Blog from ArchStyle » _BRAND(H-N)|archstyle|Arch アーチ

MARIA RUDMAN NEW IN!!

2019.07.19 Friday 21:53:23| Author:admin| Categories:MARIA RUDMAN

北スカンジナビア半島・ラップランドの先住民族サーミ族。

彼女達の生活している環境は決して過ごしやすい環境ではなく、その過酷な気候の元トナカイと生活を共にしています。

IMG_6506

IMG_6488

IMG_6516-1(ドラッグされました)

1月にオーダーしてきたMARIA RUDMANの1部が入荷致しました。

駆け足でご紹介させて頂きますので、ご覧下さい!

IMG_2110

IMG_2128

JUNE 
COLOR / BLACK , GREY 

IMG_2122

NEW!! AUGUST TITAN BLUE

IMG_2132

左 AUGUST SILVER 
右 JANUARY SILVER 

IMG_2162

NEW!! ANN , SUSSANNA archive Collection

IMG_2163

NEW!! ASE MIX archive collection

IMG_2164

SAMI-L SUSSANNA archive collection

IMG_2166

NEW!! ANN archive collection

IMG_2217

THE SHOWRING

クラシック・ラインの新作や前回もご紹介させて頂きましたARCHIVE COLLECTIONも今回は追加になっております。

「NEW!!」と記載されているモデルはARCH初展開のモデルとなります。

作り手の減少や希少性も去ることながら、夏季の軽装にも映える1本を探しにいらしてください。

前回も触れていますが疲労の蓄積により手の腱鞘炎になってしまった「SUSSANNA」、もう引退してしまっている「ANN」。

文化を継承するために努めてきた彼女らの恐らく最後になるであろう作品達は、この機を逃すと手に入れることは出来ません。

サーミ族の伝統的な編み柄は独特のものがあり、どれも魅力的なものばかり。

数あるモデルの中から自分のインスピレーションで選んだアイテムは、きっと自分にとって特別な1本になる筈です。

ARCHでは2010年よりお取り扱いさせて頂いている「MARIA RUDMAN」。

今や聴き慣れた方もいらっしゃるかと思いますが、今一度、その魅力に触れてみては如何でしょうか??

気温が上がりきってしまう前に、夏の準備をしにARCHへ遊びにいらしてください。

お待ちしております。

ARCH 近谷

KLASICA 19AW NEW ARRIVED

2019.07.15 Monday 19:03:23| Author:admin| Categories:KLASICA

スクリーンショット 2019-07-15 16.07.38

”US MAIL BAG”

古くから、アメリカの郵便局で使われていたレザーのバックは、実際に当時の配達員が愛用していたものです。
ヴィンテージの物となると、今では殆ど目にする事が少なくなりました。

機能的な面を考えると今ではより軽い素材を使っている思いますが、無骨で頑丈な作りになっている古き良きMAIL BAGは、男心くすぐります。

そんなヴィンテージのUS MAIL BAGにフォーカスして製作されたのが、KLASICA “MAIL 9″です。

L1001985

実は、久々のリリースとなる”MAIL 9”。

10年程前、ARCHがKLASICAの展開をスタートした当初から、定番で提案していたバックです。

僕も初めてARCHで購入したアイテムは、このMAIL9でした。

お客さん時代に街を歩いてる時に、このバックを愛用している人を偶々見つけ、その時は何のバックか分からなかったのですが、何とも言えない、圧倒的な存在感に、直ぐに目で追っていました…まさに一目惚れでしたね。

どこで購入出来るのかと悶々としていたある日、偶然ARCHに行った際に、このMAIL 9と出会いました。

そんな思い出深いアイテムが、今季再登場しとても高揚した気持ちになりました。

L1001987

L1001989

IMG_1939

 

