Blog from ArchStyle » KLASICA|archstyle|Arch アーチ

KLASICA /BLAZE-AX, GRIOTTE-AX

2018.01.15 Monday 11:53:22| Author:admin| Categories:KLASICA

KLASICA2018 SSコレクションテーマ、

“The Place for Me”

『 通過した時代を角度を変えて見直す。

マスプロダクションな時代からこばれ落ちた様々なアプローチは体温高く心に訴える。

ヴィンテージをより広く感じること、それがキーワードだった。』

IMG_0283
KLASICAの原点でもあるヨーロッパヴィンテージにフォーカスしたアイテムは、今回のコレクションテーマを象徴としています。

ARCHの原点でもある、ヨーロッパヴィンテージに通づる部分であり、僕らも大好きなところです。
コレクションの中から、フレンチヴィンテージの匂いを感じる3型、ジャケット・トラウザーズ・コートを紹介します。

【BLAZE-AZ】
IMG_0286COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥74,000+TAX

KLASICAが得意とするラペルのジャケットは、フランスの古いテーラードジャケットを彷彿とさせます。

何よりも独特の生地にいつも魅了されます。
3型全てに使われている素材は、”ALEXANDRA TWILL”と呼ばれる生地。
通常、冬用として使われるツイルの織物を、夏用にアレンジしてラミーとコットンで織り上げています。

コーデュロイの様な畝がある独特の素材感は、FRENCH VINTAGEのハンティングジャケットに良く見られるCOUTILと呼ばれる生地にも良く似ています。

ヴィンテージを彷彿とさせながらも、その当時には存在しなかったモノに昇華したKLASICAらしい素材です。

IMG_0287

生地への拘りもそうですが、細部への拘りも抜かりありません。
襟裏のリネン生地や、ボタンのディテールに至るまでKLASICAのエッセンスを感じます。

_DSC2968
_DSC2990

スタンド・ラペル両方の襟を持ち合わせた仕様も、着方の幅が広がる部分だと思います。
ミリタリーパンツにバスクシャツでサラッと着ても◎

_DSC2965
_DSC2971
勿論同素材のトラウザーズと合わせて着用してもサマになります。

【GRIOTTE-AX】
IMG_0289COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE¥48,000+TAX

フランスのトラウザーズ等に見られるベルトの仕様と2タックのディテールが特徴的な1本。

潔いストンとした太めのシルエットは、今では中々目にしなくなったと思います。

_DSC2956
サスペンダーボタンが付属しているので、吊るしてクラシックな装いで履いても格好良いです。

_DSC2974
生地とデザインが相まって嫌味なく着れてしまうのが、KLASICAの洋服の魅力だと思います。

【CHRONO C-AX】
_DSC3003COLOR BLACK
SIZE 2/ 3 /4
PRICE ¥98,000+TAX

ゆったりとしたシルエットとは裏腹に、着てみると野暮すぎない上品さも持ち合わせたコートです。

_DSC2999
KLASICAの新作で特にお勧めのシリーズですので、是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA “The Place for Me”

2018.01.7 Sunday 21:05:30| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!

今期のKLASICAコレクションテーマ”The Place for Me”。

昨日紹介しました”REV’65″もまさに今期のテーマを反映させたアイテムです。

スクリーンショット 2018-01-07 19.56.30

the see past from another angle

Any approach dropping off from mass production era, have us felt some enthusiasm

the sky was “To feel vintage more wide point of view”.

