Blog from ArchStyle » OUTIL “INDIGO DYED” Manteau Uzes |archstyle|Arch アーチ

OUTIL “INDIGO DYED” Manteau Uzes

2019.01.23 Wednesday 20:28:38| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_7470

OUTILが力を入れて取り組んでいる”染色”

日本の伝統的な技術を用いて染められた生地は美しく…鮮やかなブルーの色味はフレンチヴィンテージを彷彿とさせます。

数少ない染め職人に依頼して生まれるその色は、他にはない唯一無二の存在でしょう。

羊飼い達が多く暮らすバスク地方の古い陶器の壺の柄をイメージし、ブルーインディゴ・スミ・黒弁柄でムラ感を出しています。

3種類もの天然染料によって染められたMANTEAU UZESは、圧倒的な存在感を放っています。

L1006627

独特のムラ感が目を引く染まり方は、敢えて均一に染まらないようにしています。

本来の染めの工程を一つ省く事で、ムラに染まり既に何年も着込まれたかのような雰囲気に…

一点一点が全く違う染まり方をしているのも魅力的です。

IMG_7481

IMG_7478

IMG_7467

写真越しでも分かる鮮やかな色味、
高密度に織られたヌメ感のある生地を染めた事で、ピュアインディゴの素材感がさらに引き立っています。

 L1006626
L1006628
COLOR INDIGO
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥46,000+TAX

フランス軍に支給されていたモーターサイクルコートをベースにした”MANTEAU UZES”。

アームホールの太さやゆったりとしたシルエットは、”フランスの放浪者が着ていそうなコート”という妄想からデザインされています。

嫌みのないゆったりとしたシルエットは、ヴィンテージやミリタリーに精通しているOUTIL宇多氏だからこそ出来るバランス感覚とニュアンスだと思います。

L1006782

フランスの放浪者をイメージして…ジーンズにスウェットとラフな装いにバサッとコートを羽織りたいですね。

昨年リリース時は、ブログで紹介してから直ぐに姿を消してしまったコートです。

是非お早めにご覧になってください。

ARCH 宅見

₢킹