オリジナルヴィンテージのディテールをそのままに、重厚でいて無骨な表情が漂っています。

より普段使いがしやすい様に改良されているのが、落とし込んでいるカウレザーです。

イタリア・トスカーナ地方で鞣されたレザーは、植物性のベジタブルタンニング鞣しで極上のレザーに仕上がっています。
この地方のレザーと言えば、GUIDI&ROSELLINIが有名ですよね。

肉厚でいて柔らかさのあるレザーは、見た目以上に軽くバックの重さはそこまで感じません。

IMG_1936

IMG_1927

IMG_1929

IMG_1932

IMG_1942

真鍮のパーツも、このバックの魅力の一つでしょう。

シンプルな作りの中にある、男臭い力強さのあるデザイン。
クラフトマンシップ溢れる荒さを感じる作りにこそ、ヴィンテージと同様の魅力を感じます。

IMG_1925
COLOR BLACK
PRICE ¥118,000+TAX

L1002069

L1001919

ベルトが、二つ付属しているので、使うシーンに合わせて持ち手の長さを変えてみても良いと思います。

今ブログを書いている最中ですが、既に問い合わせを多く頂いているアイテムですので、お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA / SH-031

2019.07.3 Wednesday 18:54:05| Author:admin| Categories:KLASICA

ヨーロッパヴィンテージに精通し、用の美を宿したものをデザインソースに製作するKLASICA。
KLASICAの洋服はいつ見ても生地や洋服の雰囲気が新鮮で驚かされてばかりです。

本日ご紹介するのは綿和紙を用いたSH-031。

L1008695
COLOR CHARCOAL
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥36,000-+TAX

フレンチのセーラーシャツをベースにしながらも絶妙な塩梅で構成された洋服は別物に生まれ変わります。

近年、綿和紙の素材を用いた洋服を少しずつ見かけるようになりました。
ブランドの特色により、同じ素材でも全く異なった見せ方をしてくれます。

COTTON50%,PAPER50%で製作されたこのシャツの最大の魅力は何と言ってもこの美しいシワ。

L1001441

この生地だからこそ、KLASICAらしい洋服が生まれるのだと改めて感じさせてくれる綿和紙は墨染、顔料染めを施し、徐々に退色していきます。
顔料染めによる軋みや色のムラが男心をくすぐられます。

また、サラッと羽織ることの出来るこの素材は軽く、ストレスを感じさせません。
吸水速乾性にも富んでいるので夏場には重宝しそうな一着。

L1001443

L1001449

ボタンは全てループボタン使用。
細かな部分にもクラシックなディテールを施している一着は襟をスタンドカラーにすることにより、野暮ったくなく、すっきりと見せてくれます。

L1001442

胸のポケットも深さがあり、スマートフォンも難なく収容可能。
これからの時期に収納に困る方も多いのではないでしょうか?
パンツのポケットに財布などは収納出来るのですが、スマートフォンやタバコのしまいどころに困る僕にとっては嬉しいディテールです。

L1001444

L1001445

L1001446

裾の前後差を設けている為、タックインもよし、タックアウトも自然に落とし込める汎用性の高さも魅力です。
僕は軍パンにサラッとタックアウトでサンダルなんかが今の好みです。

L1001294
CAP / JONATHAN RICHARD
SHIRT / KLASICA
INNNER / Merz b. schwanen
PANTS / FRENCH ARMY

手で施しているシワ加工は空気を含み、柔らかい印象。
ゆったりとしたシャツは中にボーダーのカットー、ショートパンツでも◎

シンプルになる夏だからこそ素材により興味がそそられてしまうのでしょうか。

いい意味でいつも期待を裏切ってくれるKLASICA。
SH-031は風合いの良さが一層際立ち、枯れた表情を見せてくれます。
退色していき、より豊かな表情になって行くのが楽しみです。

