックを愛用しています。

_DSC1403
イギリスらしい防水素材・ゴム引きによるキャンバス生地とブライドルレザーは、使い込む事でより表情が出てきます。

_DSC1418左 使用前 / 右 宅見 私物

比べてみるとオリーブの色味が少しずつ抜けているのが分かります。
この独特な経年変化は、この生地ならではだと思います。

_DSC1381
カットソー2枚にボトムス1本、ソックスに帽子や手帳など、これ以外にももう少し入る余裕はあります。
ミリタリースペックと同等の強度を持つストラップは、パンパンに物を詰め込んでもちぎれる心配はありません。

【City Rambler】
_DSC1433Color Tan Canvas / Deep Olive
Size 40×30×15cm
Price ¥50,000-+tax / ¥45,000-+tax

【Flight Holdall】
_DSC1444Color DEEP KHAKI
Size 53cm×35cm×24cm
Price ¥56,000-+tax

【Traveller 19】
_DSC1448Color DEEP KHAKI
Size 48cm×25cm×31cm
Price ¥60,000-+tax

【Fishing Tote Bag】
_DSC1440Color NAVY / KHAKI
Size 41cm×41cm×18cm
Price ¥25,000-+tax

数をあまり所有しない”鞄”というアイテムなだけに、納得の出来る物を1つ2つ愛用するというスタイルが男の鞄選びではないでしょうか。

_DSC0360
MOJITOのディレクションを務める山下さんが愛用しているバックも実は【John Chapman】だったりします。
アーネストミラー・ヘミングウェイの趣味であったフィッシングと関係がありそうな…
僕の勝手な妄想ですが。(苦笑)

ARCH 宅見

₢킹