Blog from ArchStyle » KLASICA|archstyle|Arch アーチ

KLASICA /FLAP-NL

2017.08.2 Wednesday 14:54:57| Author:admin| Categories:KLASICA

イギリスの最も伝統的なワークジャケットと言えば…
真っ先に頭に思い浮かべるのは”BARBOUR”ではないでしょうか。

代名詞とも呼べるオイルドジャケットを筆頭に、ワーク・スポーツウェアーのカテゴリーで名品を生み出してきたブリテッィッシュトラディショナルな1着と言えるでしょう。

スクリーンショット 2017-08-02 12.14.39

スクリーンショット 2017-08-02 11.52.44

そんなBABOURの中でもフィッシング用に開発された”SPEY JACKET”。

水中に浸かっても邪魔にならない着丈の短さが特徴的なジャケットは、まさに理にかなった1着だと思います。

そんな機能美を感じる”SPEY JACEKT”をベースにして作られたのが、今回紹介しますKASICA”FLAP-NL”です。

IMG_0300COLOR OLIVE
SIZE 2 / 3 / 4

着丈のアンバランスさポケットの配置等、オリジナルに忠実なデザインの中で、大きく違うのは襟のディテールと素材感。

_DSC0717
IMG_0302
_DSC0700
BARBOURを象徴するコーデュロイの襟に対して、潔く襟を無くしたノーカラーの仕様にしているのがこのジャケットの面白いところ。

ミリタリー物のブルゾン感覚で着れるので、着丈の短さはあまり気になりません。

圧縮加工を施したナイロンウェザー生地は、とても撥水性に富んだ素材です。

_DSC0709
_DSC0711
_DSC0706

随所にKLASICAらしいディテールを組み込んでいるのもこのジャケットの魅力です。

ダブルジップの仕様も気の利いたディテールだと思います。

_DSC0722SWEAT rdv o globe
TROUSERS rdv o globe

ファッションアイテムではないギアとしてのウェアーを、モダンな佇まいに昇華させた”FLAP-NL”。

シーズンを気にする事なく気軽に羽織れる1着に仕上がっています。

そして同素材を用いたバック”SUBB”もお勧めのアイテムです。

IMG_0304COLOR BLACK / OLIVE

イギリス軍に支給されていたモノをベースに製作されたこのバックは、とても収納力に長けています。

ファスターを開けると中で4つに分けらており、使い勝手がとても良いです。

素材がナイロンなので、重さもなく天候すらも気にせずに持てるのも嬉しいとことではなでしょうか。

IMG_0305
_DSC0766
_DSC0761
ARCH 宅見

KLASICA 2017AW “RE-TOILE”

2017.07.25 Tuesday 10:31:47| Author:admin| Categories:KLASICA

“RE-TOILE”

スクリーンショット 2017-07-24 21.08.24

re-make, restore, repair

we think about our starting point of KLASICA
How do we do on near approach to imagine new collection…

KLASICA の手法のルーツを思い起こした。
そのエッセンスを織り交ぜながらのコレクション。

BY KLASICA 2017AW COLLECTION

ヨーロッパヴィンテージのリメイクから始まったKLASICA。

今季のテーマは、ソレを色濃く反映させたアイテム群が揃います。
早速2017AWの新作が入荷してきました。

その中から、前シーズンでも好評だった”CIRCA”を本日は紹介します。

IMG_5009-400x357

こちらの写真は、1900年代初頭のフランスのワークジャケットです。
ノーカラーの襟元が珍しく、当時音楽家が着ていたとされるものだそうです。

ARCHでは資料的扱いでずっと展示していたアイテムで、KLASICAデザイナー河村氏がARCHに来て頂いた際に、気に入って購入してくださったアイテムです。

こちらのワークジャケットをベースにして製作されたのがまさにKLASICAの”CIRCA”。

僕らにとっても感慨深くとても嬉しい話です。

IMG_0262COLOR BLACK
FABRIC CAVALRY TWILL BY BRISBANE MOSS
SIZE  2 / 3 / 4

オリジナルのヴィンテージを忠実に表現したCIRCA 。

着丈の短さとアームの太さが特徴的な1着は、当時オートクチュールで仕立てられた様なアンバランスさが魅力です。

IMG_0267
IMG_0273
IMG_0271
素材には、英・brisbane moss社のキャバリーツイル通称・ライコットンと呼ばれる生地を使っています。
格子状になった素材感が独特で、肌触りの良いツイル生地がイギリスらしさを感じます。

IMG_0274

前回とデザイン等に変更はないですが、唯一変わった点はボタン裏の力ボタンです。
レザーの留め具になりより雰囲気が増しています。

_DSC3767
細かいディテールにこそ、作り手自身の拘りや魂が宿っている様な気がします。

こういったさりげない部分に個人的にはても魅了されてしまいます。

_DSC3747SHIRT THE INTERPRETATION BY ARCH
CARDIGAN JOHN SMEDLEY
BOTTOMS BONCOURA

秋冬のアイテムではありますが、コットン100%なのでこの時期の肌寒い夜には丁度良い素材です。

この手の通年使える素材は、1枚は持っておきたいところではないでしょうか。

こちらのアイテム以外にも新作のアイテムが入荷してきておりますので、是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA / LINEN SHIRT

