Blog from ArchStyle » KLASICA 3-Z |archstyle|Arch アーチ

KLASICA 3-Z

2019.01.21 Monday 21:50:50| Author:admin| Categories:KLASICA

L1006686

冒頭の写真は、1940年代にアメリカ海軍・US NAVYに支給されていたサルベージパーカーです。
危険物処理等の救助用として使われていたもので、生成りのカラーとポケットのディテールが独特のミリタリーアイテムです。

ミリタリー・ワークウェアに造形の深いKLASICA河村氏が、このUS NAVYのミリタリーウェアーをモダンにアップデートしたのが、今回紹介します”3-Z”。

L1006492

ミリタリーの無骨さを残しながらも、無駄を削ぎ落とした洗礼されたデザインは、KLASICAらしさを感じます。
何よりも使っている素材に非常に惹かれます。

バリッとしたハリのあるビーチフェイスナイロンに塩縮加工を施す事で、程よいハリ感と柔軟性を両立させた独特の素材感に仕上がっています。

直立する程のハリがあるにもかかわらず、着用すると軽く気心地がとても良いです。
1940年代当時にはなかったであろう素材を、KLASICAの解釈で落とし込んだ、らしさが垣間見えるファブリックです。

L1006490

L1006497
COLOR ASPHALT
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥52,000+TAX

US NAVYのオリジナルから大きく変更されているディテールは、ポケットとジッパーの部分です。
ポケットは片側だけの仕様に、脱着の事も考えらたジッパーの仕様は、襟元と脇下の部分にも施されています。

L1006505

L1006498

L1006508

この手のスモックは、ゆったりとしたものが多いですが、KLASICAの3-Zはコートのインナーにも着用出来るようなフィッティングになっています。

ジャケットを上から着れるアームホールの太さ、程よいゆとりのあるシルエット、長すぎない着丈のバランス。

全てのバランスが絶妙であり、インナーにもアウターにも最適な一着です。

L1006618

L1006518

僕自身、この手の被りのアイテムが好きで気に入ったものがあればついつい購入してしまうのですが、
その理由としては着ていて非常に楽で、これ一枚で完結出来るからだと思います。

スウェットパーカーを着る感覚で、休日の際をいつもこの手のアイテムを身に纏っている様な気がします。

勿論、様々な着こなしが可能なのでスタイルの幅が広がるのも理由の一つですが、何も考えず玄関にかけておきバサッと被り外に出る…そんなイメージで着たい一着です。

KLASICAも購入した事は、このブログでお気付きだと思います…苦笑

ARCH 宅見

₢킹