Blog from ArchStyle » CORONA / PARKA 51|archstyle|Arch アーチ

CORONA / PARKA 51

2014.02.15 Saturday 20:10:30| Author:admin| Categories:CORONA

昨季・2013年の秋冬から【CORONA(コロナ)】で採用されている、コットン100%のギャバジン素材・”BURBERRY TWILL”

ギャバジンやベンタイルを使ったアウターはとても使い勝手が良くて個人的にもよく好んで着ているのですが、コロナから新たにリリースされた1着【PARKA 51】も、即戦力として活躍する事間違いないアイテムです。

【PARKA 51】
_DSC2304Material BURBERRY TWILL
Color DARK KHAKI
Size S / M / L
Price ¥59,850-

US ARMYのM-51パーカをベースとしながらも、ギャバジン素材=(ブリティッシュな素材)を用いる事で程よくバランスが取れているのでは?

一見…いや、正直『野暮い』アイテムなはずなんですが、ギャバジンの雰囲気とのバランスは秀逸です。

アーチでは、昨季からこのDARK KHAKI=玉虫色のみの展開。
これの意味する所を解ってもらえると、よりグっとくる1着だと思います。

_DSC2299
_DSC2355
後ろ身頃(裾)のフィッシュテールなんかは、一番見た目上で分かり易いディテールかも知れません。
いわゆる”モッズコート”の特徴的なディテールとも言えるのではないでしょうか?
(勿論、実際はミリタリーアイテムです)

横や後ろから見た時の、この”ゆとり”のあるデザインも、こう言ったアウターの真髄だと思います。
当然それは、袖周りの仕様にも見て取れる部分です。

_DSC2344
_DSC2307
実際に袖を通してみるとよく分かるのですが、重ね着を前提としたオーバーコートとしてのディテールは、必要最低限のあるべきディテールだけが残された印象。

例えばジャケットの上からザックリ羽織れる無理のない着心地も実用的ですし、ふらっと外出するのにも気兼ねないアウターだと思います。
ちなみに、着用画像でのコーディネートはツイードパンツにタイドアップしたスタイルですが、その上からはベストでもジャケットでも無く、スウェットシャツで少し抜けた雰囲気を。
シンプルな様でいて随所に施されたディテールが、まさに機能美と呼ぶに相応しい1着です。
ARCH 吉田

₢킹