Blog from ArchStyle » _BRAND(H-N)|archstyle|Arch アーチ

KLASICA 2019SS “PORTRAIT OF THE STRAUM”

2019.01.9 Wednesday 21:25:52| Author:admin| Categories:KLASICA

to erase “a” line from drawing mistaking ratio.

Chasing the grazing time, I found odd points of view.

odd view in stratum of the orthodox design.

デッサンの線を一本減らす、錯覚していた縦横比率。

頭の淵をかすめるような一瞬を追いながら進んだコレクションの視点が多かった。

積み重ねられたオーソドックスな造形に少しづつ異様を残してたい。

KLASICA 2019SS COLECTION THEME

L1006238

L1006257

L1006273

L1006265

L1006249

L1006260

L1006245

僕が、ARCHに通う様になったきっかけが、KLASICAの洋服です。

20代前半のARCHに入社する以前の前社での事。

男性の来店が少なかったお店の中、一際目立つレザーのバックを持ち、オーラを放ったコートを羽織った男性が来店されました。
そのレザーバックとコートが気になり過ぎて、接客に集中していなかったと思います…苦笑

その時は、ブランドの名前などを聞かなかったのですが、数ヶ月後運命的な出会いが訪れます。

ARCHにたまたまいった際に、同じバックとコートがお店に置いてあるのを発見するのです。
その洋服が、まさにKLASICAであり初めてARCHで購入した洋服でした。

KLASICAの洋服に出会っていなかったら….と思うと感慨深いものがあります…苦笑

僕にとってはあの時から憧れの洋服の一つであり、ずっとファンの気持ちです。

IMG_0268-400x300

話が長くなりましたが…

KLASICAの洋服を見る度に思うこと…
圧倒的な存在感を放つヨーロッパヴィンテージ、ソレを目にした時の衝撃に近い感覚に陥ります。

時代を超えて残るヴィンテージウェアーには、その当時の様々な空気を含んで現代に残っています。

手作業で作られていたヨーロッパヴィンテージには、その作り手の思いが宿っているような…そんな気させしてきます。

KLASICAの洋服にも、作り手の思いが宿っている空気を感じます。

感覚的な部分かもしれませんが、身に纏うとわかるその魅力。

2019SSのコレクションもすばらしいです。

詳細は、後日ゆっくりと。

ARCH 宅見

SUIT STYLE.

2018.12.24 Monday 18:16:54| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

本日はスタッフオススメのセットアップスタイルをご紹介致します。

男ならばワードローブに1,2着は欠かせないセットアップ。

いろいろな歴史や背景が存在し、その歴史や昔のファッションアイコンのその着こなしを拝見するといつも、こんな着こなしも存在するのか、、と洋服の奥深さに気づく事が出来、さらにたのしくなります。

諸先輩方から教わるスーツの着こなしや歴史、様々な背景からインスピレーションを受け、奥行きの深さをしみじみと感じます。

セットアップの良い所は着る人によって全く雰囲気が異なる事。

トラディショナルな着こなしを好む方もいれば少し肩の力を抜いたスタイルが好みの方もいらっしゃいます。

本日は日頃着用しているリアルな僕たちのセットアップ・スタイルをご紹介致します。

L1005950

JACKET&TROUSERS / KENNETH FIELD
SHIRT / INDIVIDUARIZED SHIRT
TIE / KENNETH FIELD

スタッフ上田はFOX TWEED 50′s SPORT COAT NAVYをチョイス。

セットアップながらも非常にタフな英・FOX BROTHERS&Co 社製TWEEDはここ北海道では非常に重宝します。

L1005951

パッチアンド・フラップのジャケットはいつになっても飽きる事なく付き合っていく事が可能です。

コーディネートで意識した部分は、
「ベーシックな色合いながらも、生地はがっしりとしたツイードなので、タイは光沢感のあるもので少し遊びが効いた柄を取り入れるようにしました。」

