Blog from ArchStyle » Worker’s Style by Paraboot Vol.2|archstyle|Arch アーチ

Worker’s Style by Paraboot Vol.2

2018.04.30 Monday 20:33:14| Author:admin| Categories:paraboot

先日のブログに引き続き今回も、PARABOOTを日頃から愛用している方にフォーカスを当てて魅力を語って頂きます。

本日は、円山にお店を構える靴の修理工房 Ânon(アノン)の店主・秋濱さんにお話を伺ってきました。

_DSC0703
様々な種類のレザーシューズなどの靴のリペアを行うÂnon(アノン)。
膨大な種類のシューズに触れてきた秋濱さんだからこそ分かるPARABOOTの魅力とは。

取材に行く際にどんなお話を聞けるかとても楽しみな気持ちと緊張しながら、お店の扉を開きました。

_DSC0684
_DSC0693
『PARABOOTを初めて購入したのは、ARCHの第1回目のトランクショーの2010年の時です。
その時に購入したモデルが今日履いているミカエルですね。今では3足愛用しています。

PARABOOTは、構造的にもとても合理的な作りをしており、クッション性に富んだアウトソールが一番の良さだと思います。
ミカエルの構造は、ノルウェイジャン製法のモデルの中でもレザーの縫い合わせ上、特に防水性に強い作りになっています。
そういった点も踏まえて気に入っていますね。

普段愛用しているレザーシューズは、PARABOOT、ALDEN、SANDERS、CHURCHSなどが多いですが、
PRABOOTは仕事中には欠かせない一足です。

立ち仕事が殆どですが、1日立っていても疲れることなく、作業中に靴をぶつけたりしても平気です。
オイルがしかっりと含まれているので手入れもそこまで気にしないで気楽に履けます。

機能面を考えるとPARABOOTが一番自分の仕事にフィットしていると思っています。』秋濱さん談

_DSC0681
_DSC0676

愛用歴 約7年
MICHAEL PHQUE

膨大な靴の構造・”中身”を見てきた職人が認めるPARABOOTの履き心地の良さと快適さ。
僕自身愛用していて十分PARABOOTの良さは理解出来ていたはずでしたが、秋濱さんの話を聞きさらに納得させられました。
雨や雪から守る製法と、頑丈な作りであるタフなレザーに加えてクッション性に富んだラバーソール。
日常的にレザーシューズを履かなければならない職業の方には、特にお勧めしたい靴です。

_DSC0702札幌 靴修理 Ânon(アノン)
札幌市中央区南2条西25丁目1−37内田ビル1F
TEL/FAX 011-644-8030
PM12:00-PM19:00
定休日 日曜 祝日

靴の修理やケアなど些細なご相談も気軽に聞いて頂けます。
ケア用品なども充実していまので、是非お店に足を運んでみてください。

22 [1600x1200]

Paraboot TRUNK SHOW
2018 5/3(THU)~5/6(SUN)
@ Arch SAPPORO

今週5/3から開催しますPRABOOT TRUNK SHOWでは、春夏モデルは勿論定番のノルウェイジャン製法のモデルも多数ラインナップされています。
昨年好評でしたミンクの毛を使用したMICHAEL VIONなども特別に入荷します。

期間中、PARABOOTをお買い上げ頂いた方限定でノベルティもご用意しております。

是非楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

₢킹