Blog from ArchStyle » _BRAND(H-N)|archstyle|Arch アーチ

KLASICA /FLAP-NL

2017.08.2 Wednesday 14:54:57| Author:admin| Categories:KLASICA

イギリスの最も伝統的なワークジャケットと言えば…
真っ先に頭に思い浮かべるのは”BARBOUR”ではないでしょうか。

代名詞とも呼べるオイルドジャケットを筆頭に、ワーク・スポーツウェアーのカテゴリーで名品を生み出してきたブリテッィッシュトラディショナルな1着と言えるでしょう。

スクリーンショット 2017-08-02 12.14.39

スクリーンショット 2017-08-02 11.52.44

そんなBABOURの中でもフィッシング用に開発された”SPEY JACKET”。

水中に浸かっても邪魔にならない着丈の短さが特徴的なジャケットは、まさに理にかなった1着だと思います。

そんな機能美を感じる”SPEY JACEKT”をベースにして作られたのが、今回紹介しますKASICA”FLAP-NL”です。

IMG_0300COLOR OLIVE
SIZE 2 / 3 / 4

着丈のアンバランスさポケットの配置等、オリジナルに忠実なデザインの中で、大きく違うのは襟のディテールと素材感。

_DSC0717
IMG_0302
_DSC0700
BARBOURを象徴するコーデュロイの襟に対して、潔く襟を無くしたノーカラーの仕様にしているのがこのジャケットの面白いところ。

ミリタリー物のブルゾン感覚で着れるので、着丈の短さはあまり気になりません。

圧縮加工を施したナイロンウェザー生地は、とても撥水性に富んだ素材です。

_DSC0709
_DSC0711
_DSC0706

随所にKLASICAらしいディテールを組み込んでいるのもこのジャケットの魅力です。

ダブルジップの仕様も気の利いたディテールだと思います。

_DSC0722SWEAT rdv o globe
TROUSERS rdv o globe

ファッションアイテムではないギアとしてのウェアーを、モダンな佇まいに昇華させた”FLAP-NL”。

シーズンを気にする事なく気軽に羽織れる1着に仕上がっています。

そして同素材を用いたバック”SUBB”もお勧めのアイテムです。

IMG_0304COLOR BLACK / OLIVE

イギリス軍に支給されていたモノをベースに製作されたこのバックは、とても収納力に長けています。

ファスターを開けると中で4つに分けらており、使い勝手がとても良いです。

素材がナイロンなので、重さもなく天候すらも気にせずに持てるのも嬉しいとことではなでしょうか。

IMG_0305
_DSC0766
_DSC0761
ARCH 宅見

KLASICA 2017AW “RE-TOILE”

2017.07.25 Tuesday 10:31:47| Author:admin| Categories:KLASICA

“RE-TOILE”

スクリーンショット 2017-07-24 21.08.24

re-make, restore, repair

we think about our starting point of KLASICA
How do we do on near approach to imagine new collection…

KLASICA の手法のルーツを思い起こした。
そのエッセンスを織り交ぜながらのコレクション。

BY KLASICA 2017AW COLLECTION

ヨーロッパヴィンテージのリメイクから始まったKLASICA。

今季のテーマは、ソレを色濃く反映させたアイテム群が揃います。
早速2017AWの新作が入荷してきました。

その中から、前シーズンでも好評だった”CIRCA”を本日は紹介します。

IMG_5009-400x357

こちらの写真は、1900年代初頭のフランスのワークジャケットです。
ノーカラーの襟元が珍しく、当時音楽家が着ていたとされるものだそうです。

ARCHでは資料的扱いでずっと展示していたアイテムで、KLASICAデザイナー河村氏がARCHに来て頂いた際に、気に入って購入してくださったアイテムです。

こちらのワークジャケットをベースにして製作されたのがまさにKLASICAの”CIRCA”。

僕らにとっても感慨深くとても嬉しい話です。

IMG_0262COLOR BLACK
FABRIC CAVALRY TWILL BY BRISBANE MOSS
SIZE  2 / 3 / 4

オリジナルのヴィンテージを忠実に表現したCIRCA 。

着丈の短さとアームの太さが特徴的な1着は、当時オートクチュールで仕立てられた様なアンバランスさが魅力です。

IMG_0267
IMG_0273
IMG_0271
素材には、英・brisbane moss社のキャバリーツイル通称・ライコットンと呼ばれる生地を使っています。
格子状になった素材感が独特で、肌触りの良いツイル生地がイギリスらしさを感じます。

