Blog from ArchStyle » CORONA / ARCTIC PARKA|archstyle|Arch アーチ

CORONA / ARCTIC PARKA

2014.12.10 Wednesday 14:02:39| Author:admin| Categories:CORONA

_DSC0949
今シーズン[CORONA(コロナ)]からリリースされた『ARCTIC PARKA』。
厳しい冬を乗り越える上で、これ以上になくオススメな1着です。

_DSC0938Color NAVY
Material GIZA COTTON BURBERRY TWILL
× PRIMALOFT・NYLON TAFFETA QUILTING
Size S / M / L
Price ¥108,000-+tax

米軍ベースの極寒地用パーカを[CORONA]流に表現したこの類アウターは、昨年も好評でした。※昨年はN-3Bベース

何よりフード部分のリアルコヨーテファーがインパクトの強いアイテムですが、それ以上に実感してもらいたいのが、”軽くて暖かい”点。

_DSC1023
『ダウンを超える人口羽毛』と称され、米軍のミルスペックをも満たしたPRIMALOFT素材によるキルティングライナーは、これから迎える真冬のシーズンにも心配が要りません。

大袈裟かも知れませんが、それくらい信頼の出来る暖かさです。
加えて、ストレスを感じる事が無い”軽さ”が魅力です。

_DSC0996
正直なところ、純粋に”軽くて暖かい”アウターは、他にも幾らでもあると思います。

このアウターにとってのもう1つの魅力は、表地の(ギザ綿による)バーバリーツイル。
いわゆる「ギャバジン素材」の撥水性と独特の質感に関しては、これまでもご紹介してきた通りで、驚きのもの(笑)。※画像参照

_DSC0965
接ぎ目が無く2段状になったリブ部分、2層に分かれたポケットとフランネル素材の裏地、左右の身頃裏に付いたポケット…さり気なくも気が利いたディテールが、実用性を高めています。

_DSC0954
ジャケットの上からも羽織れる無理のないフィッティングも、個人的には評価すべき点だと思います。
“ストレス無く着れる”と言うのは、こう言った点も踏まえてです。

_DSC1034
Arch 吉田


天然素材でありながら高い機能性を発揮するギザ綿・バーバリーツイルと現在、ハイテク化繊綿の最高峰”プリマスポーツ”のコンビネーションは、昨今の寒冷な日本の真冬にも有効なレベルの高い組み合わせです。

CORONAプレスリリースより抜粋。

₢킹