Blog from ArchStyle » 未分類|archstyle|Arch アーチ

BONCOURA DENIM JACKET & 3B JACKET

2017.06.6 Tuesday 22:03:41| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

_DSC1435
BONCOURAの顔とも言えるデニム生地は、糸の紡績から生地作りが始まります。

昭和20年代の旧式力織機でゆっくりと空気を取り込みながら織られる生地は、毛羽立ちとザラ感が増し、まるで40年代のアメリカ物を彷彿とさせます。

定番のジーンズと並び無くてはならないのが、ジーンズ同様の生地を使ったDENIM Gジャンです。

IMG_0151COLOR INDIGO
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥38,000+TAX

僕らが気に入って愛用している要因の1つが、着丈の長さです。

この手のGジャンに見られる物よりも少し長さのある仕様なので、合わせるボトムスとインナーの幅が広がります。

ジャケットとしては勿論、はたまたコートの中に忍ばせても良し、ギャバジンやオイルドコートのインナーに色落ちしたデニムGジャン…想像しただけで堪りませんね。

_DSC0629
_DSC2150

ジーンズよりも縫製工程が多い上に縫う場所によってステッチの番手や色、さらには運針まで変えているのには驚きです。
全てがコットン100%による糸なので、色が落ちてきた際にステッチにインディゴが乗り、生地と共に良い雰囲気になってきます。

続いては、ベーシックな3つボタン段返りの3B JACKET。

_DSC0655COLOR INDIGO HERRINGBONE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

3つボタン、パッチ・フラップポケットの仕様がアメリカ顔のこちらのジャケット。

BONCOURA定番素材であるINDIGO HERRINGBONEの素材に成る事で、ラフに着れる1枚になっています。

_DSC0675
_DSC0678
洗いと着用を繰り返し、色が落ちる事でヘリンボーンの織りがよりはっきりと浮き出てきます。
この形でラフに着れる素材という点がとてもツボです。

_DSC0669COLOR SUCKER BLUE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE 55,000+TAX

シアサッカー素材を用いた3Bジャケットは、シャツ感覚で着れる素材感なので夏場の羽織として最適ではないでしょうか。

_DSC0671
夏の代名詞とも言える素材を、この季節だからこそ出来るスタイルで快適に着たいですね。

BONCOURAの最大の魅力は生地にあると思います。

10年、20年と愛用する事を考えて作られるその生地は、どのアイテムにも共通しています。

”育て甲斐のある洋服”

そんな言葉がしっくりくるBONCOUARの洋服に袖を通してみて頂きたいです。

ARCH 宅見

SAINT JAMES / NAVAL

2017.05.12 Friday 13:14:52| Author:admin| Categories:SAINT JAMES,未分類

カットソーの欠かせない季節がきましたが、その中でもARCHでは欠かす事のできないカットソーが[SAINT JAMES]よりリリースされています。

即戦力として活躍する事間違いないアイテム。

[NAVAL] _DSC1612COLOR / MARIN×NEIGE
SIZE / T4 / T5 / T6
PRICE / ¥12,800+tax

IMG_1363

何においても使い勝手が良い一枚のNAVALは別モデル[OUESSANT]と同じくコットンながら細番手の糸が用いられたNAVALの生地は薄手で肌触りも滑らかです。

_DSC1633

_DSC1635

綺麗目なアイテムと合わせるのも良いですが、デニムや軍パン等との合わせでシンプルに着ている位が、丁度良いバランスではないでしょうか。
僕自身、入社後オーナー山内から聞いた話は、『Archオープン当初はFrench Army M−47Pantsと5ポケットジーンズに合うセレクトをしていて、その中にバスクシャツもラインナップしていた。』との事でした。

すなわち、このコーディネートがArchのスタンダードと言っても過言ではないと思います。

ワードローブに必ず一枚、押さえておきたいアイテムです。

Arch 阿部

 

BONCOURA / 両V半袖ニット

2017.05.8 Monday 18:33:01| Author:admin| Categories:BONCOURA,未分類

BONCOURAより新作の”両V半袖ニット”が入荷致しました。

以前はコットン地で長袖の”両Vセーター”がリリースされていましたが、前回の生地とはまた違った印象の生地感です。

IMG_1353
生地はBONCOURAらしく糸からオリジナルで製作。
シャリ感のあるドライタッチな生地は、着込む事で柔らかくなり、風合いも増していきます。

_DSC1538

アメリカのヴィンテージスウェットを彷彿させる両Vのディテールは、一見シンプルなデザインに見えますが、USヴィンテージがお好きな方には堪らないディテールではないでしょうか。

