Blog from ArchStyle » KLASICA “HM15″ Arch Exclusive|archstyle|Arch アーチ

KLASICA “HM15″ Arch Exclusive

2019.05.7 Tuesday 20:42:58| Author:admin| Categories:KLASICA

約3年前、あるフランス軍のトラウザーを元に別注として製作した”HM12″。

ブログに掲載されるや否や、完売し、当時お客さんだった僕自身、辛酸を舐めたアイテムです。

ARCHでは定番的な位置付けであるフランス軍のM47PANTSのような汎用性の高い一本を創ろうというところからこの企画はスタートしたそうです。

そして互いのアーカイブスからヴィンテージを持ち寄り決定したのは、1940年代以前、古くは1800年代にまでオリジナルがさかのぼる、あるフランス軍のトラウザースでした。

DSC0752-3-400x265
1940年代製(KLASICA所有)

DSC0753-2-400x2651839年製(ARCH所有)

今回の”HM15″はArch15周年を記念して製作した一本。
“ヨーロッパビンテージ”という共通項を持つKLASICA , Archならではの別注に組み合わせた素材は”BLACK DENIM”。
アメリカのジーンズが脳裏によぎる素材ではないでしょうか?

IMG_8677

今回生地選びからスタートした別注HM15を作るにあたってイメージしたのは80′Sの某社のブラックデニム。
色の褪せ方の”質”がフレンチワークにも通じる感覚があると思います。

FRENCH VINTAGEのアイテムにアメリカの生地を載せる。
そういったものづくりが僕たちらしいとKLASICA河村氏が仰って下さいました。

L1008653

L1009069KLASICA “HM15″ Arch Exclusive
Material BLACK DENIM
COLOR BLACK
SIZE 1/2/3
PRICE ¥34,000+TAX

WASHをかけた別注アイテムのサンプルを見て見ると生地が柔らかくなり毛羽だち、少しグレーに変化しています。
はやくこんな風に育てたい。
そう直感で思った瞬間に買っていました。

L1009071

L1009067

セルビッチはあえて脇にはつけず、ウェスト周りに配置。

ベースとなったFRENCH VINTAGEの歴史をリスペクトしているからです。
当時のVINTAGE DENIM JKTなど、ノーブランドのものは意外なところにセルビッジが使われています。
その背景を踏まえて、セルビッジを使用しつつ、あえて別なパートに使用箇所を移動させ、メーカー不明なオールドワーカーの様相を纏わせています。

IMG_8781

バック部分はブラスをプレスで整形していく二本ピンの尾錠が付いています。
絞りを入れられる為、ウェストの調整が可能です。

IMG_8782

IMG_8780

ややテーパードのかかった綺麗なシルエットは履きやすく、凡庸性が高いアイテム。
履くたびに徐々にシワが入り、あたりが出て、雰囲気が増して行く一本は愛着が湧く事間違いありません。
Archでベーシックなアイテムとして紹介しているM-47PANTSのように、新たなベーシックになりうる一本が仕上がったと思います。

KLASICA河村氏が6回洗いをかけ、一度乾燥機に通したパンツは美しく色が褪色していました。
僕が見た瞬間にこう育てたいという思った気持ちを分かって頂けるのではないでしょうか。

IMG_8789

IMG_8792

IMG_8791

今までKLASICAでも製作していなかった、BLACK DENIM。
Archでの展開でも近年は見ていなかったように思います。
こういったパンツを探されていた方も多いのではないでしょうか。

イベント当日から発売開始の別注”HM15″ですが、本日から先行予約を承っております。
既に予約が入り少なくなってきているサイズもございますので気になっている方はぜひお早めにご覧になって下さい。

L1008302
KLASICA×Arch×genre
moment4 “Atelier”
5/11(SAT),5/12(SUN)
in Arch Premier Etage

ARCH 上田

₢킹