Blog from ArchStyle » CASEY CASEY / VESTE NAVY DRILL|archstyle|Arch アーチ

CASEY CASEY / VESTE NAVY DRILL

2018.02.2 Friday 21:00:48| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

PARISのアトリエで、人の手が加わり時間をかけて生まれる洋服、CASEY CASEY。

ヨーロッパで見つけられた上質な素材が、CASEY CASEYの手によって変貌を遂げます。

染色で深いインディゴブルーが褪せた肉厚なリネン

ツイストでシワクチャになった上質なブロードの白シャツ。

洗いを繰り返す事で、オイルが抜けたようなWAX COTTON。

ジーンズやツイードジャケットを着込む事で生まれるあたりやシワ、着た人にしか出ない着用感…
経年美化とも呼べる変化は、新品(まだ着用していない)の洋服よりも遥かにオーラを放っているはずです。

CASEY CASEYの洋服を手に取ると色々な妄想が膨らみ、着用する事の楽しや高揚感で尽きません。

今回紹介します洋服もきっと色々な妄想が膨らむ逸品です。

_DSC2019COLOR NAVY
SIZE S / M / L
PRICE ¥128,000+TAX

_DSC1574

_DSC2028
_DSC2020
_DSC2027

バリッとした硬い生地を、高密度にCORD状に織り込む事でBRITISH WORKによく見られるDRILL生地に仕上げています。

この手の素材は、縦方向にとりますが敢えて横方向に。

まるでバスクボーダーの感覚かのように…こういった部分にフレンチの匂いを感じてしまいます。

_DSC2028 2
良い意味で硬さの残るドリル生地は、さらなる経年変化を期待させてくれます。

BRITISH WORKの伝統的なデザインをソースにしているこのジャケットは、その当時には存在しなかったであろう素材で、唯一無二の存在へと昇華しています。

_DSC2042SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS US NAVY

_DSC2051 SHIRT MERZ B.SCHWANEN
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

1800年代のフランスの農夫は、インディゴリネンのワークウェアーを当たり前に着ていたから、色が抜けていたかな?

アイロンをかける時間がなくシワクチャのまま着用したシャツは、時として格好よくも映るかな?

オイルドコットンのジャケットを、道具として使用したらこうなっているだろう…

洋服一つ一つを紐解く妄想が、さらなる愛着へと変わり一生モノの洋服になっていくはずです。

ARCH 宅見

₢킹