と上田談。

ちなみにこのコーディネートに合わせる靴は「同系色のブラックのサドルシューズ」だそうです。

L1005973

JACKET&TROUSER / KENNETH FIELD
TIE / KENNETHFIELD

SHIRT / INDIVIDUARIZED SHIRT
SHOES / CHURCH

僕近谷はFOX BROTHERS&Co FRANNAL DOUBLE BRESTED & TROUSERSをチョイス致しました。

上品な印象のNAVY FRANNEL。

ネクタイの素材、シャツの素材、内羽のレザーシューズで上品さと男らしさを意識してみました。

ダブルのジャケットはどこか大人な印象を受けており、僕にはまだ早いと思っておりましたが格好良い着こなし方を模索中です。

スクリーンショット 2018-12-23 12.11.21

まずは正統に着こなす事を意識し、ワイドスプレッドカラーのシャツにシルクのVINTAGE柄のTIEを選びました。

ダブルに仕上げたトラウザーズのダブル幅は身長に合わせて4cm(低身長でなければ4.5cmがKENNETH FIELD流)。

KENNETH FIELD草野さんに教えて頂いたスーツの着こなしをお客様と共に学ばせて頂いており、ルールやバランス感等すこし意識を変えるだけでガラッと印象が変わります。

L1005976

L1005982

COAT / S.E.H KELLY
JACKET&TROUSERS / KENNETH FIELD
SHOES/CHURCH

セットアップはいつ着れば良いか分からないという声も多く聞きますが、意外と何もない日にも着ると背筋が伸びて気持ちの良い1日を送れます。

フランネルセットアップには、内羽のセミブローグを合わせ、結婚式等、ONの場面にも◎。

セットアップはどこか恥ずかしいという気持ちやまだ自分には早いという声を多く聞きますが、遅かれ早かれ男ならば必要不可欠ですし、セットアップでどこかに出掛ける時の気分は最高ですよ。

L1006001

JACKET,TROUSERS,SHIRT,TIE / 全てKENNETH FIELD
SHOES/CHURCH

スタッフ宅見はFOX TWEED 50′s SPORT COAT GREYをチョイス。

ガシッとしたFOX TWEEDは着るシーンを選ばず、NAVYよりも重厚感のあるイメージです。

この素材の魅力として、スーツなのに「育てる」感覚が付いてくる部分です。

L1006007

僕たち3人が履いている「TRIM TROUSER」は、細すぎず太すぎず、履き心地もストレスなく履いて頂けます。

今日はセットアップでのご紹介ですが、この上にミリタリージャケットやGジャン、というスタイルはARCH流スタイルの1つです。

L1006005

CAP / JAMES LOCK
COAT / NORWEIGIAN RAIN

すこし土臭い素材も、仕立てとのバランスが良い塩梅になっているのではないでしょうか?

クラシックなアメリカントラディショナルを古臭くなく愉しむ事が出来、尚且つ日本人の体型に合わせて仕立てられた「KENNETH FIELD」のセットアップ。

「アメリカン」な形にイギリスの素材を乗せ、私たち日本人の体型までも考慮されたJACKETは、着ていて非常に安心感があります。

素材、形、色など様々なラインナップで製作されている為、それぞれのスーツスタイルを楽しんで頂ける筈です。

今年度ももう時期終わってしまいますね。

新年度に向けて、新たなスーツスタイルを探しに来てみては如何でしょうか?

ARCH 近谷

Master&Co Money Clip

2018.12.22 Saturday 21:09:52| Author:admin| Categories:MASTER&Co.

IMG_0238-400x300

MASTER&CO から、ARCHでは定番のマネークリップが入荷致しました。

廃盤となってしまったモデルをARCH別注という形で蘇らせているMONEY CLIP。

L1005935

ARCH別注 MONEY CLIP
COLOR/BLACK,BROWN
PRICE/¥15,800-+TAX

L1005936 L1005939 L1005940 IMG_0406

構造は至ってシンプルで、お札を挟むクリップと端にはホールドするレザーホルダーが付属しているだけです。

英・ブライドルレザーを用いたこの財布は、使い込む程に味が増していきます。

DSC2303-400x265

HERITAGE 岩谷が長年愛用しているこちらの製品はただならぬ雰囲気を醸し出しています。

DSC2306-400x265

小銭とお札を分けて使用する。

粋な男の嗜みの一つだと思います。

また、結婚式やちょっとしたパーティーの際、ジャケットのポケットが膨らむのはあまり格好良くないですよね、、

そんな時にも、内ポケットに収まる厚さ、サイズ感はとてもありがたいです。

毎年足の速い商品となっております。

クリスマスも間近ですので、ちょっとしたギフトにも如何でしょうか?