通過した時代を角度を変えて見直す。

マスプロダクションな時代からこばれ落ちた様々なアプローチは体温高く心に訴える。

ヴィンテージをより広く感じること、それがキーワードだった。

KLASICA 2018SS COLECCTION

_DSC2704
_DSC2713
_DSC2708
_DSC2711
_DSC2715
コレクションテーマそのままに、KLASICA河村氏が見てきたヴィンテージにフォーカスを当てたクラシックな洋服が揃います。
入荷したアイテムはごく一部ですが、これから徐々にラインナップが増えていきます。

一つ一つの洋服に宿るヴィンテージのクラシックな匂い。

古き良きディテールやデザインを、KLASICAの解釈で作り上げた洋服には、ヴィンテージ同様のオーラを感じます。

KLASICAを扱い始めたきっかけとなったのが、ARCHオーナー山内とKLASICA河村氏が北海道函館で偶然知り合ったのが事の始まりだそうです。

そんな所縁のある土地函館で、来週末ARCHのポップアップショップを開催します。

スクリーンショット 2018-01-07 20.10.04JUILLET&ARCH&HERITAGE IN hakodate
2018 1/13(SAT), 1/14(SUN), 1/15(MON)
10:00-19:00
最終日15時閉店
函館市弁天町15ー12 2F

姉妹店JUILLETと系列店ARCH HEIRTAGEとの合同開催となります。
イベントの詳細はこちらのブログとインスタグラムでお知らせしますので、近郊にお住みの方は是非足を運んでみてください。

ARCH 宅見

KLASICA 2018SS / REV’65

2018.01.6 Saturday 21:47:39| Author:admin| Categories:KLASICA

93g9njgpmehy

1950年代〜60年代にかけイギリスでムーブメントとなった”MODS”。
当時の若い労働者達が音楽やファッションに夢中になっていた時代であり、戦後の時代背景を垣間見るイギリスの一つの文化だったと思います。

アメリカ軍のM-51 、M-65 PARKAを着用しベスパ等のバイクに跨っている、そのイメージが強く今でもファッションシーンには欠かせないカルチャーです。

その象徴的なアイテムがUS ARMY のフィッシュテールパーカであり、その背景を見るとより格好良く感じるアイテムではないでしょうか。

IMG_0124
昨年、KLASICAの展示会で見させて頂いたUS ARMY M-65 PARKA。
このヴィンテージを元に2018SS のKLASICA新作のアイテムを制作されたとお話を聞いて気分が上がったのを今でも覚えています。

いたる箇所にマーカーが付いているヴィンテージを見て何よりも驚いたのが、

着丈の長さが特徴的なこのコートをハーフコートないしはブルゾン位の長さに改良していた事です。

ボリューム感のあるオーバーコートを絶妙な場所でカットされた着丈は、他には類を見ないバランスの良い1着に仕上がっています。

IMG_0268
IMG_0262COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥74,000+TAX

ブラックで仕上げたシックな1着は、コットンリネンの光沢感のある生地でより上品な雰囲気に。

裾をリブにする事で丸いボリューム感のあるシルエットが生まれます。

_DSC2664

_DSC2657

お尻がすっぽりと隠れる着丈の長さが一番の魅力です。
この独特のシルエットに惹かれて僕自身も個人オーダーしてしまいました…笑

_DSC2670
_DSC2680
_DSC2683

IMG_0265
同素材で付けられたパッチもアクセントになるディテール。
当時のMODSのムーブメントを感じるパッチが男心をくすぐります。

_DSC2678

勿論ジャケットの上からも羽織れる位ゆったりとしたシルエット。
インナーの調整で長いシーズンに渡り着回せるのも魅力だと思います。

僕自身、US ARMY M-65 PARKAは、大好きなミリタリーアイテムの一つで愛用もしています。
だからこそ、こういったアイテムがあればなぁとも思っていました。

独特のボリューム感にミリタリーの無骨さも感じるKLASICAのREV’65は、これから頻繁に愛用するアイテムの一つになりそうです。

ARCH 宅見

KLASICA / OOOO COAT

2017.12.28 Thursday 21:36:30| Author:admin| Categories:KLASICA

2017年も残り僅かとなりました。
今年も沢山のお客様に支えて頂き誠に有難うございます。

”原点回帰”をテーマにARCHのスタイルを今一度掘り下げて提案させて頂いた2017年。
ヨーロッパヴィンテージから始まったARCHにとって、ヨーロッパのミリタリー・ワークウェアーをルーツに持つ【KLASICA】は、切っても切り離せない存在です。

