Blog from ArchStyle » OUTIL VESTE LURE|archstyle|Arch アーチ

OUTIL VESTE LURE

2019.08.23 Friday 20:15:02| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_3610

1800年代後半から1900年代前半にかけて作られていたフランスのワークウェアーには、インディゴ染めが施された作業着が多く存在しました。

防臭・防虫効果のある”インディゴ”染料ならではの仕様。

古き良き知恵であり、当時の最高峰の技術だったに違いありません。

インディゴブルーといえば、やはりフランスのワークウェアが一番に思いつきます。

そして、OUTILの洋服を一番にイメージするのもまた、”インディゴ染め”のコレクションだと僕は思っています。

IMG_3620

日本の古き良き技術”染め”を贅沢に使用した一着、”VESTE LURE”

リバーシブルの仕様になっており、縮率の異なる生地を表と裏で使い分けています。

片面の生地はコットン/ナイロン、もう片面の生地はコットン100%の素材にインディゴ染めを施しています。
そして、仕上げにログウッドを焙煎したブラックインディゴで、染め上げる。

そうする事で、裏と表で表情が異なり、独特の雰囲気に仕上がっています。

IMG_3601

IMG_3597

IMG_3615

袋縫の仕様で縫われている+縮率が異なる素材が重なっているので、空気が含んでいるような、ふっくらとしたシルエットになっています。

この空気感が堪りません。

IMG_3603

IMG_3624

IMG_3616

裏と表でポケットの仕様も微妙に変えているのも憎いディテールです。

最初から人が着込んでいたかのような雰囲気と、これからさらに色落ちしていく素材に魅力しか感じません。

IMG_3547
COLOR INDIGO
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥52,000+TAX

フランスのワークジャケットのディテールを元に作られた一着。
ラペルドにもスタンドカラーにもなる襟の仕様が、目を引きます。

L1003646

L1003638

家の中でも着たくなるような、リラックスした雰囲気がありながらも、ジャケットとしての役割もしっかりと担ってくれます。

IMG_3544
COLOR RED
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥52,000+TAX

インディゴカラーに加えて、新鮮なレッドの色味もフランスらしく粋な一着。

個人的に非常に楽しみにしていたカラーです。
フランスの蚤の市にいるムッシュが愛用していそうな….そんなイメージでセレクトしました。

敬遠しがちなこの色味も、グレーやブラック、シックな色味と合わせる事で意外にも合わせやすいです。

L1003561

素材感とカラーリング。

両方で楽しめるOUTILのVESTE LUREは、洋服の着こなしの妄想が尽きないアイテムだと思います。

特にレッドは、挑戦しがいがありますよね。

身に纏うとPARISへの旅が頭をよぎりそうな…苦笑

是非袖を通して欲しいです。

ARCH 宅見

₢킹