皆様のご来店心からお待ちしております。

ARCH 近谷

rdv o globe × NORTH WORKS EVENT LAST DAY

2018.12.2 Sunday 14:26:27| Author:admin| Categories:News!!,NORTH WORKS,rdv o globe

大変ご好評頂いているイベントですが、いよいよ本日最終日になりました。
本日はスタッフのrecommendアイテムとお客様のスタイルをご紹介させて頂きます。

rdv o globe×NORTH WORKS

STAFF 宅見
L1005509

L1005512
JACKET / NEW FABIO VE ARCH EXCLUCIVE
BRACELET / NORTH WORKS

STAFF 近谷
L1005469

L1005545

L1005546
SWEAT / ROMEO CN
PANTS / LENNY LONG PA.
RIGHT WRIST / VINTAGE TUAREG
LEFT WRIST / VINTAGE AKHA

STAFF 上田
L1005501

L1005342
COAT / BOB MANTEAU.
BANGLE /VINTAGE TUAREG

僕がrdv o globeの洋服に出会ったのはまだお客さんの時代でした。
一番最初にArchで購入した服でもあり、アメリカっぽさの中にフレンチの要素が混じっているというのでしょうか。
上手く言葉では言い表せれませんが、瞬時に魅了されました。
唯一無二の世界観はデザイナーの前渕さんが様々なものを見てきたから作り上げられるものだと感じます。

VINTAGEトゥアレグ族のバングルはお守り代わりに購入したものです。
今ではたくさんつけていますが、前は全くつけていませんでした…笑
アクセサリーが苦手でしたが、今となっては無いと落ち着かなくなりました。
普段つけないからと敬遠されている方も一度、見て惹かれたものをつけてみてください。
一生のパートナーとなるアイテムになると思います。

最後にイベント期間中にご来店していただいたお客様をご紹介したいと思います。

CUSTOMER STYLE

L1005517

L1005521

L1005531

L1005526

お客様とお話をさせていただいると、皆さん口を揃えて
「洋服は面白い」
とおっしゃります。

rdv o globeの前淵さん、NORTH WORKSの太田さんとお話をして洋服、アクセサリーが選べる機会です。
本日イベント最終日となりましたが、ワインをご用意してお待ちしております。
是非、この機会に足を運んでみて下さい。

ARCH 上田

NORTH WORKS & VINTAGE INDIAN , TUAREG JEWELRY

2018.11.27 Tuesday 21:06:52| Author:admin| Categories:NORTH WORKS

大変ご好評頂いたParabootのトランクショーに続き、ARCHでは毎年恒例で開催させて頂いている、rdv o globe×NORTH WORKSのイベントが始まります。

re-DSC_4207

アメリカの旧1ドル硬貨”MORGAN DOLLAR”(モーガンダラー)。
世界で最も美しいと称されるコインの1つで、1878~1904,1921年に発行された大型硬貨は大変希少価値の高いものです。

自由の女神とイーグル、アメリカを象徴とする刻印は歴史を感じさせてくれます。

DSC0606-400x264

DSC0597-400x264

DSC0118-400x264

そのコインを軸に展開されているシルバーアクセサリー[NORTH WORKS]。
一点一点手作業で製作されるアクセサリーはクラフトマンシップを感じさせてくれます。

そして、NORTH WORKSのコレクションのルーツの一つとも呼べるインディアンジュエリー。
1800年代にアメリカ各地で起こったゴールドラッシュにより集まった多くの人は汽車を交通手段として利用するようになりました。そこに目をつけ、インディアンジュエリーをより華奢でわかりやすいデザインに落とし込み販売したのが”FRED HARVEY”です。

フレッド・ハービー社が最初にこのようなコマーシャルジュエリーを始めたことから、こうしたジュエリーを”フレッド・ハービースタイル”と呼びます。

IMG_3046-400x300

IMG_30472-300x400

今回もイベントに合わせてデザイナー太田氏が所有する1880年代~1930年代のVINTAGE INDIAN JEWELRYをイベント期間限定でご覧いただけます。

そしてもう一つ、トゥアレグ族のVINTAGE JEWELRYもご覧頂けます。

DE7ZViGUAAAcVlT

DSC0607-400x265

DSC0609-400x265

北アフリカ地方の先住民族・トゥアレグ族。
青の民族、青のサムライなどと日本で呼ばれる遊牧民族です。
彼らのジュエリーは出身地や出征、氏族を表す意匠が施され、親から子へと受け継がれています。
刻まれている文様にはそれぞれ意味があり、物事・物語などを象徴しています。

