Blog from ArchStyle » JOHN TULLOCH|archstyle|Arch アーチ

Christmas Gift Vol.2

2015.12.18 Friday 17:53:06| Author:admin| Categories:BASIC_ITEM,JOHN TULLOCH,Northern Crofter

ギフトシーズン真っ只中ですが、いまだプレゼント選びに悩まれている方もいらっしゃるのでは?

寒さが身に染みる季節だけに、セーターの贈り物もオススメです。

_DSC0685Size 36 / 38 / 40 / 42
Price ¥16,500-+tax
Made in SCOTLAND

『シャギードッグ(=ムク毛の犬)』と呼ばれる、起毛感が特徴の『シャギードッグセーター』は、スコットランド発祥のセーターです。

アザミの葉のトゲで(セーターの)表面を毛羽立たせる技法がとてもユニークなんですが、これは、表面が起毛する事で”保温性を高める”と言う、何とも単純な理由(笑)。

何よりも”軽くて温かい”、そしてトラディショナルな1枚です。

_DSC0661身長169cm・体重55kg / サイズ36着用

サイドシームレス(=脇に縫い目がない仕様)もこのセーターの特徴の1つ。

オックスフォード素材のBDシャツとの組み合わせは鉄板です。
シャンブレーやデニムシャツの様な素材感があるものとコーディネートしてみても良いと思います。

_DSC0669身長186cm・体重75kg / サイズ40着用

スウェット感覚で楽に着れるのも、このセーターの魅力。
セーターが苦手な方でも気負わずに着れると思います。

_DSC0655身長171cm・体重65kg / サイズ38着用

毛玉が出来る事が”雰囲気”として許されているセーターも中々無いのでは?
そう言った点も踏まえてリラックスして着れるので重宝します。

僕がここ最近気に入っている【MOJITO(モヒート)】のクラレンスシャツとのコーディネート。
実はこれ、【MOJITO】のディレクションを務める山下さんに教わったテクニックです。

プレゼントに洋服を選ぶ上で最大の難点は、”サイズ選び”ではないでしょうか?
今回ご紹介させて頂いたスタッフそれぞれの体型を参考にして頂きながら、店頭では的確なサイズ選びのお手伝いを出来ればと思いますので、是非、遠慮無くお申し付け下さい!

Arch 吉田

Shetland Shaggy Dog Sweater

2014.01.14 Tuesday 22:56:14| Author:admin| Categories:JOHN TULLOCH

この時期はアウターも勿論の事、やはり欠かせないアイテムと言えば、”セーター”ではないでしょうか?

毎シーズン展開している<JOHN TULLOCH>のシェットッランドセーターは、ARCHでは既に定番とも言えるアイテム。
脇に継ぎ目のないサイドシームレスの仕様。そして、何よりの特徴である『シャギードッグ』による所の”軽くて暖かい”1枚は、重宝する事間違いありません。

_DSC1874Size 36 / 38 / 40
Price ¥15,540-

『シャギードッグ(=ムク毛の犬)』と呼ばれるその起毛感は、アザミの葉のトゲで表面を毛羽立たせる事で保温性を高めると言う何ともアナログな手法なんですが(笑)、これこそが”軽くて暖かい”理由でもあります。

昔から変わらぬトラディショナルな感じはやや土臭さも否めませんが、発色の良いカラー展開も含めて、この柔らかい雰囲気がここ最近では性別問わず好評な気がします。

_DSC1932
絶対とは言い切れないものの、シェットランドセーターの定義として”スコットランド製”と言う部分も見逃せません。

しかしながら『シャギードッグ』の呼称はアメリカにルーツがあるのがまた面白い所。
そんな事もあってか、インナーにオックスフォードのボタンダウンシャツを合わせるのがやはり鉄板です。

_DSC1936
とは言え、スウェット感覚でラフに着るのも大いにあり。
ジャケット類のインナーにしてもストレスなく着れる1着です。

為替の影響でグンと値上がり傾向にあるニット類ですが、幸いにも価格が据え置きな点も魅力的な部分。
流行り廃りが無いアイテムだからこそ、今が比較的”買い”なのかも知れません(笑)。

ARCH 吉田

John Tulloch

2012.11.11 Sunday 12:46:24| Author:admin| Categories:JOHN TULLOCH

これからの季節に欠かせないセーターですが、ARCHでラインナップされているセーターは、どれもルーツのある物ばかりで種類も様々。

ここ数年評判の良い[John Tulloch]のシェットランドセーターは、例年に無くカラーバリエーション豊富に取り揃えています。

Color NEW NAVY / WIZARD(ボルドー) / SILVER / GRANITE(ダークネイビー) / HICKORY(マスタード)
Size 36 / 38 /40
Price ¥15,540-

アザミの葉のトゲで引っ掻き表面を毛羽立たせた、通称シャギードッグセーター。
起毛させる事で保温性を高めるその製法は勿論ですが、風合いの面でも特徴的なアイテムです。

