Blog from ArchStyle » MARIA RUDMAN Style |archstyle|Arch アーチ

MARIA RUDMAN Style

2015.07.5 Sunday 13:59:58| Author:admin| Categories:MARIA RUDMAN

ARCHのスタイルには欠かせない存在である、MARIA RUDMANが手掛けるサーミ族の伝統的なブレスレット。

ワーク、ミリタリーといった無骨なアイテムとの相性も良く、普段のスタイルにも自然と落とし込める、魅力的なアイテムです。
本日は、僕達が長年愛用している私物と少量の入荷ですが特別なアイテムを紹介したいと思います。

_DSC1041

先ずは、スタッフ吉田が愛用しているSAMI-N。
ARCHでの取り扱いがスタートした、5年前に購入した1本は、レインディアのレザーとピューターの変化がなんとも言えない雰囲気になっています。

【吉田】
_DSC0951

『自分が初めて目にしたMARIA RUDMANのアイテムの中で真っ先に目に付いたのが、この1本でした。
まさに”インスピレーション”と言った感じです。

単体でも重ね付けでもサマになるので、何時まで経っても自分の中でのレギュラー格です(笑)。』吉田談

僕(宅見)はクラシックラインのシンプルなタイプを愛用中です。

【宅見】
_DSC1019

『シルバーアクセサリーと重ね付けしたくて、この細いタイプを選びました。
洋服とは違い、普段あまり変えないアクセサリーだけに、生産背景も含めて納得出来る物を身に付けたいと思い、このMARIA RUDMANのアイテムを愛用しています。
ピューターが潰れ、少しずつ雰囲気が出てきたと思います。』宅見談

続いては、ANATOMICAスタッフ岩谷が愛用している1本。
こちらもARCHでの取り扱い当初に購入した物になります。

【ANATOMICA 岩谷】
_DSC0949 2

『日頃からシンプルな格好をする事が多い為、華美なアクセサリーは苦手意識があり自分にしっくり来るモノに出会った事がありませんでした。

ですが、このMARIA RUDMANはその背景や、レインディアの自然な風合いが、自分の好きな”シンプルでありながら経年変化を感じる洋服”と頭の中でリンクしたのが決めてです。
オーセンティックなデザインは、ヴィンテージからデザイナーズまで幅広く合わせられるアイテムだと思います。』岩谷談

最後に山内が愛用している物を。
新品の物と比べると、この経年変化がMARIA RUDMANの魅力の1つだと改めて実感します。

【右/山内私物】
_DSC1015

『初めてパリでマリアルドマンをオーダーした時に、手に入れた思い出のある1本。
アクセサリーという感覚よりはお守り的な意味合いでいつも身につけています。』山内談

_DSC1041

_DSC1013

先日のパリでの買い付けの際の、ハンドキャリー分も少量ですが入荷しています。
SAMI-L やSUSSANNAが手掛けたアイテムに加え、今では生産されていない希少なカードケースも譲って頂きました。

是非お早めにご覧になって下さい。

ARCH  宅見

₢킹