是非店頭で袖を通してみて下さい。

ARCH 上田

MOJITO GULF STREAM PANTS & ABSHINT SHIRT

2019.06.25 Tuesday 17:35:22| Author:admin| Categories:MOJITO

ここ札幌もようやく夏のような日差しが差し込んで参りました。

気温が急に上がったと同時に、夏に穿くボトムスやトップスを探されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、MOJITO GULFSTREAM PANTS , ABSHINTH SHIRT 追加入荷分をご紹介させて頂きます。

image-300x400

こちらはライフルを持ったヘミングウェイの資料。

太めのベルトをトラウザーズの上に大胆に巻いています。が、実の所このパンツは、ベルトループが付いているタイプです。
ヘミングウェイはどんなパンツでもループを通さずに、ベルトを巻くのがマイスタイルだったそうです。

そんなバックボーンからインスパイアされ製作されたのが”GULF STREAM PANTS”。

L1001183

L1001197

GULF STREAM PANTS Bar.13.0
COLOR / WHITE 
SIZE / S , M , L
PRICE / ¥29,000-+TAX 

ARCHでも毎シーズンオーダーさせて頂いている”GULF STREAM PANTS”ですが今季の素材は特に夏らしく、WHITEの色味も相まって涼しく穿くことが出来ます。

深めに取られた股上と、ゆったりとかかるテーパードは、スラックスが苦手な方こそ穿いて頂きたい1本です。

L1001271

素材にはナイロン65%,リネン35%の混紡素材を採用。

肌に感じる接触冷感は、非常に気持ちよくストレス無く穿くことが出来ます。

色味は白と言っても、照れるような色味、シルエットではない為嫌な印象は受けません。

L1001265

L1001273

腰回りに付属したベルトは、同素材、親子Dカンの組み合わせにより嫌味なく主張してくれます。

夏はどうしても単調な装いになる為、腰回り一つのディテールも非常に映えアクセントに。

取り外しが可能な為付属のベルトを使用しても良し、ブラウンの革のベルトやキャンバスベルトなんかも良いですね。

続いては追加で入荷したお馴染みアブサンシャツをご紹介させて頂きます。

L1001176

ABSHINT SHIRT
SIZE / S,M,L
PRICE / ¥24,000+TAX

なんともアメリカらしいBLACK×WHITEのチェックのこちらは、リネン100%。

強撚(強く糸を縒り合わせた)糸を使用し、表面には独特なシボが見られます。

シワによって生まれる凹凸は、肌に触れる面積が少ない為、夏にも涼しく着て頂けます。

L1001278

この生地もまた、着用と洗濯を繰り返す事で生まれる経年変化が楽しみな1枚です。

アブサンシャツは、やはり僕たちスタッフ間でも非常に愛用者が多く、その着こなしのバリエーション等は是非店頭にてお話させて頂けますと幸いです。

スタイルを感じる分、様々な自分なりの解釈で色を出せるアイテム。

是非この機会にワードローブに追加しては如何でしょうか?

L1001261

店頭にはアブサンシャツが豊富にございます。

本当に汎用性の高いアイテムなので、是非お試し下さい。

L1001193

DSC1821-264x400

DSC1879-264x400

DSC1893-264x400

DSC1900-264x400

IMG_6487

IMG_6502

L1000270

L1006389

L10099811-266x400

L1007058-266x400

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

ARCH 近谷

JAMES LOCK PANAMA HAT

2019.06.15 Saturday 16:32:35| Author:admin| Categories:JAMES LOCK

IMG_0840

英国の歴史ある帽子メーカー「JAMES LOCK」。

本日はJAMES LOCKのパナマハットをご紹介致します。

帽子の歴史=JAMES LOCK と言われるほど老舗中の老舗であることは言うまでもありません。

L1000539

L1000822

IMG_0837

IMG_0831

そんなJAMES LOCKより定番のPANAMA HATが入荷致しました。

いわゆる”パナマハット”とは、エクアドル原産で織られたものに限り使用される呼称です。

[JAMES LOCK]のパナマハットは、エクアドルの小さな町・モンテクリスティで手織りされたスーパーファインパナマを使用しており、通常のパナマよりもきめ細かく、滑らかな風合いは最高品質と評価されております。

