Blog from ArchStyle » Worker’s Style by Paraboot Vol.3|archstyle|Arch アーチ

Worker’s Style by Paraboot Vol.3

2018.05.1 Tuesday 22:42:24| Author:admin| Categories:paraboot

実際に、仕事でリアルにPARABOOTを履き続けている人にフォーカスを当てたこの企画。

本日は、スーツで毎日の仕事を過ごす方に取材をしてきました。

ワークシューズであるPARABOOTは、スーツのスタイルでも対応出来るのか?
様々なモデルがある中で何をチョイスしているのか?

ARCH、ANATOMICAに昔から通って頂いてる、松岡 さんに興味深いお話を聞いてまりました。

DSC_1858

地元当別で地域に密着し、オフィスワークから農家の方とも協力してお仕事をしている松岡さんは、様々な業種を全うしている青年実業家です。

僕も同い年という事でいつも刺激を頂いております笑

DSC_1821
『悪天候で普段の仕事で履ける靴を探している所、豊富な種類が見れるARCHのPARABOOTトランクショーに行ったのがPARABOOTとの最初の出会いです。
初めて購入したのは、ARCH別注のWILLIAM。

ダブルモンクの仕様と、JOHN LOBBのカジュアルラインから生まれたという生産背景を聞き、これなら仕事でも履けそうだと思ったのが決めてです。

オフィスワークや会議などでも対応出来るデザインであり、農家の方に会う際にも汚れ等が気にならない仕様なのが一番気に入っています。
どんなシュチュエーションにも臨機応変に使えるので、自分にとってはなくてはならない存在です。

外を歩く事が多いので、特に雪道や雨の日は必要不可欠です。

冬の間は2足目に購入したCHAMBORDと交互に毎日履いています。

普段の私服でも愛用していますが、よほどフォーマルなスタイルの時以外は、殆どPARABOOTを履いている事が多いですね。

購入した当時は、WILLIAMのモデルしか目に入っていなく笑
PARABOOTの中に、ビジネス用のモデルがある事を後で知って今はそれを狙っています。』松岡さん談

DSC_1776愛用歴 約4年
モデル WILLIAM

色々な場面で履く事を想定してWILLIAMを選ばれた松岡さん。
ダブルモンクの仕様とブラックの色味が上品な雰囲気な一足は、スーツとの相性も抜群です。

実際に仕事をしていて靴でストレスを抱えなくて済むのがPARABOOTだと思います。
悪天候にも耐えれる仕様と、毎日履いたとしても劣化しないタフなレザー。

本当の意味でのワークシューズだとお話しを聞いていて実感する事が出来ました。

5/3から開催する【PARABOOT TRUNKSHOW】では、WILLIAMをはじめ約50種類ものラインナップがARCHの店頭に並びます。
春夏モデルの種類も豊富に揃えていますので、是非このGW期間にご覧になってみてください。

5/3からのイベント期間中は、PARABOOT正規輸入代理店RPJの篠崎氏もARCHの店頭に立って頂きます。
シューケアの事など実際にご相談出来るまたとない機会になっております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

22 [1600x1200]

Paraboot TRUNK SHOW
2018 5/3(THU)~5/6(SUN)
@ Arch SAPPORO

 

ARCH 宅見

₢킹