Blog from ArchStyle » FRANK LEDER 2017SS”FRANZ DIENER “INDIGO PIECE DYED COTTON|archstyle|Arch アーチ

FRANK LEDER 2017SS”FRANZ DIENER “INDIGO PIECE DYED COTTON

2017.03.10 Friday 21:39:24| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

FRANK LEDERのコレクションが全て入荷しました。

20170210104330

今季のテーマは”FRANZ DIENER”。

冒頭の写真は、FRANK LEDERのアトリエになっているドイツ・ベルリンのカント通りのイラスト。
且つてのドイツのボクサー”FRANZ DIENER”が、この場所を買い取ってレストランとして営業していた場所であり、FRANK LEDERがこよなく愛した場所でもあります。
そんなお店が昨年閉店してしまい、思い出を残したいという思いから1920〜60年代のドイツ・ボクシング界にフォーカスを当てたコレクションになっています。

原点回帰を感じる今回のコレクションでは、ドイツの伝統を感じる生地が揃います。

その中でも、一際目を引いたのが今回紹介します”INDIGO DYED “のシリーズ。

1800年代のヨーロッパヴィンテージに見られるインディゴ染めを、FRANK LEDERの解釈によって表現した生地は、独特の雰囲気に仕上がっています。

僕らが自信を持ってお勧めする今季一押しのアイテムです。

_DSC0557
日本の古布・刺し子等のボロの様な、ポコポコとした凹凸のある生地が何よりも特徴的です。
この独特の生地にインディゴ染めを施しています。

_DSC0533
所謂インディゴブルーというよりは、淡いドイツらしいブルー。

この生地で色が抜ける事を考えただけで着るのが楽しみで仕方ありません。

先ずは定番の形である【2B JACKET】からご紹介します。

【2B JACKET】
_DSC0570Color INDIGO
Size XS / S / M / L
Price ¥78,000+tax

僕もこの形は何枚か所有しておりますが、何といっても使い勝手が良いです。
NAVYという点でも文句なしではないでしょうか。

FRANK LEDERの醍醐味とも言える経年変化。

洋服作りのテーマでもある完成した時点で60%、着込んでいって100%に近づいてく。
そのコンセプトを間違いなく実感する事の出来る生地だと思います。

_DSC0538
_DSC0552
ボタンと裏地に使われているヴィンテージ素材もまたニクいディテールです。

_DSC0505
ヴィンテージの様な存在感のあるジャケットだからこそ、シンプルなスタイルで十分だと思います。

_DSC0593
【DRWSTRING TROUSERS】
_DSC0574Color INDIGO
Size XS / S / M
Price ¥48,000+tax

ウエスト部分のドローコードとゆったりとしたシルエットがラフな印象のあるトラウザーズ。

タックが入る事でラフ過ぎない印象もあるので、ジャケットとの相性も良いです。

_DSC0548
_DSC0551
ポケット裏のリネンファブリックは、見えない部分ですが気の利いたディテール。
過去のFRANK LEDERのコレクションで使われいてた生地を使っています。

_DSC0531
細すぎず太すぎず、丁度良いバランスなのでミリタリー物の無骨なアイテムも自然に落とし込めるのも魅力です。

【CARDIGAN 】
_DSC0568Color INDIGO
Size  S / M / L
Price ¥48,000+tax

ポケットの付いたショールカーディガンは万能な1枚。

ラフに着る事も出来ればジャケット感覚でも着る事が出来る優れものです。
今時期でしたらコートやジャケットのインナーに挟んでも映えると思います。

_DSC0543
_DSC0519HAT JAMES LOCK
SHIRT CASEY CASEY
PANTS  FRENCH VINTAGE STRIPE PNATS

着用を繰り返す事でインディゴの色が落ち、自分だけのしわが入りクタクタになって初めてFRANK LEDERの魅力を実感するはずです。

先ずは実際に手にとってご覧になってみてください。

ARCH 宅見

₢킹