_DSC1536COLOR / NAVY / GREY
SIZE / 36 / 38 / 40 / 42
MATERIAL / COTTON 100%
PRICE / ¥22,000 +TAX

シャツの上からも着用出来る様に身幅、アームホールに程よくゆとりがあり、夏場になれば半袖のシャツと合わせても良さそうです。

_DSC1541

_DSC1544

裾は敢えてリブを排除しており、Tシャツの様に着て頂けます。
“コットンニット”という事もあり、一枚で着用してもどこか上品さを感じます。

_DSC1547

_DSC1530
ネイビーとグレーの2色展開でリリースされた”両V半袖ニット”は、これから何年経っても飽きの来ないデザインだと思います。

僕自身、これからの季節でTシャツやポロシャツ、半袖シャツといった定番アイテムの中に一つ加えたいアイテムです。

Arch 松本

KLASICA / LIGNE

2017.04.22 Saturday 22:31:23| Author:admin| Categories:KLASICA,未分類

ミリタリー・ワークウェアーをデザインルーツに持つKLASICAの洋服。

特にミリタリーウェアーに造詣が深いデザイナーの河村氏が作る洋服は、機能美と最高のスペックを持つユニフォームの無骨さを感じさせないモダンなものになっているといつも思わされます。

今回紹介する”LIGNE”も、アメリカ軍のスノーパーカーをベースにKLASICAのエッセンスを加えた独特のシルエットが魅力的な1枚になっています。

_DSC1207
_DSC1213

ゆったりとした丸みのあるシルエットとお尻が隠れるバランスの良い着丈が特徴的です。

大きめに付けられた4つのポケットは、オリジナルにもないディテールだと思います。

_DSC1189
_DSC1193

素材はコットン・ナイロンを高密度に織り上げ撥水性を施したマッドな生地に。

写真を見ても分かるかと思いますが、撥水力はとてもある生地なので、悪天候にはもってこいのコートです。
そしてフードは取り外しが可能になっています。

IMG_1057

IMG_1060
スタンドカラーの様な襟元に変えても着る事が出来るのでその時のスタイルに合わせてフードを脱着して着れてしまえます。

_DSC1176

 

被りのスモックタイプが主流のスノーパーカーを、コートの様に着れる仕様にしている点も面白い所です。
フードを取るとファティーグジャケットの様にも着れる汎用性の高い1枚だと思います。

IMG_1052Color BLACK
Size 2/ 3
PRICE ¥63,000+TAX

鞄の中にぐしゃぐしゃに丸めて忍ばせておける素材なので、出張や旅行の時にも一役買う羽織にもなりそうです。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KENNTH FIELD / SHIRT &TIE

2017.04.5 Wednesday 12:18:24| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,未分類

KENNETH FIELDのネクタイ、シャツが入荷しています。

_DSC0804
今では定番となった4FACE,2FACE TIEは今季も生地、柄に個性を感じます。

毎年、買い足してる方も多い為、楽しみにされていたのではないでしょうか?

_DSC0807Price / ¥14,800- +tax

コットン素材によるレジメンタルの2FACE TIEは肌触りが良く、爽やかな印象

_DSC0792Price / ¥14,800- +tax (L) ¥13,800- +tax (R)

4FACE TIEはシルク素材を用いて上品な印象。
定番的なレジメンタル、小紋柄、ドット等、ビジネスシーンでも活躍する組み合わせのため汎用性が高いです。

_DSC0797Style / EXTREME SPREAD SHIRT
Color / WHITE / BLUE
Size / XS (14H)/ S (15) / M (15H) / 16(L)
Price / ¥27,000-+tax
Made in USA

_DSC0801
ネクタイ同様に定番的にリリースされているクレリックシャツも再入荷しています。
以前ご紹介したHOP SACK地による50′s SPORTS COATとの相性は言うまでもありません。

実はこのシャツ今季よりアップデートされています。
私自身、「定番なモノほど常にアップデートしていく。」と先輩から教わりました。

変更箇所は、是非店頭にてお確かめ下さい。

_DSC0814Style / TAB COLLAR SHIRT
Color / SAX
Material / COTTON 85% / LINEN 15%
Size / XS (14H) / S (15) / M (15H) / L (16)
Price / ¥27,000-+tax
Made in USA

