Blog from ArchStyle » moment 3 “facteur” in genre|archstyle|Arch アーチ

moment 3 “facteur” in genre

2018.09.1 Saturday 21:01:30| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!,Vintage

来週末9月7日から、KLASICA×ARCH×genreのスペシャルイベントを開催します。

ヨーロッパヴィンテージを中心にセレクトされた姉妹店”genre”。
genreの店内には工場があり、その場所で職人の手作業によりgenreオリジナルラインの洋服も製作しております。

ヨーロッパヴィンテージに精通しているKLASICAのコレクション。
ARCHが所有していたヴィンテージを元に製作されたKLASICA “CIRCA JACKET”は、僕らにとっても思い入れがあり、当時のフレンチヴィンテージの背景を垣間見る事の出来るストーリーのある一着です。

そんな、CIRCA JACKETを1900年代初頭の古き良き洋服の作り方で製作する事が出来たら…

一人の職人の手によって全ての工程を手作業で…

そんな想いから、KLASICA CIRCA JACKETをgenreの工場でカスタムオーダーという形で、一から製作する事の出来るスペシャルイベントを開催する運びとなりました。

膨大な生地から自分だけの一枚を選び、genreの職人が一点一点手作業で作り上げます。

_DSC0188moment 3 “facteu”
KLASICA × ARCH × genre
2018 9/7(fri), 9/8(sat) ,9/9(sun)
in genre

IMG_2166

『genreの店内には様々な音が聞こえてきます。

外からは市電の音。
札幌最古のビルを包み込むこの音は、歴史と風情を感じさせてくれます。

工場(こうば)からは布を裁断するハサミの音。

心地よい緊張感が走ります。

そしてミシンの音。

速くなったりゆっくりになったり‥
これから作り出されるものに対する高揚感が募ります。

そんな音達がgenreの日常に心地よく響き渡るのです。

genre.Archに集まるヨーロッパヴィンテージの洋服。

その多くは手仕事によって生み出されたものです。
着る人に合わせて作られた言わば「オーダーメイド」は生活する上での機能性が重視されていたり、好みが色濃く反映されていて面白味を感じる部分です。

現代のように環境や道具が揃っていない中、手仕事で作られた当時の洋服達。
チクチクと一針一針縫われた愛くるしい縫い跡や曖昧な縫い代からは、深い味わいと温かみを感じます。

そんなヴィンテージだからこそ着る人が愛着を感じ、大切に受け継がれてきたのです。

genreで作る洋服も、着る人に「これからも大切にしていきたい」と思ってもらえるように‥これからのヴィンテージとなるように‥
という想いを込めて一人の職人が一から物作りをしています。

そして後世に残る洋服を作るために、現代までに培われた技術や洗練された道具を駆使し、より美しくお仕立てしております。

是非genreに足をお運びいただき、音を感じ温かみのある洋服達をご覧ください。』

genre 山本陽香

₢킹