IMG_0274

前回とデザイン等に変更はないですが、唯一変わった点はボタン裏の力ボタンです。
レザーの留め具になりより雰囲気が増しています。

_DSC3767
細かいディテールにこそ、作り手自身の拘りや魂が宿っている様な気がします。

こういったさりげない部分に個人的にはても魅了されてしまいます。

_DSC3747SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS BONCOURA

秋冬のアイテムではありますが、コットン100%なのでこの時期の肌寒い夜には丁度良い素材です。

この手の通年使える素材は、1枚は持っておきたいところではないでしょうか。

こちらのアイテム以外にも新作のアイテムが入荷してきておりますので、是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

JAMES LOCK

2017.07.2 Sunday 21:14:18| Author:admin| Categories:JAMES LOCK

_DSC3057

夏の定番として欠かせないアイテムの1つが、JAMES LOCKのパナマハットです。

世界最古の帽子メーカーとして知られる”LOCK&CO HATTERS”。
JAEMS LOCKと呼ばれるのは、ロンドンのJAMES STREET にお店を構えている事から由来しています。

数々の署名人を顧客に持つ老舗ハットメーカーが作るパナマハットは、名品と呼ぶに相応しいアイテムです。

【CLASSIC PANAMA】
_DSC3061 SIZE 59 / 61
PRICE 65,000+TAX

IMG_0074

エクアドル産のパナマ草を伝統的な手法で織っていきます。
この工程の全てがハンドメイドによるものです。

パナマハットを生産するにあたって、毎年JAMES LOCKが認めた良いパナマ草が取れなければ製作しないそうです。

そういった面にも老舗帽子メーカーの拘りを感じます。

_DSC3049

【SAVANNAH】
_DSC3069SIZE 59 / 60
PRICE 65,000+TAX

_DSC3078

こちらは定番のポークパイハットのツバが広いタイプです。
クラシックなデザインですが、この仕様になる事で被りやすくなっています。

_DSC3067
僕自身も気に入って愛用しておりますが、形がくずれない事にもとても驚いています。

最高品質のパナマ草を使って作られる故だと毎年被る度に思わされます。

【MONACO】
_DSC3080SIZE 59 / 60
PRICE 28,000+TAX

IMG_0080

こちらはコットンキャリコ素材が用いられたライトなハットです。
この素材なので、ガシガシ気兼ねなく被れるのが最大の魅力です。

こちらのMONACOも約5年程愛用しておりますが、1年に1回程洗って使っています。
この色味ですが未だに現役です笑

トリコロールのリボンの配色も気に入っています。

_DSC1442
軽装になるこの時期ならこそ、スタイルのある帽子を被るとアクセントになり、コーディネートの幅が広がると思います。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

Merz b. Schwanen 206 buttun facing

2017.06.30 Friday 21:11:39| Author:admin| Categories:Merz b.Schwanen

IMG_0044
お客様に良く着ているカットソーはどこですか?
とご質問を頂く事があります。

僕らスタッフが満場一致でお答えするのが、”Merz b Schwanen “のヘンリーネックです。

着心地の良さもそうですが、何よりも耐久性に優れたタフな面に惹かれて頻繁に愛用しています。

特に”206 buttun facing”のロングスリーブタイプは、通年使える優れもの。
何色持っていても良いくらい使い勝手が良いです。

IMG_0047COLOR NAVY / CHARCOAL / GREY / NATURAL
SIZE 4 (S)/5(M) / 6(L) / 7 (XL)
PRICE 14,000+TAX

IMG_0037
クラッシックなコットンテープと脇の下に縫い目のない丸胴の仕様がこのカットソーの特徴です。
洗濯を繰り返してもカットソー特有の”ねじれ”が起こらないのも長く愛用できる部分だと思います。