オープン当初から展開しているブランドの一つ【KLASICA】。

今年を終える前にKLASICAのコートを紹介したいとずっと思っていたので、年内最後に僕におつき合いください。

DSC8491-400x264“VINTAGE RAF COLD WEATHER PARKA”

ROYAL AIR FORCE “RAF”の名で知られる、イギリス空軍に支給されていたCOLD WEATHER PARKAをベースにした1着。

オリジナルで探すとなると極めて困難な上に、実際に街着で着用する事を考えると少し敬遠してしまいそうな…高いミリタリースペックを誇ったヴィンテージアイテムです。

見た目の無骨さとデザインやシルエットにとても惹かれるのは事実なだけに、もう少し気易い物があればなぁと思っていました。

そんな僕らの思いを形にしてくれたのが、まさに”KLASICA OOOO COAT”。

【OOOO COAT】
IMG_0256COLOR NAVY / OLIVE
SIZE 2(S) / 3(M) / 4 (L)
PRICE  ¥86,000+TAX

RAFを象徴とするデザインやディテールを残しながらも、スタンドカラーの襟元が一番の特徴かもしれません。

重厚な印象を与えない様に、着丈を短くしているのと全体的に丸くカッティングする事で無骨さを軽減しています。

RAFのディテール以外にも、フィッシュテールだったりBARBOURのデザインもさり気なく取り入れています。

_DSC2457
IMG_0260
実は、襟元には収納できるフードが隠されています。

生地には、軽さと保温力に長けた”シーサレート”を。
撥水力に優れた表生地を含む、計5層の生地から構成されています。

ゆったりとした気心地に加えて軽く暖かい機能に優れた1着です。

IMG_0259
裾のテープ部分は、通常ファッションにはあまり使われない強度の高い物を使っています。
生地を取り寄せ、KLASICA河村氏の手で鳩目をつけ、工場に送り返すという拘りにも、惹かれてしまいます。

_DSC2453
何もコーディネートを考えずにバサっと羽織れてしまえるのが、ミリタリーパーカーの良さだと思います。
色みがネイビーならば尚更ではないでしょうか。

カラーは、ネイビーとミリタリー直球のオリーブの2色です。

_DSC2442

_DSC2449

_DSC2446
想像以上に保温性に優れているので、北海道の冬には活躍する事間違いありません。

僕達が好きなミリタリーの要素を持ちながらも、実際に着用する事を考慮して作られたデザインと機能。

モダンクラシック、そんな言葉がぴったりハマる1着だと思います。

限られた店舗でしか展開していないアイテムですので、是非ご覧になって下さい。

ARCH 宅見

<<年末年始の営業時間のお知らせ。>>
2017 / 12 / 29 (金) 12:00〜21:00
2017 / 12 / 30 (土) 12:00〜19:00
2017 / 12 / 31 (日) 休業日
2018 / 1 / 1 (月) 休業日
1 / 2 (火) 11:00~18:00
1 / 3 (水) 11:00~18:00
1 / 4 (木)〜 通常営業(12:00~21:00)

KLASICA /FLAP-NL

2017.08.2 Wednesday 14:54:57| Author:admin| Categories:KLASICA

イギリスの最も伝統的なワークジャケットと言えば…
真っ先に頭に思い浮かべるのは”BARBOUR”ではないでしょうか。

代名詞とも呼べるオイルドジャケットを筆頭に、ワーク・スポーツウェアーのカテゴリーで名品を生み出してきたブリテッィッシュトラディショナルな1着と言えるでしょう。

スクリーンショット 2017-08-02 12.14.39

スクリーンショット 2017-08-02 11.52.44

そんなBABOURの中でもフィッシング用に開発された”SPEY JACKET”。

水中に浸かっても邪魔にならない着丈の短さが特徴的なジャケットは、まさに理にかなった1着だと思います。

そんな機能美を感じる”SPEY JACEKT”をベースにして作られたのが、今回紹介しますKASICA”FLAP-NL”です。

IMG_0300COLOR OLIVE
SIZE 2 / 3 / 4

着丈のアンバランスさポケットの配置等、オリジナルに忠実なデザインの中で、大きく違うのは襟のディテールと素材感。

_DSC0717
IMG_0302
_DSC0700
BARBOURを象徴するコーデュロイの襟に対して、潔く襟を無くしたノーカラーの仕様にしているのがこのジャケットの面白いところ。

