Blog from ArchStyle » Contract no.Jan.29.1934 / BONCOURA |archstyle|Arch アーチ

Contract no.Jan.29.1934 / BONCOURA

2019.01.31 Thursday 20:47:31| Author:admin| Categories:BONCOURA

ミリタリーアイテムには、必ずコントラクトナンバーという製造日や製造場所が記載されている。

ed126f37-s

本日紹介します、”BONCOURA DENIM PULL OVER JUMPER”の元ネタである、ヴィンテージにも勿論ソレは刻み込まれています。

ベースとなっているのは、1930年代にUS ARMYに支給されていたデニム生地のワークシャツ。

プリズナーでも作業用として使われていた経緯があり、ヴィンテージ市場では中々お目にかかれないアイテムです。

森島氏が所有しているヴィンテージのコントラクトナンバーは、

【Contract No Jan . 29.1934】

”BONCOURAが生まれたのが1月29日”

今回、BONCOURA8周年の記念モデルとしてUS ARMY をベースにしているのには、このコントラクトナンバーの日付けが一致した事から始まりました。

L1007823

IMG_7901

8周年のスペシャルアイテムとしてリリースされたこちらのアイテム。

US ARMY DENIM PULL OVER JUMPERをベースとしながらも、BONCOURA流にフィッティングをモディファイドし、再構築した一着に仕上がっています。

IMG_7903

IMG_7908

勿論、生地はBONCOURAオリジナル。

ジーンズよりもオンスを軽くしていますが、ザラ感・毛羽立ち、ピュアインディゴの色落ちはそのままに。

オリジナルのメタルボタンも憎いですね。

L1007879

L1007834

L1007887

大きめに付けられた機能的なポケットが目を引きます。

1930年代頃のフランス軍でも同じようなディテールのジャケットがありましたが、ミリタリーアイテムのデザインというのは他国からの影響を大きく受けているのだと思わされます。

シンプルなデザインの中から感じられる機能美こそ、その洋服の魅力が詰まっています。

L1007831

L1007888

L1007878

一枚で着ても良し、ジャケット等のインナーとして着ても良し、通常のシャツと着方を大きく変わらないと思います。

スモックのようにも着れるので、着方の幅が広がる一枚でもありますね。

L1007806
COLOR INDIGO
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥42,000+TAX

毎年一回きりのBONCOURA周年スペシャルアイテム。

ブランドの顔とも呼べるデニムを用いて、古き良きUS MILITARYを再構築した一着は、BONCOURAの魅力が存分に味わえる一品です。

是非お早めにご覧になってください。

ARCH 宅見

₢킹