Blog from ArchStyle » MOJITO 18AW “ABSHINTH SHIRT”|archstyle|Arch アーチ

MOJITO 18AW “ABSHINTH SHIRT”

2018.08.8 Wednesday 20:49:32| Author:admin| Categories:MOJITO

スクリーンショット 2018-08-08 20.36.23

MOJITOのアイコンとも言えるABSHINTH SHIRTの18AW新作が入荷致しました。

_DSC1718

MOJITOがオマージュするアーネスト・ミラーヘミングウェイ。
その彼が気に入って愛用していたシャツこそがこの開襟シャツです。

アメリカの時代背景やスタイルを感じることのできるシャツは僕らスタッフも愛用している一着。

毎年どれにしようかなぁ、、、と悩んでしまいます。笑

今回入荷したのは4色、今季僕らがが購入した物をスタッフ別に紹介します。

先ずは、僕(上田)からです、僕が購入したのはブラックのストライプのものになります。

_DSC1835COLOR  BLACK
SIZE S/M/L
PRICE ¥27,000-

ABSINTH SHIRTのABSHINTHとは芸術家や偉人たちを虜にし、悪魔の酒と言われた”アブサン”から由来しています。
そのアブサンのように袖を通した人を魅了し、虜にするという意味で名付けられています。

由来の通り僕も虜になり、毎年買い足しているアイテムです。笑

_DSC1825BERET  PAMPLONA
BOTTOMS ANATOMICA
SHOES PARABOOT

_DSC1821
個人的にブラックという色味はフレンチらしさや上品さを感じる一着。

ストライプ状にウールを張り合わせろことで、柔らかさを演出し、男らしく野暮ったさを感じる開襟シャツのそれとはまた違った雰囲気を醸し出しています。

アメリカらしく、直球でデニムに開襟シャツも勿論良いのですが、開襟シャツをフレンチに着こなすというテーマで今回は選んでみました。笑

_DSC1788 COLOR BEIGE
SIZE S / M / L
PRICE 24,000+TAX

_DSC1893CAP ANATOMICA
JACKET US ARMY JUNGLE FATIGUE JACKET
BOTTOMS rdv o globe

阿部は、アメリカのネルシャツを彷彿とさせるチェックをチョイスしています。
アメリカ物のネルシャツが好きで集めている阿部が、昨年のオーダーの際に直ぐに購入を決めていた一着だそうです。

_DSC1883 COLOR INDIGO PAISLEY
SIZE S / M / L
PRICE ¥26,000+TAX

_DSC1879 CAP ANATOMICA
GLASSESS gu’epard
BOTTOMS ANATOMICA SWEAT PANTS

宅見は、インディゴ染めを施したペイズリー柄を選びました。
遠目で見たらワントーン、実はペイズリーの柄になっている点が気に入っているそうです。

この手のシャツではあまり目にしないインディゴ染めというのも堪りませんね。

_DSC1746COLOR INDIGO
SIZE S / M / L
PRICE ¥24,000+TAX

_DSC1900 CAP ANATOMICA
VEST FRENCH VINTAGE HUNTING VEST

ブロックチェックになった、王道の一枚も色のトーンがそうさせるのか…とても上品に映ります。

毎回どの色や柄にしようかと悩むことは多々ありますが、テーマを決めてこうやって着たいと想い馳せながら選ぶのもいいのではないでしょうか。
いずれのせよ、どれもオススメの一着になります。

サイズがあるうちに是非ご覧になってみて下さい。

それにしても、このシャツは着れば着るほど虜になって仕方ありません。
何枚買い足せば気がすむんだろう…苦笑

Arch 上田

₢킹