Blog from ArchStyle » The Interpretation by Arch / Duffle Coat|archstyle|Arch アーチ

The Interpretation by Arch / Duffle Coat

2014.12.17 Wednesday 18:27:16| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

_DSC1122

今年でARCHは11年目に突入し、今回新たに『THE INTERPRETATION BY ARCH』というオリジナルレーベルを立ち上げました。

ARCHとして10年間、ヴィンテージや国内外のブランドなど、それこそ世界中の様々なモノを見てきました。

「アーチによる解釈」という意味をもつこのレーベルは、それまでの10年間の経験を活かし、ARCHというフィルターを通して、僕達が提案するスタイルに必要不可欠なアイテムを具現化したブランドです。

そして、その一番最初のアイテムとして僕達が作りたかったのは【DUFFLE COAT】

_DSC1132

1837年創業のイギリス・ヨークシャーのファブリックメーカー ABLAHAM MOON社.
現在もなお、一貫してイギリスの自社工場で作られるMADE IN ENGLANDの老舗ファクトリー

その同社が持つ古いアーカイブから復刻された上質なウールメルトンを仕入れ、そして信頼出来るプロフェッショナルなパートナー達と共に一年以上の製作期間をかけて創り上げました。

_DSC1114COLOR : DARK NAVY
MATERIAL : WOOL MELTON
SIZE S / M / L
PRICE ¥88,000-+tax

_DSC1140

ベースとなるのは、1960年代の某英国メーカーのヴィンテージのダッフルコート。
ショールカラー、そして取り外し可能なフードが搭載され、水牛のトグルに、レザーではなくリネンのロープが備わった非常に珍しい仕様ながらも、普遍的なスタイルを持つ一着です。

_DSC1147

フードを取り外すことでまた違った表情のダッフルコートになります。

僕達が考えるDUFFLE COATとは、そもそもが北欧漁師の冬用の防寒着が原点。ラフで男臭いスタイルこそがダッフルコートの良さであり、スタイルだと考えています。

なのでシルエットについては、現代のタイトなフィッティングとは一線を画しており、例えばHARRIS TWEEDのジャケットの上からでも容易に羽織ることが可能です。

冬の厳しい北海道で着ることを想定して作られた、実用性が備わった今季一押しのアウターです。

是非店頭にてご覧下さい。

写真-101

ARCH 山内

₢킹