_DSC0815

襟元が特徴的なTAB COLLAR SHIRTはよりネクタイを引き立てるアイテム。

生地はコットンリネンによるオックス地の為、夏にはネクタイを外し第一ボタンも外してラフに着用されるのも良いと思います

_DSC0822Style / B.D.SHIRT
Color / BLUE
Material / CHAMBRAY
Size / XS (14H) /S (15) /M (15H) /L (16)
Price ¥27,000- +tax
Made in USA

僕たちのスタイルでは欠かす事の出来ないCHAMBRAY B.D.SHIRTも再入荷。

特にデニム、ミリタリージャケットとの相性は抜群の為、全スタッフが所有する程です。

シャンブレー地特有のアタリや色落ちも着ていく中で楽しいポイントの一つです。

_DSC0824Style / REGULER COLLAR SHIRT
Color / WHITE
Size / XS (14H)/ S (15) / M (15H) / 16(L)
Price / ¥25,000-+tax
Made in USA

ドレスシャツの定番中の定番、REGULER COLLARはオックスフォード地によって更に汎用性の高い一着。

白のB.D.SHIRTは持っている方も多いと思いますが、以外とカジュアルに着れるREGULER COLLAR SHIRTを所有している方は少ないのではないでしょうか?
今まで色々な素材、形のシャツを着られてきた方におすすめです。

ネクタイ、シャツ共に足の速いアイテムばかりです。
特にネクタイはブログで紹介する前に完売してしまったアイテムも御座います。

是非お早めに店頭にてご覧ください。

Arch 松本

 

THE INTERPRETATION BY ARCH / BRITISH ARMY RAILROAD JACKET

2017.03.22 Wednesday 21:07:01| Author:admin| Categories:News!!,THE INTERPRETATION BY ARCH,未分類

_DSC2909

冒頭の写真は1950年代のROYAL NAVY ENGINEER JACKET。

今回、Archのオリジナルレーベル「THE INTERPRETATION BY ARCH」としては第四弾として現代的にArchの解釈によってリリースされています。

実はこのアイテム去年の秋頃にリリースされていましたが、好評によりブログでご紹介する前に完売してしまいました。

そして今回、僅かな数量ですが再入荷しました。

「British Army Railroad Jacket」
_DSC2823COLER / NAVY / ECRU
SIZE / S / M / L
Price / ¥56.000- +tax

_DSC2836

全体的なベースはROYAL NAVYのENGINEER JACKETにしつつ、襟元はBritish ArmyのDriver’s Jacketのディテールを取り入れています。

_DSC2889

今回はボタンからオリジナルで製作しました。1930年代〜1950年代によく見られていたチェンジボタンは、もともと洗濯の際に生地を傷めないように取り外し可能にしていたディテール。

勿論、裏側のリングまでオリジナルで製作。

_DSC2925

シルエットは腰に少しシェイプを入れ、上品な印象。

_DSC2931

袖振りのカーブもVintage同様、何回もパターン修正し仕立てたディテール。袖口に向かって細くなっているディテールは上からコートが着やすく、すっきり見えます。

_DSC2833地面に直立する程の硬めの生地は洗い、着用を繰り返す事で柔らかくなり自分の身体に馴染んでいきます。

_DSC2839ポケットの補強布も50年代までのイギリスのワーク、ミリタリーウェアによく見られる仕様。
生地をcotton 100%にする事で洗濯、着用による色の経年変化やパッカリングにも期待出来ます。

_DSC0493ボタンは閉めて着用しても良いですし、スタンドカラーのディテールを利用して少しボリュームのあるスカーフと合わせても好相性です。

_DSC2865スタッフ近谷は、シルエットの良さを活用しタイドアップにスラックスという少し綺麗目なアイテムとの組み合わせ。

_DSC2891 (1)全体的に少しシェイプされたこのジャケットは上からコートも羽織れるため、今時期から活躍すると思います。

 

Arch 松本

 

_DSC0508<<British Vintage Fair>>
2017年3月24日(金)〜3月26日(日)

先日、弊社代表山内がLONDONに訪れ、良質なVintageを買い付けてまいりました。Archでは定番アイテムとして揃えてるBurberry’sやBarbour、そしてワーク、ミリタリー物等、まだ店頭に出していないVintageアイテムを24日から一挙に並べていきます。

