Blog from ArchStyle » FRANK LEDER / Deutschleder Arch Exclusive Model|archstyle|Arch アーチ

FRANK LEDER / Deutschleder Arch Exclusive Model

2018.02.22 Thursday 19:00:30| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

昨年から構想していたFRANK LEDERの別注品。

ARCHではFRANK LEDERを取り扱い始めたシーズンから欠かさずにラインナップしている素材”DEUTSCHLEDER”通称ジャーマンレザー。

ドイツの歴史的背景を垣間見る、この生地を用いてARCHの別注品を制作しました。

_DSC0135

1930年代頃にドイツの労働者達の間で最も高級品とされていたワークウェアはレザー素材のモノでした。

しかしながら、労働者階級の人達にとってレザー素材を手にする事が出来るのはほんのごく一部の人達だけだったそうです。

そんな中、COTTON100%でありながら、極限まで高密度に打ち込まれたワークウェアは、まさにレザーを凌ぐ程の防寒性を兼ね備えていたという事から、”ジャーマンレザー”と名付けられ、多くのブルーワーカー達に愛用されていました。

冒頭の写真の様に、地面に直立する程の硬さと強度を誇る生地は、まさに”ジャーマンレザー”と呼ばれる理由が分かります。

ドイツの伝統的な生地を用いて、カーディガンタイプのジャケットを制作しました。

【DEUTSCHLEDER ARCH EXCLISIVE MODEL 】
_DSC0141COLOR BLACK
SIZE XS / S / M / L
PRICE ¥63,000+TAX

今回使用している生地は、定番の型で使用されている生地よりもライトなオンスのものになります。

ゴワっとた感覚は変わりありませんが、ライトなジャケットとして、コートのインナーや春先にジャケットとして着用出来る生地感に仕上がっています。

通常のジャケットよりも身体に馴染むのも早いはずです…笑

_DSC0146
_DSC0145
_DSC0151
ジャーマンレザーの生地に負けない様に、袖等にパイピングを施しています。

何よりも、この生地の魅力は経年変化です。

着易いとは言えないこの生地を、根気よく着用する事で自分だけの身体に変化してき、自分だけの洋服に なっていきます。

DSC1481-400x265

シワの入り方や色の抜け方…言葉では表現できない魅力がこの生地にはあります。

_DSC0170
_DSC0167
_DSC0165
ジャケットの様に羽織っても良し、この上からコートを羽織っても良し。
ノーカラーのジャケット感覚で、3シーズン着れる汎用性の高い1着です。

_DSC0183INNER MERZ B.SCHWANEN
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47

”育て甲斐のあるジャケット”

目的を持ったワークウェアーである生地を着用する事の面白さは、リジットのジーンズを穿く感覚と似ていると思います。

僕も約5年程、ジャーマンレザーを愛用しています。
自然と手にとってしまう…それは自分の身体にジャケットが変化を遂げ、着用するのが楽だからだと確信しています。

着用を繰り返しているからこそ愛着が湧きますし、一生手放せない相棒的な存在です。

こちらの別注品は、2月24日から開催しますイベントより発売致します。
2018SSの新作と共に、是非ご覧になってみてください。

ARCH 宅見

₢킹