Blog from ArchStyle » KLASICA 2018SS / REV’65|archstyle|Arch アーチ

KLASICA 2018SS / REV’65

2018.01.6 Saturday 21:47:39| Author:admin| Categories:KLASICA

93g9njgpmehy

1950年代〜60年代にかけイギリスでムーブメントとなった”MODS”。
当時の若い労働者達が音楽やファッションに夢中になっていた時代であり、戦後の時代背景を垣間見るイギリスの一つの文化だったと思います。

アメリカ軍のM-51 、M-65 PARKAを着用しベスパ等のバイクに跨っている、そのイメージが強く今でもファッションシーンには欠かせないカルチャーです。

その象徴的なアイテムがUS ARMY のフィッシュテールパーカであり、その背景を見るとより格好良く感じるアイテムではないでしょうか。

IMG_0124
昨年、KLASICAの展示会で見させて頂いたUS ARMY M-65 PARKA。
このヴィンテージを元に2018SS のKLASICA新作のアイテムを制作されたとお話を聞いて気分が上がったのを今でも覚えています。

いたる箇所にマーカーが付いているヴィンテージを見て何よりも驚いたのが、

着丈の長さが特徴的なこのコートをハーフコートないしはブルゾン位の長さに改良していた事です。

ボリューム感のあるオーバーコートを絶妙な場所でカットされた着丈は、他には類を見ないバランスの良い1着に仕上がっています。

IMG_0268
IMG_0262COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥74,000+TAX

ブラックで仕上げたシックな1着は、コットンリネンの光沢感のある生地でより上品な雰囲気に。

裾をリブにする事で丸いボリューム感のあるシルエットが生まれます。

_DSC2664

_DSC2657

お尻がすっぽりと隠れる着丈の長さが一番の魅力です。
この独特のシルエットに惹かれて僕自身も個人オーダーしてしまいました…笑

_DSC2670
_DSC2680
_DSC2683

IMG_0265
同素材で付けられたパッチもアクセントになるディテール。
当時のMODSのムーブメントを感じるパッチが男心をくすぐります。

_DSC2678

勿論ジャケットの上からも羽織れる位ゆったりとしたシルエット。
インナーの調整で長いシーズンに渡り着回せるのも魅力だと思います。

僕自身、US ARMY M-65 PARKAは、大好きなミリタリーアイテムの一つで愛用もしています。
だからこそ、こういったアイテムがあればなぁとも思っていました。

独特のボリューム感にミリタリーの無骨さも感じるKLASICAのREV’65は、これから頻繁に愛用するアイテムの一つになりそうです。

ARCH 宅見

₢킹