Blog from ArchStyle » KLASICA / BURRY MAC COAT|archstyle|Arch アーチ

KLASICA / BURRY MAC COAT

2019.08.18 Sunday 20:16:22| Author:admin| Categories:KLASICA

白のレインコートを見て何を思い浮かべますか?
僕はThe Style Council(スタイル・カウンシル)のPaul Wellerが一枚目のアルバム「CAFE BLUE」で着ていたスタイルが鮮明に蘇ります。
白のステンカラーコートにストール、デニムに黒の革靴。

221103552
右 Paul Weller

今見ても”古臭い”などと全く思わないフレンチな装いを80年代にしていたと考えると、興奮冷め止まぬ衝撃でした。

一度は憧れるであろうスタイルの肝は何と言っても白のレインコートではないでしょうか?
嫌味なく着れるようなコートがあればと思っていた矢先、”それ”は入荷致しました。

L1003486
BURRY MAC COAT
COLOR / WHITE
SIZE / 2 , 3 , 4 , 5
PRICE ¥70,000- +TAX

ヨーロッパヴィンテージに精通するKLASICA河村氏が手がけたBURRY MAC COATは”白”の色味が目を惹きます。
フレンチの匂いがする一着は色合いも魅力的ですが、シワが入ることによっていやらしさを感じさせません。

着込まれてついていく、くたくたのシワとはまた違った表情を見せてくれるKLASICAのシワ。
いつも生地の落とし込みに驚かされてばかりです。

IMG_3495

生地は高密度に織り込まれたコットン地は、パラフィン加工によるもの。

撥水性に優れた素材は、冷たい風を通さないのでこれからの秋口に活躍してくれます。

IMG_3500

IMG_3499

肩口はラグランスリーブの仕様で中にセーターなど厚手のものを着ても張ることなく、可動域が保たれます。
また、ポケットも大きいので財布やスマートフォン、煙草なども仕舞うことができ、収納には困らないのも嬉しいポイント。
シルエットの綺麗さもさることながら機能的でもある一着です。

L1003479

L1003478

L1003470

色落ちしたジーンズにバスクシャツをタックインし、ストールというコンチネンタルな着こなしを意識したコーディネートですが、嫌味なく着られるのはKLASICA独自の質感があってこそ。
白のワックスコットン生地というのも憎いです…。笑

L1003468
COAT / KLASICA
STOLE / BONCOURA by Drake’s
INNER / FRENCH VINTAGE
BOTOMMS / Levi’s

L1003471

M-47PANTSなどの軍パンにさらっと合わせてもすんなり当て込むことができ、白という色を敬遠されていた方も着てみると、浮ついた気恥ずかしさがないと実感してもらえると思います。

 L1003476
CAP / JAMES LOCK
COAT / KLASICA
SHIRT / JAMES MORTIMER
INNER / Merz b. schwanen
BOTOMMS / FRENCH VINTAGE

秋口〜春先にかけて重宝する一着は着るだけで気分を上げてくれるアイテムになりそうです。
Archでは珍しいカラー故に自信を持ってオススメ出来るコート、ぜひ袖を通してみて下さい。

ARCH 上田

₢킹