Blog from ArchStyle » rdv o globe / ROBIN MA|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe / ROBIN MA

2018.03.24 Saturday 14:01:45| Author:admin| Categories:rdv o globe

やっとここ札幌でも暖かい季節がやって来そうな予感がして参りました。

そんな中、春・夏の肌寒い夜・秋と3シーズン着られそうな万能アイテムが到着致しました。
本日ご紹介致しますのはrdv o globeの新作アイテム”ROBIN MA”。

_DSC0234

rdv o globe/ROBIN MA
MATERIAL/COTTON 100%
SIZE/1,2,3
PRICE/55,000-+TAX

_DSC0240

至ってシンプルなラグランコート、ROBIN MA。

シンプルながらも、ヨーロッパのワークコートをエレガントに昇華した様な匂いも感じる事の出来る1枚です。
ランデヴーのアイテムには精通して言える事で、ハンガーに掛かった状態での見た目は非常にシンプルに映りますが、実際に袖を通してみるとそのパターンの綺麗さや独特なシルエットの虜になってしまいます。

_DSC0237

コットン100%のボディは、ブラックインディゴにより最初はベタッとした重たい雰囲気です。
経年変化は白く色が抜け、綺麗に色抜けしていくともっと愛着が湧いてくるでしょう。

肩部分は1枚の生地で筒状に付けられている、「シングルラグランスリーブ」。
どんな肩幅の方でも合うので、実際に来て頂くとその違いがわかる筈です。

_DSC0239

やや高めに設計された襟元部分は、立てると風除けのディテール且つ、エレガントな印象に。

襟の下に付けられている台襟がしっかりある事で、襟がクタッと広がってしまうのを防ぎます。
細かい部分ではありますが台襟があるのと無いのでは、首元の印象が大きく変わります。

_DSC0242

控えめに入ったカットも、コートの雰囲気を崩さずとも裾部分の可動域を広げた機能的なディテール。

見え無い部分の縫製も目を凝らせば凝らす程に綺麗に処理されており、細部まで抜かりなく作られている部分に信頼度も高まります。

_DSC0263

CAP/HANNA HATS
COAT/rdv o globe
INNER/SAINT JAMES
BOTTOMS/KENNETH FIELD
SHOES/GUIDI&ROSELLINI

スタッフ阿部は、自身で購入したアイテムでもあり日常的にこのコートを愛用しております。

直球にフレンチワーカーっぽくコーディネートを組んでいるスタッフ阿部。

FRENCH VINTAGEのブラックシャンブレーや、インディゴリネンのコートでも勿論格好いいのですが、そこにrdv o globeのエッセンスを加える事でややモダンな、でもフレンチな匂い漂うコーディネートに仕上がります。

着用しているコートは、何度か洗いをかけている為身体に馴染み、とても着易そうな印象でした。

「普段からコーディネートに困ったら手が伸びてしまうアイテムです。
色味もブラックのインディゴなので、経年変化も楽しみにしつつ、非常に重宝しております。」 と阿部談。

_DSC0259

CAP/ARCH ORIGINAL BERET BLACK
COAT/rdv o globe
CARDIGAN/FANNI LEMMERMAYE
SHIRT/OLD BROOKS BROTERS
BOTTOMS/ANATOMICA
SHOES/ALDEN

僕は、フレンチな装いにワークテイストとしてこのコートを着てみました。

秋冬素材のブラックメルトンや、厚いウール素材ならば重たくなりがちなコーディネートも、非常にバランス良く仕上げてくれます。

シングルラグランスリーブの仕様も相まって中にも着込む事が出来るので、コーディネートの幅は非常に広く組め、汎用性が高い所もオススメ出来るポイント。

野暮ったく着こなしても勿論格好いいと思いますが「ワーク」が軸にあるアイテムこそ、上品に着こなすのも個人的にはオススメです。

徐々に気温も上昇し、この辺のアイテムが必要になってくると思います。

入荷したばかりの今が良いタイミングです。
自分のお気に入りがあるうちに、是非店頭まで見にいらして下さい。

Arch 近谷

₢킹