2017.05.29 Monday 20:03:15| Author:admin| Categories:KLASICA

古くから、ヨーロッパのミリタリー・ワークウェアーに使われてきたリネン生地。

ブラック・ネイビーのリネンは、僕の中でヨーロッパ、特にフランスやイギリスのイメージが強く、アメリカ物の5ポケットジーンズや軍パンに合わせて着こなしている姿にとても惹かれます。

エレガントな雰囲気を醸し出すこの素材は、ARCHでは定番として毎年欠かさずに展開しています。

今季お勧めしたいリネンシャツこそ、KLASICAからリリースされた2型のシャツです。

IMG_0110
先ずは、ラウンドカラーの襟元がイギリスらしい”SH-014″から紹介します。

【SH-014】
_DSC0509Color NAVY
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

通常のシャツ生地よりもしっかりとした厚みを感じるリネン生地。

”NAVY LINEN”という言葉だけでも惹かれてしまいますが、ディテール面においても一癖ある魅力的なシャツになっています。

IMG_0114
比翼になった前立ての仕様に加え、手がすっぽり入るポケットの様になっている2重構造が特徴的です。

着用する事で動きが出てよりリラックスした雰囲気に映ります。

_DSC0534
ラフな装いにより映えるシャツなので、ジーンズにカットソー位でも十分だと思います。

【SH-022】
_DSC0495Color BLACK
Size 2 / 3 / 4
Price ¥22,500+tax

スタンドカラーの襟元とラウンドした裾は、ヨーロッパの代表的なシャツのディテールですね。
クラシックなデザインを襟元をカットオフする事で新鮮な印象に。

IMG_0108
ブラックリネンのアイテムこそ、夏に一役買うアイテムだと思います。

ブラックリネンに色落ちしたジーンズ…フレンチの匂いを感じるスタイルであり、万能な1枚でもあります。

是非一度試してみて欲しいアイテムです。

ARCH 宅見

KLASICA / LIGNE

2017.04.22 Saturday 22:31:23| Author:admin| Categories:KLASICA,未分類

ミリタリー・ワークウェアーをデザインルーツに持つKLASICAの洋服。

特にミリタリーウェアーに造詣が深いデザイナーの河村氏が作る洋服は、機能美と最高のスペックを持つユニフォームの無骨さを感じさせないモダンなものになっているといつも思わされます。

今回紹介する”LIGNE”も、アメリカ軍のスノーパーカーをベースにKLASICAのエッセンスを加えた独特のシルエットが魅力的な1枚になっています。

_DSC1207
_DSC1213

ゆったりとした丸みのあるシルエットとお尻が隠れるバランスの良い着丈が特徴的です。

大きめに付けられた4つのポケットは、オリジナルにもないディテールだと思います。

_DSC1189
_DSC1193

素材はコットン・ナイロンを高密度に織り上げ撥水性を施したマッドな生地に。

写真を見ても分かるかと思いますが、撥水力はとてもある生地なので、悪天候にはもってこいのコートです。
そしてフードは取り外しが可能になっています。

IMG_1057

IMG_1060
スタンドカラーの様な襟元に変えても着る事が出来るのでその時のスタイルに合わせてフードを脱着して着れてしまえます。

_DSC1176

 

被りのスモックタイプが主流のスノーパーカーを、コートの様に着れる仕様にしている点も面白い所です。
フードを取るとファティーグジャケットの様にも着れる汎用性の高い1枚だと思います。

IMG_1052Color BLACK
Size 2/ 3
PRICE ¥63,000+TAX

鞄の中にぐしゃぐしゃに丸めて忍ばせておける素材なので、出張や旅行の時にも一役買う羽織にもなりそうです。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA / CIRCA