ミリタリー物のブルゾン感覚で着れるので、着丈の短さはあまり気になりません。

圧縮加工を施したナイロンウェザー生地は、とても撥水性に富んだ素材です。

_DSC0709
_DSC0711
_DSC0706

随所にKLASICAらしいディテールを組み込んでいるのもこのジャケットの魅力です。

ダブルジップの仕様も気の利いたディテールだと思います。

_DSC0722SWEAT rdv o globe
TROUSERS rdv o globe

ファッションアイテムではないギアとしてのウェアーを、モダンな佇まいに昇華させた”FLAP-NL”。

シーズンを気にする事なく気軽に羽織れる1着に仕上がっています。

そして同素材を用いたバック”SUBB”もお勧めのアイテムです。

IMG_0304COLOR BLACK / OLIVE

イギリス軍に支給されていたモノをベースに製作されたこのバックは、とても収納力に長けています。

ファスターを開けると中で4つに分けらており、使い勝手がとても良いです。

素材がナイロンなので、重さもなく天候すらも気にせずに持てるのも嬉しいとことではなでしょうか。

IMG_0305
_DSC0766
_DSC0761
ARCH 宅見

KLASICA 2017AW “RE-TOILE”

2017.07.25 Tuesday 10:31:47| Author:admin| Categories:KLASICA

“RE-TOILE”

スクリーンショット 2017-07-24 21.08.24

re-make, restore, repair

we think about our starting point of KLASICA
How do we do on near approach to imagine new collection…

KLASICA の手法のルーツを思い起こした。
そのエッセンスを織り交ぜながらのコレクション。

BY KLASICA 2017AW COLLECTION

ヨーロッパヴィンテージのリメイクから始まったKLASICA。

今季のテーマは、ソレを色濃く反映させたアイテム群が揃います。
早速2017AWの新作が入荷してきました。

その中から、前シーズンでも好評だった”CIRCA”を本日は紹介します。

IMG_5009-400x357

こちらの写真は、1900年代初頭のフランスのワークジャケットです。
ノーカラーの襟元が珍しく、当時音楽家が着ていたとされるものだそうです。

ARCHでは資料的扱いでずっと展示していたアイテムで、KLASICAデザイナー河村氏がARCHに来て頂いた際に、気に入って購入してくださったアイテムです。

こちらのワークジャケットをベースにして製作されたのがまさにKLASICAの”CIRCA”。

僕らにとっても感慨深くとても嬉しい話です。

IMG_0262COLOR BLACK
FABRIC CAVALRY TWILL BY BRISBANE MOSS
SIZE  2 / 3 / 4

オリジナルのヴィンテージを忠実に表現したCIRCA 。

着丈の短さとアームの太さが特徴的な1着は、当時オートクチュールで仕立てられた様なアンバランスさが魅力です。

IMG_0267
IMG_0273
IMG_0271
素材には、英・brisbane moss社のキャバリーツイル通称・ライコットンと呼ばれる生地を使っています。
格子状になった素材感が独特で、肌触りの良いツイル生地がイギリスらしさを感じます。

IMG_0274

前回とデザイン等に変更はないですが、唯一変わった点はボタン裏の力ボタンです。
レザーの留め具になりより雰囲気が増しています。

_DSC3767
細かいディテールにこそ、作り手自身の拘りや魂が宿っている様な気がします。

こういったさりげない部分に個人的にはても魅了されてしまいます。

_DSC3747SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS BONCOURA

秋冬のアイテムではありますが、コットン100%なのでこの時期の肌寒い夜には丁度良い素材です。

この手の通年使える素材は、1枚は持っておきたいところではないでしょうか。

こちらのアイテム以外にも新作のアイテムが入荷してきておりますので、是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA / LINEN SHIRT

