Blog from ArchStyle » OUTIL BLACK&BLUE INDIGO DYED VESTE GABARRET|archstyle|Arch アーチ

OUTIL BLACK&BLUE INDIGO DYED VESTE GABARRET

2018.03.8 Thursday 21:25:33| Author:admin| Categories:OUTIL

OUTILから、昨年も大変好評を頂いた”BLACK&BLUE INDIGO”のアイテムが入荷しました。

2017秋冬にARCHの別注品として製作したのが記憶に懐かしいです。

_DSC3353

MADE IN FRANCEに拘り物造りを続けるOUTIL。

フレンチワークを語る上で欠かせない染料・”ブラックインディゴ”
1880年代〜1900年代初頭に良く見られたブラックインディゴのアイテムは、圧倒的な雰囲気と当時の時代背景を強く感じられるものです。

現在では難しいとされるブラックインディゴの染料を日本の技術で再現したOUTILの洋服は、その当時同様の匂いがします。

_DSC3341
_DSC3339
_DSC3342
燻んだ様なブラックの色味は、ログウッドと呼ばれる染料を焙煎して黒に近づけていきます。
ブラックインディゴに加え、ブルーインディゴでも染めているのがこの生地の特徴の一つ。

ダブルインディゴで染められた生地は、ブラックの中にブルーが微かに混在している独特の雰囲気に仕上がっています。

加えて、フランスメイドのオリジナルファブリックは着用を繰り返すことで、より当時のワークウェアーの様な佇まいに。

IMG_0081-400x300

フランスのことわざで ”L’ air fait pas la chanson (メロディーは歌を作らない)”と彫られたメタルボタン。
生地の色が抜けてきた頃には、このボタンの塗装も剥げてきて良い味が出てそうです。

見かけのデザインや名前ではなく、実際に着用していった際の変化や洋服に宿る背景が大事というメッセージを込めてこの言葉を選んだそうです。

【VESTE GABARRET】
_DSC3338COLOR BLACK&BLUE INDIGO
SIZE  2/ 3 / 4
PRICE ¥39,000+TAX

細部のディテールにこそ拘りと洋服の魅力が詰まっていると思っています。

一見目立たない部分ですが、ラウンドしたポケットのディテールは、1930年代頃まで手作業で作られていたフレンチワークのウェアーに良く見られました。
このポケットのヴィンテージを見つけると、古き良きヨーロッパの洋服作りの背景を垣間見た気がします。

_DSC3432CAP ANATOMICA
SHIRT BONCOURA
DENIM BONOCURA

_DSC3366 SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
BOTTOMS FRENCH ARMY

OUTILの絶対的なカバーオール”VESTE GABARRET”。

是非お早めにご覧になってください。

ARCH 宅見

₢킹