Blog from ArchStyle » Cuba Shirt by Ernest Miller Hemingway |archstyle|Arch アーチ

Cuba Shirt by Ernest Miller Hemingway

2019.03.8 Friday 19:16:29| Author:admin| Categories:MOJITO

images

アメリカの文豪、アーネストミラー・ヘミングウェイ。

『老人と海』『移動祝祭日』などの作品を世に残し、男の憧れのシンボル的な彼について少し書きたいと思います。

アメリカ出身の彼は、軍に所属することはないものの戦争に関して多く携わり、数々の勇ましいエピソードを残してきました。

そのエピソードは今の世の中的には考えられない、何とも勇敢で凄ましい生き様であり、僕たちも間違いなく影響を受けています。

そんな彼が第二次世界大戦時、キューバに滞在中に着ていたとされる「グアヤベラシャツ」。

今まで世に打ち出されてきた様々な洋服には、アイコン的な人物がイメージアップされ、その人物のストーリーや着こなしに憧れを抱き影響されていきます。

例えばlevisの5ポケットジーンズ。

これこそ影響の受け方は人それぞれだと思いますが、僕は白州次郎、宅見はセルジュ・ゲンズブール、、と様々な意見があると思います。

様々なカルチャーや生活環境のなかで多大な影響を受けその洋服に価値やスタイルを感じます。

スクリーンショット 2019-03-07 21.25.23

グアヤベラシャツを着るヘミングウェイ

そうです、グアヤベラシャツを日頃から着用していたアイコンとは、ヘミングウェイなのです。

そんな彼は首元が締め付けられるのを嫌い、シャツを着るとなるとほとんどの確率で開襟の襟元をチョイスしていたそう。

MOJITOから今季リリースされたABTHINT SHIRTは、直球のキューバ・スタイル。

IMG_0026

IMG_0028

IMG_0030

IMG_0034

IMG_0036

L1009918

MOJITO / ABSHINT SHIRT
SIZE / S , M , L
PRICE / ¥33,000-+TAX

英・HERDMANS社の素材を日本で織り上げた生地を採用。

ブルンとした、ハリコシが有る生地感は古いヨーロッパvintageを彷彿とさせます。

L1009920

決してタイトフィッティングではなく、夏場もリラックスして着られるフィットは自然と手が伸びやすくなるポイントではないでしょうか??

L1009912

スタッフ近谷 SIZE S 着用

L1009924

CAP / JAMES LOCK
CARDIGAN / FANNI LEMMERMAYER
SHIRT / MOJITO
TROUSERS / ANATOMICA

僕も非常に入荷を楽しみにしれいたこちらのシャツ。

毎シーズン、アブサンシャツは好きで1,2枚は買い足してしまいますが、今季入荷分は特にスタイルを感じ、これから着こなしを考えるのが楽しみです、、、

L1009926

ミドルゲージ位のカーディガンとのレイヤードも存在感が負けることなく映えます。

秋冬はレーヤード、春夏はサラッと1枚で着ても様になります。

なにより、開放的な男を象徴したこのシャツのストーリー、ブランド名は彼が愛したカクテル、モヒートへのオマージュであり、「男たちのための道具としての服の名である」という背景にも惹かれます。

キューバシャツというカテゴリーにおいて、Archが最も信頼し、唯一展開しているのがMOJITOの”グアヤベラシャツ”。

※PEN ONLINE の大人の名品図鑑にてご紹介して頂いております。
クレジットがARCHになっておりますので、お気軽にご連絡下さい!

ARCH 近谷

₢킹