Blog from ArchStyle » MOJITO ABSHINTH SHIRT 2019AW |archstyle|Arch アーチ

MOJITO ABSHINTH SHIRT 2019AW

2019.09.2 Monday 20:20:22| Author:admin| Categories:MOJITO

“悪魔のお酒”

昔、”アブサン”と呼ばれるお酒がアメリカやフランスで流行していたそうです。
作家や文化人達がこぞって愛飲し、その味に酔いしれ多くの人を虜にした”アブサン”、そんなことから”悪魔のお酒”と呼ばれていたとか….

MOJITOがオマージュするアメリカの文豪、アーネストミラー・ヘミングウェイ。
彼もその悪魔のお酒”アブサン”の虜になっていた一人です。

本物のアブサンのように『袖を通した人を虜にする気心地』のシャツを作りたい。

MOJITOディレクター山下氏のこの想いから生まれたのが、MOJITOの顔とも呼ばれる”ABSHINTH SHIRT”なのです。

1023ec867fd8c9cf25b40f8fc7b86eb4-385x400

アーネストミラー・ヘミングウェイを象徴するシャツである”オープンカラー”シャツ。

所謂、開襟シャツはアメリカらしい”自由な開放的なイメージ”がある一枚です。

毎シーズン、素材を変えてリリースされる絶対的な定番アイテムは、僕達も毎回入荷を楽しみにしています。

入荷する度に買っているような….苦笑

今回も魅力的な素材で仕上がっています。

L1004001

コットン素材からウール素材と、秋冬重たい洋服のインナーに忍ばせたいものばかりです。

L1004099
COLOR GREY/YELL
MATERITAL WOOL/LINEN/COTTTON
SIZE S / M / L
PRICE ¥28,000+TAX

L1004100

イギリスらしいグレンチェックに、イエローの配色が目を引く一枚。

無骨な男らしい開襟シャツに、上品な柄がのることで、絶妙な塩梅に仕上がっています。

L1004127

ウール・リネン・コットンによる混合素材は、肌触りが非常に良いです。
シンプルに一枚でさらっと着ても◎

L1004093
COLOR BROWN CHECK
MATERIAL COTTON100%
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥26,000+TAX

IMG_4104

程よい肉感の素材感と硫化染めによるチェックの柄が魅力的です。

コットン100%なので、今時期でも軽い羽織として活躍してくれそうです。

L1004116

L1004112

個人的には、ダークトーンの合わせに挟んで着用したいです。

L1004095
COLOR BROWN
SIZE S / M / L
PRICE ¥26,000+TAX

IMG_4110

肉厚なコットンツイルの生地がらしい一枚。
アメリカンカジュアルを彷彿とさせながらも、どこか上品な印象もある色合いです。

L1004123

ボタンを開けて、ジャケットのように着用してもアリだと思います。
寒くなってきたらインナーにハイネックを合わせる。

様々な着こなしを可能にする”ABSHINTH SHIRT”は、着こなしの幅を広げてくれます。

L1004097
 COLOR BLACK
MATERIAL WOOL/NYLON
SIZE S / M /L
PRICE ¥29,000+TAX

IMG_4103

最後は、ふっくらとしたウール生地が心地良いウールシャツ。

シックなブラックは、一枚で着用してもサマになります。

L1004120

男臭さ、哀愁、色気、言葉ではいい表せないモノがこの一枚に詰まっているような…

MOJITOディレクター山下氏の開襟シャツの着こなしを見ているといつもそう感じます。

このシャツに袖を通せば、自分が理想とする男に近づけるような…まだまだ先は長そうですが…

先ずは、どの柄にするか選んからにしようかな。苦笑

ARCH 宅見

₢킹