Blog from ArchStyle » MARIA RUDMAN / Arch Custom Order |archstyle|Arch アーチ

MARIA RUDMAN / Arch Custom Order

2020.04.26 Sunday 20:53:49| Author:admin| Categories:MARIA RUDMAN

235e512741a2699461acad138bddcfb0

以前アナウンスしていました、MARIA RUDMANのコレクションを紹介致します。

昨年、PARISのMARIA RUDMANのアトリエに行った際、”CLASSIC LINE”と呼ばれるコレクションからオーダーしてきました。

c36dae22c3ce30160cf30e0237efd7b8

79E5BD45-9C84-4703-B503-BDA6FB1BAFA5

IMG_1098

実は、CLASSIC LINEではカラーバリエーションが豊富にあり、レザーの組み合わせ方も自由に出来、様々な種類が存在します。

サーミ族の伝統工芸品である”トナカイのレザー”を用いて生まれるブレスレット。
ピューターとレザーのコンビが特徴的であり、フェルトを施したモデルや独特の柄にサーミの伝統が凝縮されていると感じます。

今では職人の減少により、フェルトのタイプ(オーセンティックライン)などは殆ど入荷する事がなくなってしまいましたが….
発色の良いフェルトをあしらったモデルが、僕の中でサーミ族の伝統を一番に感じるデザインでした。

今では中々お目にかかれないデザインを、ARCHのカスタムオーダーという形で表現したのが、今回入荷したクラッシクラインです。

DSC07690-400x266

過去にARCHに入荷した事のある思い出深いモデルをベースに、カラーコンビーネションでソレを表現しました。

【AB11 / AB17 】
IMG_9728
COLOR BLACK /INSIDE RED
PRICE ¥31,000+TAX

ブラックのレザーをベースに、中のレザーをレッドにしたモデル。
中央にピューターをサイドのみピューターの2種類を製作しました。

IMG_9722

IMG_9723

IMG_9725

IMG_9719

一見派手に見える配色ですが、ブラックという点が落ち着いた印象を与えてくれます。
わかる人にはバレている様な気がしますが…僕の一番のお気入りです笑

IMG_9732

シルバーのブレスレットと合わせても嫌味なく、サラッと身につける事が出来るのも魅力の一つです。

【C BRACE / A17】
IMG_9736
COLOR BLUE
C BRACE (太め)PRICE ¥44,000+TAX
A17(細め)PRICE ¥31,000+TAX

フレンチインクブルーを彷彿とさせる鮮やかなブルーが目を引きます。

こちらは美しいピューターのみで構成したシンプルな一本です。

IMG_9740

IMG_9741

IMG_9744

IMG_9742

ピューターが潰れてきて、光輝いてきた時によりブルーが映えると思います。
白シャツに軍パンといったシンプルな格好に巻いて欲しい一本です。

IMG_9746

フレンチワークに良く使われてるブルーをイメージしてこのカラーをセレクトしました。

僕らの大好物である、ヨーロッパヴィンテージとの相性抜群です。

【AB17】
IMG_9753
COLOR NATURAL / INSIDE WHITE
PRICE ¥31,000+TAX

昔、SUSSANNAというサーミ族の方が製作したアーカイブモデルに、ナチュラルレザーにホワイトレザーをあしらったモデルが存在しました。
彼女はサーミ族の中でも”ドゥオッチスタイル”という伝統を継承する数少ないサーミ族の一人。

MARIA RUDMANが、最も信頼を寄せる彼女の作品を、オマージュしてこの配色を選びました。

IMG_9756

IMG_9758

実は、昨年PARISのアトリエに行った際に、MARIA RUDMANから先の話しのSUSSANNAが過去に製作した貴重なアーカイブコレクションを一点のみ譲って頂きました。

【SAMI-L SUSSANNA】
IMG_9681
COLOR NATURAL / INSIDE BLACK FELT
PRICE ¥168,000+TAX

IMG_9683

IMG_9684

IMG_9697

IMG_9699

バルーンのデザインが施された一本は、レザーとフェルトのコンビとなっています。
無染色のトナカイのレザーに、ブラックのフェルトを中に、様々な色のフェルトを使いバルーンを表現しています。

今でもラップランドでサーミの生活を続ける正真正銘のサーミ族であるSUSSANNAが製作した貴重な作品。

MARIA RUDMANの好意がなければ、ARCHに存在しなかった思い入れ深いアーカイブモデルです。

下記オンラインサイトにも掲載しておりますので、こちらもご覧になってみてください。

ARCH オンラインサイト

ARCH 宅見

₢킹