更に面白いのは、起毛した表面がやがて毛玉になり、その毛玉が抜けてスカスカの状態になった時がこのアイテムの完成型である事。
そんな変化が楽しめるのも、このセーターの魅力です。

Color MOORIT(薄茶) / BLACK(ブラウン) / WHITE
Size 36 / 38 / 40
Price ¥15,540-

今シーズンは、シャギードッグ”以前”のシェットランドセーターもラインナップしています。
染色されていない、極めて原毛に近いカラーもまた魅力的です。



カラーバリエーションをご覧頂いての通り、色を含めて様々な着回しが利くのも魅力です。
シャツとのレイヤリングに限らず、スウェット感覚で着るも良し。 ツイードジャケットのインナーに着るのにもちょうど良いセーターかと思います。

ワードローブに1着あると、活躍する事は間違いありません。
まだ手にした事の無い人ほど、この冬に1度試して頂きたい1枚です。

ちなみに、過去2シーズンにそれぞれ山内岩谷の書いた記事を読んで改めて納得してしまいました(笑)。
興味のある方は是非一読頂ければと思います。

ARCH 吉田

JOHN TULLOCH

2011.10.20 Thursday 22:01:55| Author:admin| Categories:JOHN TULLOCH


 冬支度が必要になってきた札幌ですが、そんなこれからの時期にマストアイテムなJOHN TULLOCHのシェットランドセーターが入荷です。

SIZE 36 / 38 / 40
PRICE  ¥15,540-
MADE IN SCOTLAND

継ぎ目の無いシームレスに編みたてられた表面を、アザミという植物の棘(トゲ)で起毛立たせた5.7オンスのセーター。

その特殊な処理方法は保温性を高める効果があり、ふわふわとした風合いが別名シャギードックセーター(ムク犬)と呼ばれる事でも有名。

MIDIUM GREY / NEW NAVY / TRUFFLE

ARCHでは、昨年も展開していたこちらのセーターですが、購入以来病み付きになってしまった方も多いのではないでしょうか?

何を隠そう僕もその一人なのですが、実際に着てみると他のセーターに比べ驚くほど軽いにもかかわらず、とても暖かいんです。

そんなこんなで着続けていると、すぐに毛玉が出来てしまうのですがそれも愛嬌。過去に面白い記事があるので興味のある方は読んで見て下さい⇒

まだまだ僕と同年代(20代前半)の方には、馴染みの無いこのシェットランドセーターですが、騙されたと思って新たにワードローブに加えてみては如何でしょうか?

きっとコストパフォーマンスの高さに納得し、来年の冬には色違いで欲しくなっているはずです!笑

ARCH 岩谷

Shaggy Dog Sweater

2010.10.21 Thursday 22:35:07| Author:admin| Categories:JOHN TULLOCH

北海道も本格的に冬の到来を感じさせる気候になってきましたが、タイミング良く[JOHN TULLOCH]のシェットランドセーターが入荷しました。

SIZE 36 / 38 / 40
PRICE  ¥15,540-
MADE IN SCOTLAND

COLOR  NAVY / LIGHT GREY/ RED/ MEDIUM GRAY /
PURPLE/MUSTARD

こちらのセーター、アザミ(植物)の葉で引っ掻いてあらかじめ毛羽立たせていて、シャギードック(ムク犬)の毛並のようなその表情をしている事から通称シャギードッグセーターとも呼ばれています。

発祥はスコットランドですが、シャギードッグセーターの名付け親[J・PRESS]からこのセーターが広まったというところから、アメリカントラッドの定番アイテムとしても有名です。

自分が初めてこのセーターを購入した15年程前は、当時、購入したお店の店員さんにこのセーターはスウェットのように着るものだから、タイトに中はJ.E MORGANのサーマル一枚で着るのがカッコいい。と言われた記憶が蘇ります。

当時このセーターの事をよく知らずに着ていた僕は、やたらと毛玉が出来やすい事に頭を悩ませていたのですが、その毛玉こそがこのセーターの真骨頂であり、味なんだと気付いたのはそれから数年先の事でした、、、笑

余談ですが、先日取引先の社長さんと、同じくお直し屋の社長さんが、このセーターについて同じ事を言っていたのもとても興味深かったです。

それは、この毛玉を掻きむしっていくと、ゴザのようにスカスカになると。

そして、そうなってからがこのセーターはカッコいいという事も教えてもらいました。

その2人は70年代からアメリカントラッドを肌で感じてきた世代。雑誌から知るウンチクよりも数倍の説得力があります。

そう考えると、こういったシンプルなアイテムほど着方は人それぞれで、やはりどう着るかという洋服本来の楽しみ方があるセーターでもあります。

中にオックスフォードのB.D SHIRTをあわせてトラッドに着るも良し、前述のようにサーマル一枚でスウェット感覚でラフに着るも良しです。

サイドシームレスで編み立てられながらも自分が当時購入した価格に近く、コストパフォーマンスの高い一着です。

是非、実際に手にとって見てください。

ちなみに、今季はANATOMICAからピエール氏こだわりのシェットランドセーターも入荷予定なので、是非お楽しみに!