L1005342スタッフ上田私物
(左)NORTH WORKS ,(右)TUAREG

繊細ながら力強さを感じさせる彫金は某H社も別注依頼したのは有名ですね。
僕も虜になり、お客さんの時代にすぐに購入したのを思い出します。笑

rdv-au-globe-north-woorks-400x270
rdv o globe×NORTH WORKS SPECIAL EVENT
2018 11/30,(FRI),12/1(SAT),12/2(SUN)

ARCH SAPPORO

P1012831-400x300

今回もrdv o globeのデザイナー前淵氏にお越しいただき、ヴァンショー(ホットワイン)と手料理を直々に作成して頂き、簡単なおつまみと一緒に皆様にお配り致します。

詳細は明日のブログにてご紹介いたします。

ARCH 上田

HACKNEY UNION WORK HOUSE

2018.10.17 Wednesday 20:37:36| Author:admin| Categories:HACKNEY UNION

L1003787
今季よりARCHにてセレクトが始まった”HACKNEY UNION”

MADE IN ENGLAND に拘り生まれる洋服は、クラシックなワークウェアーにフォーカスしたイギリスの伝統を感じるモノばかりです。

英・サビルロウで修行を積んだデザイナーが、イギリス製の厳選された極上の生地を作品に落とし込んで製作されています。

”BRITISH WORK WEAR”

道具として必要とされていたワークウェアーを、現代の解釈で再構築したHACKNEY UNIONのウェアーには、ブリティッシュヴィンテージの背景を垣間見る事が出来ます。

【FISHERMAN COAT】
L1003785
COLOR BLACK
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥58,000+TAX

定番のフィッシャーマンコートは、イギリスの船乗りが着ていたコートをベースとした一着。

ブランドのアイコンとも呼べる絶対的な定番アイテムです。

L1003894

L1003907

L1003892
L1003903

大きめに設計されたフードは、ショールカラーの様な仕様にも変貌します。
肩が落ちたような袖付けもまた、フィッシャーマンのユニォームに良く見られるディテールです。

重厚であり肉厚なメルトン生地は、ここ北海道でも防寒性には心配する事がない程、ヘビーウェイトです。

L1003883
L1003911
【THROW SHIRT WOOL】
L1003793
COLOR CHACORL
SIZE S / M / L
PRICE ¥39,000+TAX

ウール生地のワークジャケットは、ブリティッシュワークを象徴とするディテールが備わっています。

L1003797
L1003799
アシンメトリックの前立てが特徴的なジャケット。
スタンドカラーの仕様から、ブリティッシュワークの匂いを感じます。

カーディガンの様に、ラフに羽織れるのでコートのインナーにも最適なアイテムだと思います。

【GURKA TROUSERS】
スクリーンショット 2018-10-17 19.07.26
COLOR NAVY
SIZE 30 / 32 / 34
PRICE ¥42,000+TAX

イギリス軍に支給されていた、通称グルカトラウザーズをベースとした1本。

一般的に見られるベルトのディテールが特徴的なグルカよりも、古いディテールのモノを採用しています。

L1003805
L1003806
L1003811
2タックのディテールと潔い太めのシルエットが魅力的なグルカトラウザーズ。

ミリタリーらしい無骨な印象とネイビーの色味がグッと男心くすぐられます。

イギリスのワーク・ミリタリー色を色濃く映し出した”HACKNEY UNION”の洋服。

普段のスタイルに取り入れるだけで、英国の要素がプラスされるような…

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA Black Herringbone Collection in genre

2018.10.4 Thursday 16:40:01| Author:admin| Categories:KLASICA

 

今週末から開催しますスペシャルイベント《moment 3 facteur in genre》

姉妹店genreにて、”KLASICA CIRCA JACKET CUSTUM ORDER”に加えて、秋冬の新作を一同にご覧に頂けます。
コレクションの中から、今季お勧めのファブリックシリーズを紹介します。

フレンチワークの匂い漂うKLASICAらしい、”BLACK HERRINGBONE”の生地です。

【PEDAL-HB 】
L1002910
COLOR BLACK HERRINGBONE
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥62,000+tax

ウールリネンのヘリンボーン生地が、一番の魅力であるこのジャケット。

ラペルドにもスタンドにも代わる襟元の仕様が、特徴的な一着です。
古き良きフランスのワークジャケットに見られるこの仕様は、様々なシーンで対応出来るように作られたモノ。

