Blog from ArchStyle » KLASICA / GLEN CHECK |archstyle|Arch アーチ

KLASICA / GLEN CHECK

2019.10.23 Wednesday 18:49:51| Author:admin| Categories:KLASICA

KLASICAに初めて出会ったのはまだお客さんの頃でした。
異質な雰囲気を醸し出しながらも空間として妙にマッチしているラック。
それがKLASICAでした。

Archと同じ”ヨーロッパヴィンテージ”という共通項を持つKLASICAの洋服はヴィンテージとの相性もよく、いつも楽しみにしているブランドの一つです。

用の美をデザインソースに落としこまれる洋服は、生地も相まって唯一無二の存在感を放ちます。

L1009543

GLEN CHECK。
イギリスの伝統的な柄の一つでもあるこの模様は、スーツなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
今期のKLASICAはこの柄を使いつつも全てブラックで表現。

ぱっと見ブラックに見える生地ですがよく見るとさりげなくGLEN CHECKが浮き出ています。
無地が多いKLASICAならではの控えめな生地ですが、洋服に合わせることで絶妙なバランスでエッセンスを与えてくれます。

IMG_9558

なんといっても空気を含み、ふっくらとしつつも、何度も着用したかのようなクタッとした枯れた表情の生地に載せたGLEN CHECKがたまりません。

本日はこのGLEN CHECKを用いたジャケット、パンツ、コートをご紹介致します。

L1009580
 COLOR BLACK CHECK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥69,000+TAX

まずは定番でもあるNORTON。
かつてヨーロッパの労働者達は一着で様々なシーンで使えるジャケットを着ていました。
その都度ラペルや装いを変えながら。

L1009562

その時代背景を写したジャケットはドレープ感があり、カーディガンのような感覚で羽織っていただけます。
凹凸のあるウールの生地と相まって柔らかく、かしこまりすぎずに、日常的に使っていただけるアイテム。

L1009585

両サイドに施された内側のポケットは大きめでメモ帳やペン、携帯など様々な用途で着用してもなんなく物が入ります。

L1009582

ラペルを見せて着るのももちろんかっこいいのですが、僕はスタンドカラーとして襟を立てて着るのが好みです。
今時期はJOHN SMEDLEYのハイゲージタートルなと合わせたくなります。

L1009628

ラペルを見せて着るときはかっちりしすぎない生地やシルエットなのでシャツのボタンを一つ開け少しラフくらいでも様になるのではないでしょうか。

L1009631

L1009655
 COLOR BLACK CHECK
SZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥36,000+TAX

続いてはMORROW。
3タックのテーパードがきつく入ったトラウザースは裾をロールさせるようにとあえて長めに設計されています。
ハイウェストの設計でいて、太もも周りにゆとりがあるので、着用感はとても楽で軍パンなどを履いている感覚に近いような気がします。

L1009632

ですが、膝からのテーパードが効いており、とても綺麗に見えるように設計されており、スラックスのような感覚で穿けます。
GLEN CHECKと相まって品よく穿いて頂ける一本は、見た目と穿き心地が良い意味で相反したトラウザースです。

IMG_9554

サスペンダーも付けられる仕様なのでお好みに合わせてベルト、サスペンダーと変えて頂けます。

L1009565

L1009637

また、先ほどご紹介したNORTONとセットアップとしての着用も可能。
落ち着いたGLEN CHECKの為、合わせて着てもうるさくなく纏まりよく着て頂けます。

かしこまらずに肩の力を抜いて日常的に使えるセットアップは探されている方も多いように感じますが、こういった上下はなかなか探しても見つからないのも事実です。
だからこそ妥協のない一着をお試し頂きたいです。

そして最後にこちらも定番であるFR-C’43。

L1009616
 COLOR BLACK CHECK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥126,000+TAX

フランス軍のバイカーコートとアメリカ軍のレインコートを掛け合わせた一着。
そのコートにイギリスの伝統的な柄を持つGLEN CHECKがなんとも憎いです。笑

洋服のそれぞれのスタイルを持つ三ヶ国を織り交ぜながらもチグハグにならなず、バランスよく仕上がっております。
どの国の特色が、というよりはそれをまとめ上げ、KLASICAらしく落とし込まれているのは流石の一言。

ミリタリーコートをベースにしながらもAラインに広がった綺麗なシルエットで動きを生み出す一着は、無骨さなどは感じ取らせず、品のあるシックな印象です。
ウェストに施されたベルトを無造作に縛り、ウェストに絞りを入れることでまた違った見え方がし、様々な着こなしができるのではないでしょうか。

L1009654

しかしながら機能性はやはりミリタリーをベースにしているからこそ。

L1009621

L1009648

襟を立ててチンストラップで締めることで首元の防寒性を高めてくれます。
また、袖に付属されたベルトも絞ることで冷たい風の侵入を抑えてくれ、これからの季節にとても重宝します。

IMG_9552

L1009622

ラグランスリーブの肩口なので可動域が高まるのと同時に、中にセーターやジャケットを着込むも出来、3シーズン着れるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

クラシックな装いでも、カジュアルに着てもまとまる一着は着てみると汎用性が高く、気負わずに着て頂けます。

L1009641

L1009644

店頭には続々と秋冬物が届いております。
ご紹介する前になくなってしまったアイテムもございますので是非お早めに今期のお気に入りを見つけにいらしてください。

ARCH 上田

₢킹