Blog from ArchStyle » CASEY CASEY 2018AW|archstyle|Arch アーチ

CASEY CASEY 2018AW

2018.07.27 Friday 20:40:49| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

古いヨーロッパの洋服、ヴィンテージと呼ばれるモノの殆どが人の手が加わり生まれていました。

手作業だからこそ生まれる圧倒的な存在感、機械ではなく丁寧にハンドで作られた洋服には独特のオーラを感じます。

PARISのアトリエで一点一点手作業で生地に手を加えるCASEY CASYEの洋服。
古き良き時代の洋服の作り方とリンクする部分があります。

ツイスト、ウォッシュ、染めの工程を手作業で行うからこそでる、圧倒的な存在感。

他には無い唯一無二の生地に毎回魅了されます。

CASAEY CASEYの新作がPARISより到着しました。

_DSC0867 2
_DSC0886

_DSC0776
_DSC0891

_DSC0903
_DSC0869

_DSC0876
_DSC0880
_DSC0857

『ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。』

By CASEY CASEY

CASEY CASEYの洋服を長く愛用していて思う事は、洋服に対して純粋に愛着を持てる事です。

大量生産・マスプロダクトが流通している今だからこそ、CASEY CASEYが続ける洋服作りは特殊でありそこに魅力を感じます。

洋服を作り出すだけではなく、愛用する人が10年20年と使い続ける事を考えたかのような…

一度袖を通してしまうとその魅力から抜け出せません。

ARCH 宅見

₢킹