ちなみに、今季の入荷でARCHでのお取り扱いは最後になるかもしれません、、、

L1000810

CLASSIC PANAMA HAT
SIZE / 58,59,60
PRICE / ¥73,000-+TAX

非常にクラシックな佇まいの”CLASSIC PANAMA”。

直球にドレス・スタイルに被るのも勿論粋ですが、無骨なミリタリーテイストのアイテムと敢えて合わせる事で、街中にも難なく溶け込みます。

「過去に別のブランドの物でパナマハットを所有していましたが、湿気等で形が崩れてしまい手放してしまった事があります、ですがJAMES LOCKを愛用していてソレに陥った事はありません。」

と、3年間クラシックパナマを愛用している宅見談。

L1000787

JACKET / FRANK LEDER 
SHIRT / THE INTERPRETATION BY ARCH 
BOTOMMS / sus-sous

「FRANK LEDERのジャケットにパナマハット」のスタイルは、僕が入社してからずっと宅見を印象付けているスタイルだと感じています。

ミリタリーテイストシャツ+ラペルドジャケット+ミリタリーテイストパンツ+革靴」。

いい意味で肩の力が抜けていて、でもジャケットを羽織りパナマハットを被るスタイルでは他と被らないスタイルだと思います。

L1000807

SINATRA HAT
SIZE / 61
PRICE / ¥65,000-+TAX

フランク・シナトラが被っていた事に由来する「SINATRA HAT」。

ポークパイ・スタイルのこちらのハットは、よりブリティッシュテイストで、クラシックな装いにも非常に映えます。

L1000769

JACKET & TROUSERS / ANATOMICA 
SHIRT / Turnbull & Asser shirts
TIE / Drake’s

僕は、ベージュのセットアップに合わせてみました。

書籍「gentreman」に出てきそうな雰囲気を意識しブリティッシュにコーディネート。

「古臭い」と言えばそれまでかもしれませんが、ここまで歴史のあるJAMES LOCKの帽子を被る際に、クラシックなスタイルを先ずは体現したい、という気持ちは常に持っていたいのが本心です。

L1000811

SAVANNA PANAMA
size / 59, 60
PRICE / ¥65,000-+TAX

ポークパイでつば広のタイプの「サバンナパナマ」。

クラシックな雰囲気も醸し出しながらややカジュアルな印象も持ち合わせたこのハットは、幅広いコーディネートに対応してくれます。

L1000781

SHIRT / OLDMAN’S TAILOR
BOTTOM / US ARMY

リネンの開襟シャツに、サラッと合わせてもコーディネートに品が出てオススメです。

クラシックに合わせるのも勿論オススメですが、ややルーズなスタイルにもこのサバンナパナマは1味加えてくれます。

L1000806

ACAPULCO HAT
SIZE / 58,59,60
PRICE / ¥55,000-+TAX

メキシコのリゾート地「アカプルコ」の名前がついたポークパイ・パナマハット。

このアカプルコ・パナマは色味がやや茶色掛かっており、太めの1周しているリボンが特徴的なアカプルコパナマは、ツバが短く、ミニマルにコーディネートがまとまる印象です。

DSC1472-264x400

COAT / OUTIL 
OVERALL / FRENCH VINTAGE
INNER / Merz b.Schwarnen

FRENCH WORKER STYLEにもアカプルコパナマを被る事で、グッと上品な印象に。

その日のコーディネートは、帽子1つでその印象がガラッと変わります。

帽子ほどその人自身を印象付けるアイテムはそう無いと思います。

著名人も愛用していた「JAMES LOCK」。

古き良き文化を、ダイレクトに感じて頂けますと幸いです。

皆様も是非自分のスタイルに合ったお気に入りの一点を探しにいらして下さい。

ARCH 近谷

 

