Blog from ArchStyle » 一生物のワークブーツ / GUIDI&ROSELLINI |archstyle|Arch アーチ

一生物のワークブーツ / GUIDI&ROSELLINI

2016.11.7 Monday 21:41:30| Author:admin| Categories:GUIDI&ROSELLINI

”世界一のレザータンナー【GUIDI&ROSELINNI】”

その言葉を知りつつも、一度も目にした事の無かったワークブーツにまさかどっぷりハマってしまうとは…
昨年ARCHのラインナップに加わり、一目惚れして購入したブーツも愛用して約1年。

履けば履くほどなんて言うと、ありきたりの言葉に聞こえるかもしれませんが、GUIDI&ROSELLINIの代名詞とも言えるVACCHETTA LEATHERには、圧倒的な存在感と魅了される背景があります。

_DSC5063 2

 

”VACCHETTA LEATHER”とは、イタリア・トスカーナ地方の伝統的な手法で生まれるレザーです。

アルプスで育った雌のステア牛の皮を手作業で肉から剥ぎ、化学物質は一切使わずに天然の植物性タンニンのみで時間をかけて皮を鞣していきます。
全ての工程がハンドメイドによるものです。

皮から革へ。

1896年の創業当時から変わらない伝統的な手法を用いて生まれた革は、他には無い唯一無二のモノです。

 

染色されていないナチュラルレザーは、経年変化が醍醐味とも言えます。

先ずは僕たちスタッフの経年変化した靴をご覧になって下さい。

_DSC5063
宅見 私物

_DSC5088
_DSC5076
皮を剥ぐ際の肉厚調整は行わず、靴のパーツによって(薄い柔らかい部分は足首に、厚く硬い皮はカカト部分)といった革の使い分けをして作られれているので、場所によって経年変化の仕方も変わってきます。

こういった細かい作業も熟練の職人によるハンドカットによって生まれています。

_DSC5073
フリークエンス 柳原さん 私物

_DSC5075

_DSC5126

手入れは一度もせずに雨も雪も気にせず履いているそうです。
黒ずんだレザーの雰囲気もまたこのレザー特有のものだと思います。

_DSC0698

お客様 Hさん 私物

徐々に色が濃くなっているのが目に見えてわかります。
Hさんも特段手入れはしていなく、ディリーに気兼ねなく履いているそうです。

今期は、昨年から展開しています内羽のブーツとオックスフォードに加え、デザートブーツをラインナップに加えました。

DSC0141-400x2651907 DERBY OX  128,000yen + TAX
SIZE /40 / 41 / 42 / 43 / 44

DSC0147-400x265

1835 BOOT  148,000yen + TAX
SIZE /40 / 41 / 42 / 43 / 44

_DSC5084

_DSC5091

1906 DESERT BOOT  138,000yen + TAX
SIZE /40 / 41/ 42 / 43 / 44

全モデル、ソールにはビブラムソールを装着していますので、北海道の雪道でも気を使わずに履ける1足です。

モデル名になっている年号は、当時ヨーロッパで主流だったワークブーツのデザインをベースに製作しています。

クラッシックな佇まいと最高級のVACCHETTA LEATHERは、一生物のワークブーツと呼ぶに相応しいモノではないでしょうか。

ARCH  宅見

₢킹