_DSC0179 COLOR NAVY
BOTTOMS FRENCH ARMY M-47 PANTS

_DSC0174 COLOR NATURAL
CARDIGAN JOHN SMEDLEY

_DSC0190 COLOR GREY
JACAKET  US ARMY M-43 JACKET

_DSC0192 COLOR CHARCOAL
CARDIGAN&PANTS  FRANK LEDER

正直な所、どんなスタイルにもハマるカットソーです。笑
この時期ですと袖を巻くって1枚でも着れますし、シャツのインナーとしても最適です。

個人的には、シャツやカットソーは袖を巻くって着るのが好きなので、Merz b.schwanen 206はリブになっており袖が落ちてこないのも気に入っています。

是非一度お試し頂きたいアイテムです。

ARCH 宅見

KENNETH FIELD / Cote d’Azur

2017.06.8 Thursday 17:37:54| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

KENNETH FIELDでは春夏の定番として人気の高いポロシャツ、「Cote d’Azur(コートダジュール)」が入荷しました。

いわゆる「フランス型」のCote d’Azur(コートダジュール)はワニマークのフランス製ポロシャツがベースとなっており、僕らのスタイルには欠かせないアイテムの一つです。

_DSC0696Color / WHITE
Size / XS / S / M / L / XL
Price / ¥12,800+tax

鹿の子素材の非常にシンプルなデザインが特徴のCote d’Azur(コートダジュール)は、シンプルなデザインの中にもKENNETH FIELDのディレクションを務めている草野氏の拘りを感じます。

_DSC0747

_DSC0748少し長めに設計された袖、裾はトラディショナルな雰囲気を残しつつ、上からジャケットを羽織ってもバランスの良い一枚になっています。

_DSC0705JACKET : US ARMY M-43JACKET
PANTS : KENNETH FIELD / TRIM TROUSERS (SEER SUCKER)

_DSC0723TOPS : BONCOURA / WORK SHIRT (ベタシャン)
PANTS : US ARMY BAKER PANTS

これからの季節だと、ジャケットやシャツのインナーとしても重宝しそうです。
ミリタリージャケットやワークシャツの様な少し土臭いアイテムとも合わせやすいのはシンプルなデザインが故。

_DSC0721Color / NAVY
Size / XS / S / M / L / XL
Price / ¥12,800+tax

WHITE同様に一枚は持っておきたいNAVYも非常に合わせやすい一枚。

_DSC0711JACKET : BONCOURA / Gジャン
PANTS : KENNETH FIELD / TRIM TROUSER (BRITISH WOOLⅡ)

スカーフを巻いてフレンチカジュアルなスタイルに合わせても◎。

_DSC0740

Archでは、仏軍M-47PANTS、SAINT JAMES、キャスケットと並ぶ程の定番アイテムの「フランス型ポロシャツ」は、フレンチカジュアルなスタイルに必ず必要なアイテムです。

シンプルなアイテムだからこそ、その人のスタイルが表れるアイテムだと思います。

Arch 松本

JUTTA NEUMANN / ALICE

2017.05.31 Wednesday 21:46:12| Author:admin| Categories:JUTTA NEUMANN

久々にJUTTA NEUMANNのレザーサンダルが入荷しました。

_DSC0498
NEW YORKのアトリエで、一貫したハンドメイドによる生産を続けているJUTTA NEUMANN。

ドイツ出身のデザイナーが手掛ける無骨なレザーサンダルは、人体工学に基づいた木型が最大の特徴です。
ドイツと言えば、矯正靴や医療文化が発達しているイメージが強い国の1つであり、BIRKEN STOCKやTRIPPENがその分野で有名ではなでしょうか。

このJUTTA NUEMANNのレザーサンダルもその分野に特化しています。

土踏まず の部分がカーブした木型がその象徴と言うべきディテールです。

_DSC0489
人間の足の構造に沿ってカーブした木型は、足に吸い付くようなフィッティングを生み出します。
歩行の際に、しかっりと足にフィットし靴が付いてくる感覚は、サンダルとは思えない履き心地です。

