Blog from ArchStyle » the Hill-Side ~SPRING / SUMMER 2012|archstyle|Arch アーチ

the Hill-Side ~SPRING / SUMMER 2012

2012.04.6 Friday 23:15:47| Author:admin| Categories:the Hill-Side

先日のBLOGで簡単なご紹介をした[the Hill-Side]。

襟元のファッションに「ワーク」の要素を取り入れ、「手作り感」・「起源」・「細部へのこだわり」をコンセプトに掲げた期待の新ブランドです。

Tie  ¥8,925-~¥9,975-
Bandana ¥4,935-
Scarf ¥8,925-~¥10,500-

ブランドの顔とも言えるタイに使用される生地は一般的な物とは異なり、セルヴィッジのあるシャンブレー地やデニム、ジャカード織り・スラブ織りの物からインディゴプリントの物まで、拘りとローカルさを感じる生地ばかり。

一貫した幅2インチ・スクエア型のスタイルは、ネクタイの原型とも言われており、流行に左右されず廃れる事も無く、コーディネートの幅広さが特徴です。


タイと同素材を使用したバンダナとスカーフも魅力的で、タイと組み合わせたコーディネートにも一役買います。



全てのアイテムはマンハンッタンにあるレザー製品を生産している小さな町工場で1点づつハンドメイドで作られているのですが、これはヒル・サイドの製品がヘヴィーデューティな一面(特に素材面)を持つ事を意味します。

日々の使用での消耗も気になる所ではありますが、逆にそう言った部分で雰囲気が増すのもヒル・サイドの魅力です。



ルックブックでも度々女性が登場しますが、特にBandanaとScarfは女性にも身に付けて頂きたいアイテムです。
やはりこのあたりが気になる方もいらっしゃるのでは?


まさに、『ワーキング・ドレス』を体現しており、今までありそうで無かったブランドとも言えるかも知れません。
是非、この春夏のスタイルに取り入れてワードローブに仲間入りさせてみては如何でしょうか?

ARCH 吉田

₢킹