詳細は追ってこちらのブログでご紹介致します。

KENNETH FIELD / 50′s SPORTS COAT / FOX HOP SACK

2017.02.17 Friday 20:51:36| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,未分類

2月に入り、着々と各ブランドから新作アイテムが入荷している中、Archでは欠かす事の出来ない”ネイビーのジャケット”KENNETH FIELDの50′s SPORTS COAT / FOX HOP SACKも入荷しております。

ネイビーのジャケットは男なら必ずワードローブに必要なアイテム。僕もお客さん時代から憧れていたジャケットだったので即購入。(笑)

パッチ&フラップポケット、三つ釦、二段返りといったクラシックな米国のジャケットを彷彿させるディテールに対して生地を英国のFOX BROTHERSを起用する所がKENNETH FIELD流。

ザックリとしつつも柔らかいホップサック地は着用を重ねる事で体に馴染んでいきます。

背抜きの使用も春〜夏にかけて快適に着用出来る嬉しいディテールの一つですね。

DSC03661-400x265

カラーがネイビーという点も非常に大事なポイントの筈。

ベーシックなカラーだからこそ細いディテールに拘りたいという方も多いのではないでしょうか?

KENNETH FIELDのジャケット=フォーマルという印象をお持ちの方も少なからずいらっしゃると思います。

しかし、あくまでもSPORTS COST(カジュアル)なので合わせ方は多種多様だと思います。

直球にグレーのスラックスで合わせるのも◎。

_DSC2050Color NAVY
Material FOX BROTHERS / HOPSACK WOOL
Size 34 / 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥99,000-+tax

今季、別注という形で製作して頂いたKENNETH FIELDのGurkha Trouserとも好相性。

_DSC2052

ザックリとした生地感を活かし、軍パンやデニムと合わせてカジュアルに着こなすのもアリですね。

_DSC2051

_DSC206050′s SPORTS COATと一緒にKENNETH FIELDの新作アイテムが続々入荷しております。

コーディネートでも登場しました別注のGurkha Trouserは絶品です。
生地のpanama clothは夏でも心地よく着用していただけると思います。
詳細は追ってこちらのブログにてご紹介させていただきます。

まずは是非店頭で手に取ってご覧になってください。

 

Arch 松本

rdv o globe / BOB GILET.

2017.01.24 Tuesday 16:13:27| Author:admin| Categories:rdv o globe,未分類

昨年好評だったrdv o globeのBOB GILET.が今年も素材を変えリリースされています。

_DSC0425
Color BLACK / NAVY
Size Ⅰ (S) / Ⅱ (M) / Ⅲ (L)
Price ¥26,000-+tax


_DSC0448

生地はコットンとポリエステルによる混合素材。
しっかりとしたハリのある生地は今時期からでも着用出来そうな印象です。

_DSC0422

特徴的なアシンメトリーでエレガントな前身頃。

大きくラウンドしているディテールは19世紀のヨーロッパの貴族の洋服によく見られるディテール。ただエレガントなデザインという訳でなく身体を動かす際にストレスを感じさせないディテールでもあります。

_DSC0427
ヨーロッパの古いワークウェアで見られる大き目のフックは、敢えてフック、ボタンを締めないでラフに着用して頂く着方もおすすめです。マチが設けられたフロントの2つのポケットは休日は手ぶらで出掛ける僕にとって嬉しいディテールです。機能面だけでなく、マチがある事でフロントにさり気なく主張している点もこのアイテムの憎い所です。

_DSC0458

大きくラウンドしているディテールはフロントだけでなく、背面にも採用されています。二重にする事で背面が開き、とても身体を動かしやすい仕様になっています。_DSC0433

_DSC0442一枚で着用するのも勿論ですが、ベストの醍醐味はやはりレイヤリング。
ヨーロッパの土臭いアイテムとの相性は言うまでもありません。

僕らも今まで沢山のヴィンテージを見てきましたが『貴族の洋服とワークウェア』のような正反対の洋服が融合する事は当時は考えられなかったと思います。そして今の時代にrdv o globeが昇華させたこのベストはヨーロッパの洋服を知り尽くしたデザイナー前淵氏だからこそ出来るアイデアであり、アイテムだと思います。

Archでは開店当初から欠かす事の出来ないヨーロッパヴィンテージ。
僕らのスタイルにハマらない訳が無いと考えています。

 

Arch 松本