2017.05.29 Monday 20:03:15| Author:admin| Categories:KLASICA

古くから、ヨーロッパのミリタリー・ワークウェアーに使われてきたリネン生地。

ブラック・ネイビーのリネンは、僕の中でヨーロッパ、特にフランスやイギリスのイメージが強く、アメリカ物の5ポケットジーンズや軍パンに合わせて着こなしている姿にとても惹かれます。

エレガントな雰囲気を醸し出すこの素材は、ARCHでは定番として毎年欠かさずに展開しています。

今季お勧めしたいリネンシャツこそ、KLASICAからリリースされた2型のシャツです。

IMG_0110
先ずは、ラウンドカラーの襟元がイギリスらしい”SH-014″から紹介します。

【SH-014】
_DSC0509Color NAVY
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

通常のシャツ生地よりもしっかりとした厚みを感じるリネン生地。

”NAVY LINEN”という言葉だけでも惹かれてしまいますが、ディテール面においても一癖ある魅力的なシャツになっています。

IMG_0114
比翼になった前立ての仕様に加え、手がすっぽり入るポケットの様になっている2重構造が特徴的です。

着用する事で動きが出てよりリラックスした雰囲気に映ります。

_DSC0534
ラフな装いにより映えるシャツなので、ジーンズにカットソー位でも十分だと思います。

【SH-022】
_DSC0495Color BLACK
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

スタンドカラーの襟元とラウンドした裾は、ヨーロッパの代表的なシャツのディテールですね。
クラシックなデザインを襟元をカットオフする事で新鮮な印象に。

IMG_0108
ブラックリネンのアイテムこそ、夏に一役買うアイテムだと思います。

ブラックリネンに色落ちしたジーンズ…フレンチの匂いを感じるスタイルであり、万能な1枚でもあります。

是非一度試してみて欲しいアイテムです。

ARCH 宅見

KLASICA / LIGNE

2017.04.22 Saturday 22:31:23| Author:admin| Categories:KLASICA,未分類

ミリタリー・ワークウェアーをデザインルーツに持つKLASICAの洋服。

特にミリタリーウェアーに造詣が深いデザイナーの河村氏が作る洋服は、機能美と最高のスペックを持つユニフォームの無骨さを感じさせないモダンなものになっているといつも思わされます。

今回紹介する”LIGNE”も、アメリカ軍のスノーパーカーをベースにKLASICAのエッセンスを加えた独特のシルエットが魅力的な1枚になっています。

_DSC1207
_DSC1213

ゆったりとした丸みのあるシルエットとお尻が隠れるバランスの良い着丈が特徴的です。

大きめに付けられた4つのポケットは、オリジナルにもないディテールだと思います。

_DSC1189
_DSC1193

素材はコットン・ナイロンを高密度に織り上げ撥水性を施したマッドな生地に。

写真を見ても分かるかと思いますが、撥水力はとてもある生地なので、悪天候にはもってこいのコートです。
そしてフードは取り外しが可能になっています。

IMG_1057

IMG_1060
スタンドカラーの様な襟元に変えても着る事が出来るのでその時のスタイルに合わせてフードを脱着して着れてしまえます。

_DSC1176

 

被りのスモックタイプが主流のスノーパーカーを、コートの様に着れる仕様にしている点も面白い所です。
フードを取るとファティーグジャケットの様にも着れる汎用性の高い1枚だと思います。

IMG_1052Color BLACK
Size 2/ 3
PRICE ¥63,000+TAX

鞄の中にぐしゃぐしゃに丸めて忍ばせておける素材なので、出張や旅行の時にも一役買う羽織にもなりそうです。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見