Blog from ArchStyle » BONCOURA / Tailored Jacket British Tweed |archstyle|Arch アーチ

BONCOURA / Tailored Jacket British Tweed

2017.10.25 Wednesday 22:43:01| Author:admin| Categories:BONCOURA

昨年リリースされたBONCOURAのテーラードジャケット。

今までのコレクションとはまた違ったアプローチのアイテムは、生産工程とファブリックへの並ならぬ拘りを感じます。

IMG_0128
デッドストックの生地やオリジナルファブリックがBONCOURAの代名詞であり、イメージでもあると思います。

今回使っているファブリックもBONCOURAの完全オリジナル。

今までと1つ違う点は、MEDE IN ENGLANDという点です。

BONCOURA森島氏が自らの足で何件もの機屋を探し回り見つけたイギリスの場所で、BONCOURAらしいファブリックを糸から指定して制作したものになります。

油分がしかっりと乗ったツイード生地は、肉厚でいてしなやか。
ダークネイビーの色味がBONCOURAらしく、何年もかけて着倒したい…そんな妄想が膨らむ渾身の1着です。

_DSC0650 COLOR DARK NAVY
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE 120,000+TAX

_DSC0651
IMG_0130
オリジナルのレザーボタンも特徴的であり、使い込んだ経年変化が期待できるパーツです。
何よりもこのイギリス製ファブリックに、間違いなく息をのむはずです。

_DSC0599
_DSC0605

テーラードジャケットの名の通り、仕立てで作られたこのジャケットは、通常200程とされる制作工程の倍、400もの工程を要して作られています。

全体的に丸みを帯びたシルエットになっており、より体にフィットしているのがよく分かります。

ジャケットの骨組みとなる毛芯を立体的に形成する事によって、このシルエットを生み出しています。
まさに職人技と呼べる技術は、森島氏が1番に拘った部分だそうです。

この拘りと技術の高さは、着用してみて初めて理解できます。

_DSC0640

腕を上げた際に、首元が浮かずにしかっりと身体にフィットしています。

中々気づかない部分だとは思いますが、こういった細かい部分にこそ拘りが隠されています。

_DSC0579

そして何よりも大事なのは普段のスタイルに落とし込めるかだと思います。
様々な着方を可能にする為に、着丈を少しだけ短くしバランスを取っています。

_DSC0588
5ポケットジーンズやミリタリーパンツといったアイテムにも嫌味なく着れます。

勿論、タイドアップやドレスのスタイルでも問題なく着れる汎用性の高い1着です。

_DSC0619COAT ANATOMICA
SHIRT KENNETH FIELD
TROUSERS KENNETH FIELD

ARCHオーナー山内が以前書いていたブログ”TWEEDについて”で、
5ポケットジーンズと同じ位、自分にはなくてはならない当たり前のものが”TWEED”と話していました。

初めは、イギリスの伝統的な生地”TWEED”を纏うのは、少し自分には背伸びをしているかな?なんて思っていましたが、愛用していくうちに山内の話していたその意味を理解出来てきた気がします。

着込んでクタクタになってきた位が格好良い。

まさにBONCOURAのTAILORD JACKETは、自分の鎧の様になくてはならない愛用品となるはずです。

ARCH 宅見

₢킹