Blog from ArchStyle » HEAVY WOOL MELTON by rdv o globe|archstyle|Arch アーチ

HEAVY WOOL MELTON by rdv o globe

2018.05.21 Monday 21:31:37| Author:admin| Categories:rdv o globe

_DSC0561

2018年秋冬シーズンに向けヘビーアウターを制作する為に、rdv o globeデザイナー前淵さんに頼み込み”ある素材”を探してもらいました。

それは、北海道の秋から冬にかけて着用を可能にする極上の”ウール生地”です。

寒さと積雪に見舞われる北海道において、冬のアウター選びは重要なポイントだと思います。
新しい物が開発され軽くて暖かい新素材がある中で、僕たちが最も信頼をおき着用したいと思う素材が”メルトンウール”です。

メルトンウールと言えば、真っ先にダッフルコートやピーコートを思い浮かべるかと思います。
過酷な環境下で身を守る為に生まれたモノであり、イギリス海軍・アメリカ海軍に支給されていたミリタリーウェアーです。

ウールを高密度に織り込んだ肉厚な生地は、撥水と防風性に富んでおり当時の兵士達の命を守る重要な道具でした。

まさに男の為の洋服です。

気心地の面や機能面など軽くて暖かい素材は多いと思いますが、重く厚く決して着易いとは言えない素材にこそ男服の”スタイル”を感じます。

ゴワゴワとした地厚のウール生地を身体に馴染むまで何年もかけて着込み

寒ければオイルが含まれたウールのセーターをインナーに纏う

レザーのグローブを身に着けて、何年も履き込んだワークブーツを履く

スタイルというのはそういう事だと思います。

実の所、前淵さんに探して頂いたメルトンウールは、所謂”海軍メルトン”とはイメージが少し異なります。

メルトンウールの機能を持ちながらも、しなやかでいて上質な雰囲気のある生地です。

男らしくもあり気品さも感じるこの素材は、仕事着としても着用出来てしまいます。

まさにワークコートといった仕上がりになった今回の別注コートは、用意出来た生地の関係で、あまり数を制作する事が出来ない為、”オーダー制”での受注販売とさせて頂きます。

詳しいアイテム詳細は、明日のブログにて紹介します。

_DSC0571
_DSC0574
_DSC0533

rdv-au-globe-north-woorks-400x270

rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 5/25,(FRI),5/26(SAT),5/27(SUN)
ARCH SAPPORO

ARCH 宅見

₢킹