Blog from ArchStyle » MARIA RUDMAN |archstyle|Arch アーチ

MARIA RUDMAN

2016.07.14 Thursday 21:57:54| Author:admin| Categories:MARIA RUDMAN

昨年の1月にパリにてオーダーしてきた【MARIA RUDMAN】が遂に入荷しました。

_DSC2100

17世紀から続くサーミ続の伝統的な技術を用いて生まれるMARIA RUDMANのコレクション。
サーミ続の生活には欠かせないトナカイのレザーにピューターと呼ばれる銀糸を織り込んで制作されます。

唯一無二の独特のデザインは、サーミ続の伝統を象徴するモノであり、このブレスレット1番の魅力だと思います。

【A BRACE A26】
_DSC2091Color BLACK / BRWON
PRICE ¥24,000+tax

【A BRACE】
_DSC2080Color BALCK / BROWN
PRICE ¥28,000+tax

【A BRACE A13】
_DSC2092Color BALCK / BROWN
PRICE ¥24,000+tax

_DSC2153
IMG_2492左 新品/ 右 私物

僕自身も、シンプルなデザインと丁度良い太さが気に入って毎日愛用しています。

使い込む事でピューターが潰れツヤ感が増していくのですが、この感覚はシルバー等のアクセサリーには無い独特の経年変化です。
デザインもそうですが、この変化も含めて今では欠かせないお守りの様な存在になっています。

【AB BRACE 】
_DSC2113Color BALCK / BROWN
PRICE ¥28,000+tax

【A BRACE A14】
_DSC2117Color BALCK / BROWN
PRICE ¥24,000+tax

【A BRACE A15】
_DSC2115Color BROWN/ TAN
PRICE ¥24,000+tax

伝統的な技術を用いたデザインは、主張し過ぎない且つ他には類を見ない独特のモノです。

今までアクセサリーの類は苦手だった僕が、今では気兼ねなく愛用しているのには、サーミ族の背景やデザインに惹かれたからだと思います。

そんな思いもあり、昨年のパリ出張にて念願だったMARIA RUDMANのアトリエに初めて足を運び、半分オーダーする事を忘れてしまう位に気分が上がっていました笑

その一室には、サーミ族の伝統を感じる写真や道具、資料等が詰め込めれており、単にアクセサリーという訳ではない作り手の思いや背景を感じる事が出来たと思います。

_DSC1821
_DSC1814
_DSC1816
_DSC1818

マリア本人にお勧めされてオーダーしたアイテムも数種類あります。
やはり彼女から説明されると説得力が違うなと思い追加でオーダーしてしまいました…笑

オーダー後、気さくな彼女にホームパーティーに招待してもらいました。
そのお話は店頭で出来ればと思います。

先ずは是非ご覧になってみて下さい。

IMG_2819
ARCH 宅見

₢킹