James Mortimer Irish Linen

2019.06.13 Thursday 14:27:13| Author:admin| Categories:James Mortimer

L1000716

アイルランドのカスタムシャツメーカーである【JAMES MORTIMER】

1894年創業の老舗シャツメーカーは、多くの有名ブランドのシャツの生産を請け負っています。

僕もそのブランドのシャツを所有していますが、縫製と素材の上質さが素晴らしく、今でも愛用しています…恐らく10年前くらいに買ったはずです。

当時はそのシャツが、実はJAMES MORTIMERが生産しているとは全く知りませんでしたが笑

一点一点丁寧に生産されるMADE IN IRELANDのシャツ、ARCHでは毎シーズン春夏のみリネンファブリックで提案しています。

L1000708
COLOR NAVY / BLACK / BROWN / NATURAL
SIZE 38 / 40 / 42 / 44
PRICE ¥23,000+TAX

L1000712

程よい肉感のあるリネンファブリックは、”IRISH LINEN”によるものです。

アイルランド産のリネンは、繊維が細く非常に滑らかであり柔らかな素材感なのが特徴です。
摩擦にも強く丈夫な素材なので洋服だけではなく、ベットシーツ等にも使われる事が多い素材としても知られています。

リネンと聞くと繊細なイメージがあると思いますが、JAMES MORTIMERのこのリネンシャツは、家で洗濯し洗いざらしで着倒せる程、タフな素材です。

ARCHでは、スタンドカラーのデザインのみ4色で展開しています。

DSC0613-264x400
COLOR NATURAL

DSC0592-264x400
COLOR BROWN

L1009265
 COLOR BLACK

L1009270
COLOR NAVY

シャツとしての役割は勿論のこと、ボタンを開けて羽織のようにも着れます。
夏場でも肌寒い時期が続く北海道には、ジャケット変わりとして重宝するアイテムだと思います。

一枚愛用してしまうと2枚3枚と….

買い足したくなってしまう汎用性の高さがこのシャツ一番の魅力かもしれませんね。

ARCH 宅見

HANNA HATS / 8 PIECE CAP

2019.06.6 Thursday 17:07:31| Author:admin| Categories:Hanna Hats

Archでは定番のアイテムHANNA HATSの8 PIECE CAPが今夏も入荷致しました。
毎年買い足しているという方も多いのではないでしょうか?

今時期には欠かすことの出来ないリネン素材は涼しげを感じるアイテムです。

L1000305

今期もカラーバリエーション豊富に揃っています。

L1000316

COLOR SAIGE / CARAMEL / NATURAL
SIZE L
PRICE ¥7,800+TAX

L1000323
COLOR NATURAL

L1000324
COLOR CARAMEL

L1000330
COLOR SAGE

アイリッシュリネンを用いたキャスケットははじめこそボリュームがありますが、着用や洗いを繰り返すことで、徐々に馴染みます。

リネン素材ならではのシワの入り方など自然に生地の変化が楽しめるのも相棒としてうってつけであり、愛着が湧きます。

L1000310
COLOR NAVY / BLACK
SIZE L
PRICE ¥7,800+TAX

L1000321
COLOR NAVY

L1000328
COLOR BLACK

ベーシックに被れるブラックやネイビーは持っていると重宝する一つ。
初めての方にこそオススメです。

L1000318
CAP / HANNA HATS
SHIRT / TEH INTERPRETATION BY ARCH
PANTS / JANGLE FATIGUE PANTS
SHOES / ALDEN

個人的には軍パンやワークジャケットにさらっと被るのが好きです。
もちろんタイドアップスタイルにも非常に相性の良い一枚です。

元はワークなどで使われていた背景を持つ8枚継ぎキャスケットはタフで長年愛用出来ます。
日常的に気兼ねなく落とし込めるキャスケットは様々なスタイルに被ることができ、玄関先にかけておいて出かける時に被る、それぐらい汎用性の高いアイテムです。

