Blog from ArchStyle » Tricker’s / BOURTON|archstyle|Arch アーチ

Tricker’s / BOURTON

2013.12.20 Friday 22:51:15| Author:admin| Categories:Tricker's

先日ご紹介したワークブーツとはまた別で、Tricker’sらしいブローグシューズが入荷しました。

これもまた昨年別注でオーダーしたモデルのアップデート版なのですが、素材やパーツの違いで大分印象の異なる1足に仕上がりました。

_DSC1555Color OCEANO
Material  REPELLO SUEDE
Sole OIL LEATHER
Size 8  *  8 1/2  *  9  *  9 1/2
Price ¥66,150-

予め撥水処理が施されたレペロスウェードは、昨年別注でリリースされたモデルと同様の素材。
スウェード素材の靴は”水気に弱い”イメージが付きまといますが、実は雨の日に履ける=水気には強い1足です。

_DSC1582

ネイビーのアッパーに対して、アイレットとシューレース、そしてウェルトはブラックに。
ネイビースウェードのカジュアルなイメージを全体的に引き締めた、より洗練させた印象ではないでしょうか?

そしてこの素材のアッパーには、やはりこのソール…と言う事で、オイルレザーソールの組み合わせは必然的かも知れません。

_DSC1572

昨年もそんなイメージを抱いていたのですが、個人的にはスラックスや色落ちしたジーンズで、時にはロールアップで…。
イメージしやすい所だと、S.E.H KELLYのスタイリングが、そんなブローグシューズ(短靴)のコーディネート例です。

S.E.H-Kelly-Fall-2013-Lookbook-Part1-07-630x420
S.E.H-Kelly-Fall-2013-Lookbook-Part1-03-630x420

余談ですが、靴本体のインソールや箱に刻印されるロイヤルワラント(=王室御用達)のマーク。
その存在や種類があるのをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、Tricker’sに刻印されるのは、プリンス・オブ・ウェールズ(=次期国王)のもの。
こう言った部分にも歴史の感じられる1足ではありますが、そんな靴だからこそ日常でガシガシ履けるタフさを持っているのも魅力の1つだと思います。

_DSC1607

ARCH 吉田

₢킹