2017.01.21 Saturday 14:19:34| Author:admin| Categories:KLASICA

IMG_5009

冒頭の写真は、フランスで見つかった1900年代初頭に作られたとされるヴィンテージのジャケット。

この年代によく見られる生成りのリネン生地と、ノーカラーのディテールが非常に珍しいジャケットは、当時音楽家達がよく着ていたものだそうです。

KLASICAのデザイナー河村さんがARCHにいらした際に、このジャケットからインスパイアされて製作1した枚が、今回紹介するCIRCE JACKET。

_DSC0403COLOR BLACK STRIPE
SIZE 2 / 3  / 4
PRICE ¥54,000+tax

オリジナルのディテールをそのままに、洋服にはあまり使われる事の無い稀な番手のラミーを高密度に織り込んだ独特の素材感になっています。

1900年代初頭のフレンチワーク・ミリタリー物によく見られた厚手のリネンを彷彿とさせます。

嫌味の無いストライプの配色もフレンチワークの匂いを感じてならないです。

_DSC0413

リネンに近い素材ですがしっかりと張りがあるのも特徴です。

今からコートのインナーに着れ、夏場はカットソーの上に羽織れる丁度良い生地になっています。

_DSC0391

短過ぎない着丈の長さもこのジャケットの魅力の1つです。

カットソーやニットを着てもジャケットからはみ出る事なくバランスよく着れます。

_DSC0403
_DSC0421
背中の独特な生地の合わせは、古いヴィンテージのジャケットによく見られるディテールです。

このディテールのジャケットを、ヴィンテージ仕入れ中に見つけた時は、興奮が止まりません笑

_DSC0408

当時の洋服を見つける事は困難であり、現代の洋服に合わせる難しさも分かっているからこそ、ヴィンテージの雰囲気を残しながら着易い物へとアップデートして作られた”CIRCA JACKET”。

ヨーロッパヴィンテージへの造詣が深いデザイナー河村さんの思想が色濃く反映された1枚だと思います。

ARCH 宅見

KLASICA 2017 SS “BEFORE THE DAWN”

2017.01.20 Friday 15:15:57| Author:admin| Categories:KLASICA

DAWN-17SS-COVER-300x168

blue the night dark sky before the dawn 

looking for grey shade of trees avoiding sunshine.

the color in the textile comes from a moment of life .

夜明けを待たずに蒼みをみせはじめた大気は黒い空に青を滲ませる。

突き刺す日差しを避けるように、まだらを映す木陰を探す日中の一瞬。

時間の移ろいに浮かぶ一瞬の季節の色。

KLASICA 2017 Spring&Summer “BEFORE THE DAWN “

_DSC0382

_DSC0391

_DSC0393

_DSC0383

冒頭の、KLASICA 2017SSのテーマを色濃く映し出したアイテムは、フレンチワークの匂いを感じるブルーやブラックの洋服が揃います。

ダークなトーンの中にも春らしい素材、リネンやラミー、シアサッカーなどが軽快でいて経年変化が期待出来る素材ばかりです。

新作の入荷を心待ちにしていた方も多いと思います。

明日より店頭に並びますので是非ご覧になってみて下さい。

ARCH 宅身

KLASICA /Burry&WYATT

2016.12.19 Monday 12:09:44| Author:admin| Categories:KLASICA

_DSC1392
バルマカーンコートの代名詞と言えばBurberrys’。

10年程前に何かの雑誌で見たある女性のスタイルを見て衝撃を受けました。
バルマカーンコートに色落ちしたLEVI’S、足元はスニーカー。

今聞くと一見何てこのないスタイルですが、当時の僕には新鮮に映りよく真似したものです。

それからすぐARCHに行きヴィンテージのBurberrys’が大量に並べられているの見て直ぐに購入しました笑

完成された無駄のないデザインは機能美によるものだと思います。

そんなヴィンーテジのバルマカーンコートをベースにしたコートがKLASICAからリリースされています。

オリジナルに存在しない独自の素材感は、バルマカーンコート好きの僕にはかなりツボなアイテムです。

_DSC1383
先ずこの手のコートにはあまり見られないウールとリネンの混合素材を使用している点が面白いです。
リネンが入っていますが保温性には何の問題もありません。

横糸と縦糸で素材を変える事でヴィンージのような独特の素材感に仕上がっています。

_DSC1373COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥79,000+TAX

大きめの襟やドレープ感、ゆったりとしたアームホールとラグランスリーブの袖つけ、60年代頃に見られるBurberrys’の良い所を随所に落とし込んだ1枚です。

シンプルな佇まいですが、ポケットのディテール等にKLASICAらしいデザインが嫌味なく加わっております。

_DSC1284
_DSC1312
勿論、サイズフィッティングもオーバーコートの役割を担うゆったりとしたシルエットになっています。

ジャケットの上からローゲージのニットの上からもストレスなく羽織れるので、真冬のアウターとしても十分に活躍します。

_DSC1338

毎ジーズン好評のWYATTもコートと同素材を使用してリリースされています。

【WYATT】
_DSC1400COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥29,000+TAX

潔い太めのシルエットは、ヨーロッパのワークパンツを彷彿とさせるデザインです。

レングスはお直しで調整出来るので、お好みの長さに設定して履けてしまえます。
ジャストレングスの丈でブーツ等に合わせても良いと思います。

_DSC1406

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

Moment 2, KLASICA by Arch

2016.05.5 Thursday 14:10:54| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!

 

5/3から開催しております、KLASICAと姉妹店genreとの合同イベント。

初日から多くのお客様に足を運んで頂き誠に有難う御座います。

【KLASICA】の河村夫妻から直接話を聞いて、楽しそうに洋服に袖を通すお客様の姿を見られて、僕たちもとても嬉しく思います。

DSC_0014
DSC_0019
DSC_0026
DSC_0027
_DSC0846
イベントは、本日が最終日となっております。
大変ご好評頂いております、”KLASICA×ARCH HM 12” の別注アイテムは、残り僅かとなっております。

是非お早めにご覧になってみて下さい。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH  宅見