Blog from ArchStyle » MIGHTY-MAC / ARO SERIES|archstyle|Arch アーチ

MIGHTY-MAC / ARO SERIES

2014.05.21 Wednesday 23:21:27| Author:admin| Categories:MIGHTY-MAC

【MIGHTY-MAC(マイティーマック)】のAROシリーズは、急な雨や気温の変化が起きやすい今時期に、気軽に羽織れるライトアウターです。

[ARO ARMY]
_DSC0574
Color NAVY
Material T/C POPLIN (ポリエステル65% / コットン35%)
Size S / M / L
Price ¥30,000-+tax

US ARMYのM-65ジャケットがベースになった1着ですが、本来無骨なM-65ジャケットも、【MIGHTY-MAC】のフィルターを介すると、非常に取り入れ易い印象です。

_DSC0588
無骨な印象ながらも、シャツイン・タイドアップのスタイルにまとまるのは、”ネイビー”と言う点が効いています。

とは言え、キレイ目なシルエットのトラウザーはリネン素材、ギンガムチェックのシャツにシルクニットタイと、程よく軽めのコーディネートです。

_DSC0595
フードが収納された高めの襟は風よけにもなります。
こういった機能的なディテールは、セーリング(ヨット)ウェアーを作る【MIGHTY-MAC】ならでは。

その昔、Brooks BrothersやAbercrombie&Fitchと言った、今では聞き馴染みのあるブランドと組んで別注を製作していた経緯も納得がゆきます。

セーリングウェアーとしての機能だけではなく、ファッション的な観点でもコアなファンを持っていた【MIGHTY-MAC】。
その中でもブランドのアイコンと言える[ARO DECK]は、やはりシンプルですが、様々なディテールが盛り込まれた1着です。

[ARO DECK]
_DSC0549
Color LT.BEIGE / BEIGE
Material T/C POPLIN (ポリエステル65% / コットン35%)
Size S / M / L
Price ¥26,000-+tax

このジャケットの最大の特徴は、「Tバー」と呼ばれるT字型のフロントジップ。
そして、前後両肩に付けられたDカン。

このディテールをみて『懐かしい!』と思われた方は、中々ツウなんじゃないかと思います。
僕自身、この【MIGHTY-MAC】を知った時、既にこのブランドは一時消滅している状態だったので、今でもヴィンテージの【MIGHTY-MAC】を着ているなんて方もいらっしゃるのでは?

_DSC0568

そもそも『ARO』とは、ALL ROUND OUTERWEARの略で、まさに万能なアウターウエアーの意。

ポリエステル65%コットン35%から成る撥水性に富んだ生地も特徴の一つ。
軽い雨風はしのげてしまいます。
それでいて軽い素材感は、持ち運びにも最適です。

_DSC0533
内タグ(ネームタグ)に表記される信号旗によるブランド名。
こんな部分の遊び心も当時から変わらぬディテールの1つです。

_DSC0570

ARCH  宅見

₢킹