Blog from ArchStyle » Paraboot / WILLIAM , PHOTON|archstyle|Arch アーチ

Paraboot / WILLIAM , PHOTON

2018.11.21 Wednesday 21:22:22| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

ようやく冬を感じる季節がやってきましたね。

朝目覚めると、うっすらと雪が積もっており、寒いなと感じる中、真っ先に思い浮かぶのは今日はParabootを履こうという事でした。

本日はParabootの中から2モデルご紹介したいと思います。

L1005243[WILLIAM]
(左)CAFE , (右)NOIR

L1005247

L1005248

先ずはダブルモンクストラップが特徴的な”WILLIAM”です。
某J社のOEM生産を請け負っていた事がきっかけで製作された事は有名な話。
J社のアウトドア系カジュアル部門を請け負っていたリシャール=ポンヴェール社(当時のパラブーツ)がアウトドアスタイルのWILLIAMを生産。
後に自社の製品として復刻させたのがParabootのWILLIAMです。

L1005263

L1005269

元々J社が作っていたという事もあり、スラックスなどの綺麗目なパンツやスーツスタイルにも◎。
ダブルモンク仕様は上品な雰囲気を醸し出してくれ、タイドアップスタイルにハマります。
もちろん、デニムや軍パンなどのカジュアルな服装にも気兼ねなく履いていただける、振れ幅の広さも魅力的な一足です。

L1005253[PHOTON]
NOIR

L1005237

続いて、僕、上田が普段から愛用している”PHOTON”です。

L1005257

L1005259

短靴でサイドゴア仕様のPHOTONは他では類を見ない一足です。

タイドアップやカジュアル、服装を選ばずに履く事が出来る靴はサイドゴアにより着脱をしやすいのも魅力の一つではないでしょうか。

僕の中でParabootは雪が降るとガシガシ履くために使う道具の一つのようなものです。
初めて履いた時の衝撃は今でも忘れる事ができません。笑

ノルヴェイジャン製法というアッパーとソールを繋ぐ製法は耐久性、耐水性に優れ、雨や雪の日に履いても、水が中に染み込んでくる事がないです。
加えて自社で作られるラバーソールは雪道の滑りやすい悪路でも滑りずらく、安心して履く事ができます。

その衝撃を与えてくれたのが当時お客さんとしてArchで購入したPrabootです。
Parabootのトランクショーの時期を迎えるといつも感慨深く思います。

L1005250Paraboot Trunk Show
11/23,24,25
in ARCH

いよいよ今週末からParabootのトランクショーが始まります。
約100足近いParabootは圧巻で、見応えがあります。
もちろん今回もノベルティをご用意していますので、ぜひこの機会にお気に入りの一足を見つけて下さい。

ARCH 上田

₢킹