L1002921

L1002916

L1002913

襟裏と袖裏に別生地を採用しています。
ヴィンンテージの生地が付いているような、色味と配色に心奪われます。

_DSC1308

同素材のボトムスもまた、ワークパンツの様な潔い太いシルエットが特徴的です。

【MOSES-HB】
_DSC1315
COLOR BLACK HERRINGBONE
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥32,000+TAX

ダブルの裾の仕様と絶妙な丈感がクラシックな雰囲気を感じさせます。

裾をお好みでシングルに変え長さを出して履いても◎
勿論、セットアップでの着用もお勧めの着こなしです。

_DSC1303
モダンな空気の中にも、ヨーロッパのクラシックな雰囲気を感じさせるのがKLASICAの洋服の魅力です。

【SHIRT-30 HB】
L1002923
COLOR BLACK HERRINGBONE
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥52,000+TAX

ロングシャツの様でありながら、コートとしても使用できる”SHIRT-30″
ドルマンスリーブの袖付けとゆったりとした身幅が、絶妙なシルエットを生み出します。

L1002925

L1002935

L1002932

インナーの調整で、様々な着こなしを可能にするこのシャツコートは、一枚あると重宝するはずです。

明日から開催します”Moment 3 facteur  in genre”にて、是非ご覧になってみてください。

_DSC0188

KLASICA × ARCH × genre
CIRCA JACKET CUSTUM ORDER & KLASICA COLLECION FAIR

2018   10/5(fri), 10/6(sat), 10/7(sun) ,10/8(mon)
in genre

KLASICA CIRCA JACKETのカスタムオーダー会に加えて、秋冬の新作を一挙にご覧頂けます。

ARCHでは展開していないアイテムも多数揃っております、豊富なラインナップとなりました。
10月6日からKLASICA河村氏もgenreの店頭に立って頂きますので、是非遊びにいらしてください。

ARCH 宅見

KLASICA CIRCA JACKET HAND SEWING CUSTUM ORDER in genre

2018.10.1 Monday 22:21:31| Author:admin| Categories:KLASICA

震災の為、延期となっておりました、【KLASICA ×ARCH×genre】のスペシャルイベント。

今週末、10月5日から4日間限定で開催する運びとなりました。
イベント期間中は、KLASICA河村氏もgenreの店頭に立って頂きます。

_DSC0188

KLASICA × ARCH × genre
CIRCA JACKET CUSTUM ORDER & KLASICA COLLECION FAIR

2018   10/5(fri), 10/6(sat), 10/7(sun) ,10/8(mon)
in genre

KLASICAからリリースされている”CIRCA JACKET”

1900年代初頭頃に、フランスの音楽家が着用されていたとされるヴィンテージから着想を得て生み出されたそのジャケットは、French Vintageを提案し続けるARCH・genreと強い繋がりを感じるアイテムです。

当時のヨーロッパヴィンテージの殆どが、生地の裁断から縫製までを一人の職人の手によって生み出されていました。
そんなヴィンテージには、言葉では伝えきれない圧倒的な存在感を感じてなりません。

ヨーロッパヴィンテージをスタイルの一部として提案するgenreにとって、その当時の洋服の生産背景は切っても切り離せないモノでしょう。

genreの工場では、その時代の手法と当時の空気感を表現する為に、一人の職人が裁断から縫製までの全ての工程を手作業で完成させていきます。

_DSC0213

_DSC0216

_DSC2163

手作業で作られていたフレンチヴィンテージの”ジャケット”と”生産背景”

当時の背景を紐解いて現代の技術で再構築する

”KLAICA”と”genre”

フレンチヴィンテージという共通点から繋がった両者で、モノ創りをしようという事から、KLASICA ”CIRCA JACKET”を、genreの工場でカスタムオーダーという形で生産する事になりました。

KLASICAが所有するオリジナルファブリック、ヴィンテージ生地から、好みの生地を選び自分だけの一着を制作致します。
愛用する方の身体に合わせ採寸し、サイズを微調整してから制作していきます。

メンズ・レディスサイズ共にオーダーする事が可能です。

出来上がっていく工程を実際に目にして袖を通すと、既製服では表現出来ない作り手の思いや拘りを肌で感じ、洋服に対しての情熱と愛着がとても湧いてきます。

こんな機会を中々ないと思いますので、是非当日は店頭にて実際に洋服をご覧になってください。

ARCH 宅見