Blog from ArchStyle » OUTIL / VESTE GABARRET INDIGO DYED|archstyle|Arch アーチ

OUTIL / VESTE GABARRET INDIGO DYED

2019.02.21 Thursday 19:53:17| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_9358

本日は、OUTILの名品「VESTE GABARRET」をご紹介致します。

毎シーズン、春夏シーズンに突入するとご紹介させて頂いていたアイテムですが、この生地に関しては生産不可能になってしまい、宇多氏が所有していた生地を全て使い、復刻別注という形での最後の入荷となりました。

L1009317

VESTE GABARRET INDIGO DYED
SIZE / 2,3,4
PRICE / ¥32,000-+TAX

もう既にご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、フランスの生地を使い日本で縫製を行っている背景を持つこちらのワークジャケット。

日本の職人の技術とフランスの生地感が相まって非常に良い雰囲気に仕上がっております。

L1009343

胸元のラウンドしたポケットは、1930′S頃までのフランスのワークウェアにみられたディテール。

ヨーロッパのワークウェアの細かな部分ですが、VINTAGEに精通のある宇多氏だからこそ採用されたディテールだと感じます。

IMG_9347

ブルーインディゴ×ログウッドのダブルインディゴにより染められた色味は、燻んだ色味ながらも抜群の存在感を放ちます。

”ログウッド”と呼ばれる染料を焙煎し、何度も何度も染めていき限りなく黒に染め上げる手法はなんともクラシック且つ、明らかに単色染めとは異なる色味に仕上がります。

フランスではこの染色は難しいとされる方法をやってのけてしまう日本の職人のクラフトマン・シップにも惹かれてしまいます。

着用と洗いを繰り返していく中で、徐々にその色味は柔らかくなり、白く抜け、VINTAGE顔負けの表情に。

IMG_9352

”L’ air fait pas la chanson (メロディーは歌を作らない)”ということわざが彫られたラッカーボタン。

このフレーズもかなり粋な演出ですが、ラッカーボタンの塗装が剥げ、生地のヤレが出てきた頃には愛着を持って着られる、マイヴィンテージになっている筈です。

L1009322

L1009339

L1009336

CAP / JAMES LOCK
SCARF / DRAKES
INNER / SAINT JAMES
TROUSERS / KENNETH FIELD

上品にスカーフで合わせるスタイルには勿論ハマりますし、立ち襟のディテールがブリティッシュな空気感を持ち合わせている為ややカチッとしたスタイルにも◎。

日本が誇る職人技術と、フランスの空気感の融合。

この塩梅が他にはない雰囲気だという事は、着てみて頂くと分かる筈です。

今回がこの素材に関してはラストの入荷となっております。

弊社ではここARCH本店、ARCH STELLARPLACE店での展開となります。

是非お早めにご覧ください。

ARCH 近谷

₢킹