自分には似合わない、どんな帽子を被っていいのか分からないという声をたまに聞きますが、そういった方にこそ被って欲しいキャスケットです。

僕自身も最初は似合わない気がすると食わず嫌いになっていましましたが、それをどんな風に合わせるか考えるのが洋服の醍醐味でもあるのではないでしょうか。
日々被るごとに自然と馴染んでいき、今となっては欠かすことの出来ないキャスケットになっています。

irving-penn2-297x400

長きにわたり、変わらずにモノづくりをしているという所に信頼を置けるキャスケット。
アイルランド生産に拘り作り続けるHANNNA HATSは毎年すぐになくなってしまうアイテムでもあります。
是非お早めにご覧ください。

また、先ほどの写真でもHANNA HATSに合わせて履いていた軍パン、US ARMY JANGLE FATIGUE PANTSもDEAD STOCKのコンディションで入荷しております。
REGULAR-SMALLというグッドサイズで、このサイズで入荷することはなかなかありません。

L1009248
US ARMY JANGLE FATIGUE PANTS
COLOR OLIVE
SIZE REGULAR SMALL
PRICE / ¥28,000+TAX

軍パン界の501といっても過言ではないアイテムだけに、ぜひ押さえておいてほしい一着です。
夏場にさらっと履くことができ、革靴はもちろんのこと、ユッタニューマンに相性抜群。

L1009245

HANNA HATS、JANGLE FATIGUE PANTSどちらも着用するごとに馴染み、その経年変化は着る人により千差万別です。
自分だけの愛着のある雰囲気にぜひ育てて下さい。

そして系列店のgenreでは身体にまつわることと題したイベントを3ブランド合同で来週末から行います。
ぜひ合わせてチェックしてみて下さい。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4a52-Youniforme-
6/14(Fri)~6/16(Sun)
in genre

genre
営業時間 :10時〜19時
定休日 :木曜日
住所 :〒060-0061
北海道札幌市中央区南1 条西13丁目 三誠ビル1F

ARCH 上田

MOJITO / ABSHINTH SHIRT ~HIROFUMI YAMASHITA exclusive~.

2019.06.3 Monday 19:58:24| Author:admin| Categories:MOJITO

今回ご紹介させて頂くのは、もう既にINSTAGRAMではご紹介させて頂いていますがMOJITO・山下さん特注”ABSHINTH SHIRT”。

全国でARCHのみ販売させて頂いているこちらのモデルは、一見は派手に写るかもしれませんが着てみると馴染むお客様が多くいらっしゃると思います。

L1000255

MOJITO / ABSHINTH SHIRT
COLOR / BLACK
FABRIC / LINEN 100%
PRICE / ¥25,000-+TAX

L1000259

柄は、「紫陽花」。

山下さんが単色の紫陽花柄に惚れ込み作成に至った、特別な1枚です。

黒地に生成りで淵取られた紫陽花柄は、なんとも印象的でどこか男らしさも感じます。

L1000272

L1009981

スタッフ 近谷 、上田 SIZE S 着用

サラッと1枚で着るもよし、秋口になるとFANNNI LEMMERMAYERのカーディガンなんかを合わせても良いかな、とコーディネートを考えるのが楽しい1枚です。

LENEN 100%の生地は着ると接触冷感が気持ち良く、真夏にも非常に重宝する筈です。

アメリカの50年代頃を彷彿とさせるオープンカラーシャツに、日本の奈良時代から歴史に残っている紫陽花。

和洋折衷なこのシャツは、アメリカ物も好き、日本の歴史も好きな僕たちにとっては心に響くアイテムではないでしょうか??

IMG_4638

LIGHTNING 7月号

ライトニング 7月号 にて今回のアブサンシャツが紹介されております。

非常に面白い内容となっておりますので、是非目を通して見て下さい!

クレジットは、ARCHになっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ARCH 近谷