Blog from ArchStyle » GUERNSEY WOOLLENS |archstyle|Arch アーチ

GUERNSEY WOOLLENS

2016.10.28 Friday 20:58:47| Author:admin| Categories:Guernsey Woollens

毎年、種類豊富なセーターを揃えている当店ですが、その中でも定番の「GUERNSEY SWEATER(ガーンジーセーター)」が入荷致しました。

 

_DSC0406

 

英国海峡に浮かぶチャネル諸島の1つ、「ガーンジー島」。

その極寒の地で、16世紀から変わる事なく海の男達のユニフォームとして伝わる「GUERNSEY SWEATER(ガーンジーセーター)」。

現在もその地で昔ながらの伝統的な技術によって作られており、大切な「道具」として愛されています。

今年は「モックネック」と「タートルネック」の2型、潔くトラディショナルなネイビー1色の展開です。

 

_DSC0412 2

毎シーズン人気のガーンジーセーターですが、人気の理由は「肉厚な生地、機能性」によるもの。

もともとは船乗り達が強い海風から身を守る為に、丈夫な羊毛をぎっしりと詰めて編み上げられた無骨なセーター。

ある意味現代的ではありませんが、着込めば着込むほど身体に馴染んで雰囲気が出るのが魅力です。

“30%の水分を含んでもその湿気を感じない位に強い防水性を保つ”なんて言われている程なので、ここ北海道の環境においては、とても頼もしい限りです(笑)。

 

_DSC0422

袖に編まれている独特な模様は船のはしごやロープ、波などそれぞれ意味が込めらたデザイン。

_DSC0420

COLOR FISHERMAN’S BLUE
SIZE  36 / 38 / 40 / 42 / 44
PRICE ¥28,000-

 モックネックはそのまま着ても良いですし、シャツの上から羽織っても収まりが良いと思います。インナーに着る物を選ばないのでは?

 

_DSC0427

COLOR FISHERMAN’S BLUE
SIZE  36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥28,000-

 タートルネックは、より無骨な印象を受けるアイテムです。しかし、ワークジャケット、軍パンといった無骨なスタイルにもうまくハマります。

冬の北海道では必需品といっても過言ではない、アンファッショナブルで男らしい一枚です。まだお持ちでは無い方は、是非この機会にご自身のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

Arch 松本

₢킹