Blog from ArchStyle » bleu de chauffe Vol.2|archstyle|Arch アーチ

bleu de chauffe Vol.2

2012.05.24 Thursday 22:58:44| Author:admin| Categories:bleu de chauffe

昨日に続き、bleu de chauffeのご紹介です。

前回好評だったオールハンドメイド・オールレザーのタイプは、より重厚でブランドの匂いを感じるアイテムです。

[EXCLUSIVE PROMBIERL IRVING]
COLOR NATURAL WET
SIZE (縦)29cm×(横)42cm×(奥行き)15cm
PRICE ¥82,950-

丸2日掛けてなめした革を贅沢に使用したビジネスタイプの大型バッグ。

ショルダーストラップの他にしっかりとしたハンドル(取っ手)が付いた、非常に利便性の高いバッグです。


マチを調整するストラップやキャンバスとフェルト地を贅沢に使った内ポケット(ノートパソコン収納可能)など、機能的なディテールが備わっているのも魅力的です。

[EUGENE]
COLOR MOKA
SIZE (縦)35cm×(横)30cm×(奥行き)8.5cm
PRICE ¥39,900-

前回好評だった縦型のショルダーバッグ。

こちらもショルダーストラップ以外に取っ手が付いており、2WAYで使用出来る機能を備えたバッグです。

ショルダーストラップの肩あて部分には、このブランドが得意とするナチュラルウールによるフェルト地が使用されており、肩に背負う負担をより軽減してくれます。

このフェルト地は、1920年代から続く伝統的なフェルトメーカーの物を用いる拘り様です。

[SIDO]COLOR MOKA
SIZE (縦)28cm×(横)39cm×(奥行き)8.5cm
PRICE ¥33,600-

レザーの雰囲気が相まった、少し小ぶりなトートバッグ。

昨日ご紹介したキャンバストート同様に、肩に掛けれる点がポイントです。

どう言った鞄であれパーツとして使用される事の多いブラス(真鍮)素材ですが、bleu de chauffeのアイテムに使用されるブラスは、全てハンドポリッシュされた物を使用しています。

このブラスは、1830年から続くファクトリーで作られた物を使用する徹底ぶり。
見た目には分からないかも知れませんが、きっと使い込んだ時の雰囲気はレザーと共に馴染んでいるに違いないと思います。

背景や雰囲気だけにフォーカスするのでは無く、素材や製造工程に至るまでを自国(フランス)の伝統的な部分に拘る点は、インポートブランドとしては中々珍しいのでは無いでしょうか?

全ての製品に製造年月日及び製造者のサインが入るあたりは憎い演出です。


こう言った心意気のブランドだからこそ、使用する事で嘘の無い雰囲気が出て、愛着も湧いてくるのではないかと感じます。

極端な表現ですが、壊れたとしても修理して使い続けたくなる様な雰囲気を持ったバッグです。

ARCH 吉田

₢킹