Blog from ArchStyle » BONCOURA/DUFFLE COAT|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA/DUFFLE COAT

2017.11.14 Tuesday 15:24:03| Author:admin| Categories:BONCOURA


_DSC0824
本日はBONCOURAのダッフルコートをご紹介致します。

_DSC0816

SIZE / 36, 38, 40, 42
COLOR / DARK NAVY
MATERIAL / WOOL85%,CASHMERE15%
PRICE / ¥130,000-+tax

元々漁師が仕事着として着用していて、その後第二次世界大戦でイギリス海軍が防寒着として支給していた背景を持つダッフルコート。
イギリスで流通しているソレとは又違う視点からのアプローチと、BONCOURA流にアップデートされたこのダッフルコートは唯一無二です。
生地は先日ご紹介したPEA COAT同様、カシミア混のWOOL素材。
勿論、裏地なしの一枚仕立ての作りはハズしません。

_DSC0823

特徴的な木製のトグルは、使い込んでいただくと色が濃くなり、より良い経年変化が期待出来ます。
このディテールは、手袋をしたままでも着脱が可能な嬉しいディテール。
細かな点ですが、今季のダッフルコートはトグルに付属する紐の素材がコットンから麻へと変更されております。

_DSC0819

帽子を被ったままでもスポっと頭が隠れるほど大きなフードは実用性に富んでおり、尚且つクラシックなディテール。
付属のチンストラップを付けて頂くと風はほぼシャットアウト出来てしまいます。

_DSC0825

やや大きめのパッチポケットもまた、北海道の真冬には簡単に手が入れられる嬉しいディテール。
荷物の少ない方であればカバンいらずで出掛けられます。

_DSC0827

アームホール、袖口共にゆったりと作られてはいるものの、袖のアジャスターを絞ることでスッキリとした印象で着こなすことも可能です。
グローブを着用し、袖口を絞ってしまえばかなりの防寒になるハズです。

_DSC0791

COAT/BONCOURA
KNIT/BONCOURA
PANTS/FRENCH ARMY M-47 PANTS
SHOES/PARABOOT

アウターレベルのローゲージニットの上からもざっくりと羽織れるサイズ感は、正にクラシック。
M-47パンツに合わせても、野暮ったくなりすぎずむしろカシミア混の素材感相まって少し上品な印象にも映ります。
M-47にシェットランドセーターにダッフルコートというスタイルは、男らしく背景ありきなスタイルだと思います。

_DSC0795

COAT/BONCOURA
JACKET/KENNETH FIELD
SHIRT,TIE/KENNETH FIELD
PANTS/BONCOURA

僕はWOOLのジャケットにタイドアップというスタイルに合わせました。
中に着込んでもバサっと羽織ることのできるアウターはやはりここ北海道では力つよい味方になります。
当時は各種制服や厚手のニットの上に羽織る物だったという背景もあり、この着こなしも自然にハマります。

img034-400x321

BONCOURA 祭
2017 11/18(SAT), 11/19(SUN)
at ARCH

今週末開催の”BONCOURA祭”。
ジャケットのカスタムオーダーというスペシャル企画に加え、別注ワークパンツ発売という内容は、一味違います。
森島氏が所有している、ある特別なデッドストック生地を譲って頂きARCHの別注品として制作した”別注ワークパンツ”。
パンツの詳細も、こちらのBLOGやINSTAGRAMでも近日公開致しますので、楽しみにしていて下さい。

_DSC0797

Arch 近谷

₢킹