長時間の歩行でも疲れ知らずなのが履いていてとても驚きました。

_DSC0492
正直な所、肉厚なレザーなので履き始めは少し苦労します笑

履き込めば履き込む程レザーが馴染み、自分の足の形に成っていく様な…

裸足に近い快適さにやみ付きになってしまいます。

_DSC0502
アウトソールには、BIRKEN STOCKの物を採用しています。
クッション性のあるラバー素材は、より楽な歩行を生み出します。

_DSC0507Color DARK BORWN
Size 7 / 8 / 9 / 10
Price ¥55,000+tax

_DSC0504Color BLACK
Size 7 / 8 / 9 / 10
Price ¥55,000+tax

履く期間の短いサンダルというアイテムだからこそ、最高の物を履きたいと思います。

何故ならば、夏場のシンプルなスタイルにこそ、こういった力強い雰囲気のあるサンダルを履くとコントラストが付いてバランスが良く見えるからです。

_DSC0483
ARCH 宅見

KLASICA / LINEN SHIRT

2017.05.29 Monday 20:03:15| Author:admin| Categories:KLASICA

古くから、ヨーロッパのミリタリー・ワークウェアーに使われてきたリネン生地。

ブラック・ネイビーのリネンは、僕の中でヨーロッパ、特にフランスやイギリスのイメージが強く、アメリカ物の5ポケットジーンズや軍パンに合わせて着こなしている姿にとても惹かれます。

エレガントな雰囲気を醸し出すこの素材は、ARCHでは定番として毎年欠かさずに展開しています。

今季お勧めしたいリネンシャツこそ、KLASICAからリリースされた2型のシャツです。

IMG_0110
先ずは、ラウンドカラーの襟元がイギリスらしい”SH-014″から紹介します。

【SH-014】
_DSC0509Color NAVY
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

通常のシャツ生地よりもしっかりとした厚みを感じるリネン生地。

”NAVY LINEN”という言葉だけでも惹かれてしまいますが、ディテール面においても一癖ある魅力的なシャツになっています。

IMG_0114
比翼になった前立ての仕様に加え、手がすっぽり入るポケットの様になっている2重構造が特徴的です。

着用する事で動きが出てよりリラックスした雰囲気に映ります。

_DSC0534
ラフな装いにより映えるシャツなので、ジーンズにカットソー位でも十分だと思います。

【SH-022】
_DSC0495Color BLACK
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

スタンドカラーの襟元とラウンドした裾は、ヨーロッパの代表的なシャツのディテールですね。
クラシックなデザインを襟元をカットオフする事で新鮮な印象に。

IMG_0108
ブラックリネンのアイテムこそ、夏に一役買うアイテムだと思います。

ブラックリネンに色落ちしたジーンズ…フレンチの匂いを感じるスタイルであり、万能な1枚でもあります。

是非一度試してみて欲しいアイテムです。

ARCH 宅見

IKE BEHAR / B.D SHIRT

2017.05.25 Thursday 20:59:33| Author:admin| Categories:IKE BEHAR,News!!

IKE BEHARのBD.SHIRTが入荷しました。

Archでは久しぶりの展開となるIKE BEHARは、アメリカを代表するシャツメーカーの一つですが、元々はアメリカの某有名ブランドR社のシャツを手掛けていた事でも有名です。

IMG_0085
IKE BEHARと言えば襟元のダイヤモンドステッチが専売特許とも言うべく特徴的なディテール。
これは襟を綺麗な形に保ち型崩れを防止する役割を持ちます。

_DSC0451

IMG_0088

身頃脇部分はシングルニードル。これは高級シャツの代名詞とも言えるディテールだと思います。

_DSC0424color / White
material / Oxford
size / S / M / L / XL
price / ¥16,000+tax

_DSC0358color / CANDY STRIPE
material / Oxford
size / S / M / L / XL
price / ¥16,000+tax

_DSC0441color / BLACK WATCH
material / Oxford
size / S / M / L / XL
price / ¥16,000+tax

_DSC0447color / BLUE
material / CHAMBRAY
size / S / M / L / XL
price / ¥18,000+tax

今回、入荷した4種類全てワードローブには持っておきたいカラーではないでしょうか。

made in USAでここまでのクォリティーの物を、¥16,000〜¥18,000で販売出来るシャツメーカーはそうそう無いと思います。

_DSC0437

_DSC0420

_DSC0317

_DSC0472

今も尚、この様なアメリカ製の普遍的なシャツは男のワードローブでは欠かせないアイテムではないでしょうか?

系列店、ARCH HERITAGEでは明日より毎年恒例の「INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW」を開催します。

5-19-006「INDIVIDUALIZED SHIRT TRUNK SHOW」
2017.5.26(金)〜6.4(日)
@ARCH HERITAGE

着丈、袖、肩、首回り、各箇所を細かく採寸し、お客様それぞれの体型に合わせたサイズのシャツをお仕立てします。

ずっと気になっていたけれど、サイズが合わないという方には特におすすめのイベントとなります。

是非、自分だけの一枚を作ってみてはいかがでしょうか。

Arch 松本