Blog from ArchStyle » MOJITO “RITZ JACKET” ARCH EXCLUSIVE MODEL Vol.2|archstyle|Arch アーチ

MOJITO “RITZ JACKET” ARCH EXCLUSIVE MODEL Vol.2

2018.04.11 Wednesday 21:54:36| Author:admin| Categories:MOJITO

スクリーンショット 2018-04-11 21.02.27

昨日、ブログにてMOJITO山下氏に紹介して頂いたARCH別注”RITZ JACKET”。

1930年代の”FRENCH WORK”をテーマに制作された今回のスペシャルアイテムは、当時のフランスのワークウェアーを色濃く写し出した一着に仕上がっています。

冒頭の写真は、1940年代〜1950年代に作られていたフランスのワークパンツ。
ARCHには欠かせないモノであり、この年代特有の素材と柄はまさにフランスらしいヴィンテージアイテムです。

MOJITO山下氏が提案してくれた生地と、この年代の”FRENCH WORK”とがリンクし、今回のARCH×MOJITOの別注アイテムが誕生しました。

_DSC0173

_DSC0256

撚りのグレー杢の生地は、薄っすらとストライプの様な柄になっています。
杢の生地だからこそ、白い部分が擦れて見えヴィンテージの様な面構えに。

コットン100%の生地は、洗いをかけ着用を繰り返せば繰り返すほどに、柔らかくなり自分だけの一着になっていきます。

_DSC0245
_DSC0249
3つボタン・パッチポケットのディテールは、アメリカ顔。
ですが、バックスタイルの背中はヨーロッパのワークジャケットのスタイルになっているのが、この”RITZ JACKET”の特徴です。

ピンチバックと呼ばれる背中を絞るディテールは、まさに1930年代からヨーロッパで流通していたスタイルの一つ。
プリーツが入る事で、綺麗なシルエットを生み出し、ワークウェアーとは思えないエレガントな佇まいを演出します。

_DSC0176 CAP ANATOMICA
SHIRT BRITISH VINTAGE
BOTTOMS BONCOURA

グレー杢の武骨な素材を使いながらも、品のある仕上がりになっているのはシルエットの良さとデザインにあると思っています。

ネクタイを締めても成立してしまうベーシックなデザインと、背中のプリーツのディテールに男心をくすぐられます。

武骨な生地と品のある形、相反してしまう様な二つをARCHとMOJITOの解釈で新たな一着へと昇華させた渾身の別注品です。

様々な着こなしを可能にしてしまう、汎用性の高いジャケットなのは言うまでもありません。

4/13から開催します《MOJITO×KENNETH FIELD VOL.11》のイベント初日から発売開始です。

楽しみにしていてください。

【RITZ JACKET ARCH EXCLUSIVE MODEL】
_DSC0162COLOR GREY杢
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥49,000+TAX

ARCH 宅見

₢킹