Blog from ArchStyle » OUTIL / MANTEAU GABOURG TRENCH COAT , VESTE GABARRET|archstyle|Arch アーチ

OUTIL / MANTEAU GABOURG TRENCH COAT , VESTE GABARRET

2018.10.31 Wednesday 18:59:14| Author:admin| Categories:OUTIL

最近はすっかり肌寒くなってきましたね。
中間着の羽織にコート、そんな方も多く見かけるようになりました。

ちょうど良いタイミングでOUTILから新作が豊富に入荷してきましたので、
本日は今時期に即戦力になりそうな2アイテムをご紹介したいと思います。

aquascutum_KUNQZkY

元は軍事用として第一次世界大戦時にイギリスで開発されたトレンチコート。

その後、実用性が高く機能美としても優れていたことから1930年代以降、男服の定番となりました。
冒頭の写真は、フィルムノワール(犯罪映画)でハンフリー・ボガードがトレンチコートを着ている姿…

僕もこの手のアイテムを羽織る時は必ずこの姿を思い浮かべてます笑

今回、OUTILから登場したトレンチコートは、まさに当時着られていたこのトレンチコートを思い出させてくれますが、肩肘を張ることなく着ることができるのが最大の魅力です。

L1003108MANTEAU GABOURG TRENCH COAT
COLOR / BEIGE
SIZE / 2,3,4
PRICE / ¥58,000- +TAX

まずは初登場のトレンチコートです。
コットン100%の高密度に織り込まれた生地はハリ、コシがあります。

L1003110
L1003099
L1003102

L1004576

L1004575

L1004570

L1004571

ラグランスリーブ仕様の袖付けや風除けのディテール、アンブレラヨーク、袖口と腰部に配置されたベルトループ。

機能的であり、それがベーシック。
中にジャケットなどを着ても楽に収まり、ベルトの調節によって雰囲気を変えて楽しめるのもトレンチコートの醍醐味ではないでしょうか。

L1004567COAT / OUTIL
HAT / JAMES LOCK
SHIRT / KENNETH FIELD
TIE / ANATOMICA

L1004572

L1004586

Aラインのシルエットは上品に見え、歩くとコートがなびき、エレガントさが際立ちます。
タイドアップにはもちろん、カジュアルにも落とし込めるのが魅力の一つとも言えるのではないでしょうか。

スーツに合わせるような上品なコートももちろん必要ですが、カジュアル使いにはなかなか…と思う方も少なくないはずです。

僕もそうですが、シーンを選ばず、気を張らずに羽織れるコートが一番着用頻度が高く、愛着を持てるのではないでしょうか。

くたくたのトレンチコート…想像しただけでカッコイイです。

L1003021VESTE GABARRET
COLOR / CHARCOAL
SIZE / 2,3,4
PRICE / ¥32,000- +TAX

フレンチワークを代表する”MOLESKIN”。
主に、40〜50年代に使われていた素材は光沢感があり、ワークジャケットながら上品な雰囲気を演出してくれます。

僕達のスタイルを表現する上で外せない”MOLESKIN”を用いたジャケットは、道具として欠かす事の出来ない一着です。

L1003024

L1004584

今回新色で登場したチャコールはビンテージにはない艶めかしさがあります。
ラウンドしたポケットはビンテージを彷彿とさせる仕様で、ワクワクさせてくれます。

襟元はスタンドカラー。
イギリス物を思い起こすディテールをフランスの素材を用いて作られる一着はOUTILらしさを感じられ、流石の一言です。

L1004579CAP / JAMES LOCK
JACKET / OUTIL
IINER / JOHN SMEDLEY
STOLE / THE INOUE BROTHERS
BOTTOMS / BONCOURA

L1003032

肉厚で光沢感のある生地は着用と洗いを繰り返すことで徐々にシワやあたりが入り、自分だけの一着になります。

どちらも欠かすことのできないアイテムです。
新品からMY VINTAGEへ…。

ぜひ、店頭にて袖を通してみて下さい。

Arch 上田

₢킹