Blog from ArchStyle » S.E.H KELLY / FLIGHT JACKET , BALMACAAN|archstyle|Arch アーチ

S.E.H KELLY / FLIGHT JACKET , BALMACAAN

2017.03.6 Monday 21:24:34| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

「VENTILE CLOTH」とは、1930年代の戦争の際にNorth Sea(北海)で飛行機が海へ落ちる事が多く、その海の冷たさにより多くの軍人が急死していました。

国は、ROYAL AIR FORCE(英国空軍)の為に巨額の国家予算を投じて研究をし、開発されたのが「VENTILE CLOTH」。

以来、海に落ちた際の生存率が80%以上も上がったという逸話があります。

VENTILE CLOTHを織るときに使用するコットンは世界の綿収穫量の2%のみしか採る事が出来ません。

そしてその貴重なコットンを超高密度に織る為、今日でも少し高価な生地として存在しています。

そんなファブリックを使用したアウターが今年もS.E.H KELLYからリリースされています。

「VENTILE FLIGHTWEIGHT FLIGHT JACKET」
_DSC2404Color / COSMOS
SIZE / S/ M / L
MATERIAL / VENTILE FLIGHTWEIGHT
Price ¥88,000- +tax

今シーズンが初めてのリリースとなる「FLIGHT JACKET」は型だけではなく、生地も一般的なVentileとは一味違います。

「VENTILE FLIGHT WEIGHT」と名づけられた生地はとても軽く、薄めの生地感。

しかし、撥水性と防風性能は従来通りの機能を引き継いでいます。

デザインはS.E.H KELLYでは珍しく、ミリタリー物をベースに製作。

ROYAL AIR FORCE (英国空軍)に支給されていたフライトジャケットを彷彿させるデザインは無骨なミリタリー物の中にも腕の作りやボタン、生地にS.E.H KELLYらしさを感じます。

_DSC2410

 

_DSC2406

インセットとラグランスリーブの長所を融合させ、一枚の生地で仕立てられたサドルショルダーは一見シングルラグランかと思ってしまうほど高度な技術で作られたディテール。

_DSC2450

フロント、袖共に雰囲気のあるホーンボタンを使用。天然素材なだけにエイジングにも期待出来そうです。

_DSC2407

裾のプリーツが入る事でシェイプを効かせ、よりブルゾンらしいデザインになっています。

「VENTURE FLIGHTWEIGHT BALMACAAN」
_DSC2421COLOR / BARLEY
SIZE / S / M
MATERIAL / VENTILE FLIGHTWEIGHT
PRICE / 138,000- +tax

「FLIGHT JACKET」と同じ生地(Ventile Flight Weight)を使用した「BALMACAAN COAT」も今季おすすめの春コートです。

誰もが一度は憧れるベージュのコートは定番アイテムなだけに理想の一着を見つけるのは意外と難しいと思います。
僕もその一人です。

今季、S.E.H KELLYからリリースされた「BALMACAAN COAT」はデザイン、ディテール共に理想の一着と言っても過言ではないと思います。

_DSC2439

まず、僕達の一番の着目点はシングルラグランスリーブ。

VintageのBurberry’sを探す際も先ずこのディテールの物がないか探す位今では貴重なティテールです。

襟は立てて前で止める事も出来る為、防風面でも期待出来ます。


_DSC2449

貫通式のポケットもVintageのモノによく用いられているトラディショナルな仕様。
ただし、内側のポケットにはフラップを付け、手帳やお財布をスッポリと入れる事が出来るよう大き目に設計されていて、手ぶらで出かける事も出きそうです。

_DSC2471

「FLIGHT JACKET」同様に撥水性も申し分なしです。

_DSC2426

そろそろ春物のアウターを探し始めた方も多いのではないでしょうか?

今回、ご紹介させて頂いた二つのアイテムはシンプルなデザインなだけに長く着用する事が出来るアイテムだと思います。

「デザインは至ってシンプルだけれど、機能的」S.E.H KELLYはそんなブランドだと僕は感じています。

まずは、実際に手に取って頂きたいアイテムです。

 

Arch 松本

₢킹