Blog from ArchStyle » KLASICA|archstyle|Arch アーチ

KLASICA / LIGNE

2017.04.22 Saturday 22:31:23| Author:admin| Categories:KLASICA,未分類

ミリタリー・ワークウェアーをデザインルーツに持つKLASICAの洋服。

特にミリタリーウェアーに造詣が深いデザイナーの河村氏が作る洋服は、機能美と最高のスペックを持つユニフォームの無骨さを感じさせないモダンなものになっているといつも思わされます。

今回紹介する”LIGNE”も、アメリカ軍のスノーパーカーをベースにKLASICAのエッセンスを加えた独特のシルエットが魅力的な1枚になっています。

_DSC1207
_DSC1213

ゆったりとした丸みのあるシルエットとお尻が隠れるバランスの良い着丈が特徴的です。

大きめに付けられた4つのポケットは、オリジナルにもないディテールだと思います。

_DSC1189
_DSC1193

素材はコットン・ナイロンを高密度に織り上げ撥水性を施したマッドな生地に。

写真を見ても分かるかと思いますが、撥水力はとてもある生地なので、悪天候にはもってこいのコートです。
そしてフードは取り外しが可能になっています。

IMG_1057

IMG_1060
スタンドカラーの様な襟元に変えても着る事が出来るのでその時のスタイルに合わせてフードを脱着して着れてしまえます。

_DSC1176

 

被りのスモックタイプが主流のスノーパーカーを、コートの様に着れる仕様にしている点も面白い所です。
フードを取るとファティーグジャケットの様にも着れる汎用性の高い1枚だと思います。

IMG_1052Color BLACK
Size 2/ 3
PRICE ¥63,000+TAX

鞄の中にぐしゃぐしゃに丸めて忍ばせておける素材なので、出張や旅行の時にも一役買う羽織にもなりそうです。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

KLASICA / CIRCA

2017.01.21 Saturday 14:19:34| Author:admin| Categories:KLASICA

IMG_5009

冒頭の写真は、フランスで見つかった1900年代初頭に作られたとされるヴィンテージのジャケット。

この年代によく見られる生成りのリネン生地と、ノーカラーのディテールが非常に珍しいジャケットは、当時音楽家達がよく着ていたものだそうです。

KLASICAのデザイナー河村さんがARCHにいらした際に、このジャケットからインスパイアされて製作1した枚が、今回紹介するCIRCE JACKET。

_DSC0403COLOR BLACK STRIPE
SIZE 2 / 3  / 4
PRICE ¥54,000+tax

オリジナルのディテールをそのままに、洋服にはあまり使われる事の無い稀な番手のラミーを高密度に織り込んだ独特の素材感になっています。

1900年代初頭のフレンチワーク・ミリタリー物によく見られた厚手のリネンを彷彿とさせます。

嫌味の無いストライプの配色もフレンチワークの匂いを感じてならないです。

_DSC0413

リネンに近い素材ですがしっかりと張りがあるのも特徴です。

今からコートのインナーに着れ、夏場はカットソーの上に羽織れる丁度良い生地になっています。

_DSC0391

短過ぎない着丈の長さもこのジャケットの魅力の1つです。

カットソーやニットを着てもジャケットからはみ出る事なくバランスよく着れます。

_DSC0403
_DSC0421
背中の独特な生地の合わせは、古いヴィンテージのジャケットによく見られるディテールです。

このディテールのジャケットを、ヴィンテージ仕入れ中に見つけた時は、興奮が止まりません笑

_DSC0408

当時の洋服を見つける事は困難であり、現代の洋服に合わせる難しさも分かっているからこそ、ヴィンテージの雰囲気を残しながら着易い物へとアップデートして作られた”CIRCA JACKET”。

ヨーロッパヴィンテージへの造詣が深いデザイナー河村さんの思想が色濃く反映された1枚だと思います。

ARCH 宅見

KLASICA 2017 SS “BEFORE THE DAWN”

2017.01.20 Friday 15:15:57| Author:admin| Categories:KLASICA

DAWN-17SS-COVER-300x168

blue the night dark sky before the dawn 

looking for grey shade of trees avoiding sunshine.

the color in the textile comes from a moment of life .

夜明けを待たずに蒼みをみせはじめた大気は黒い空に青を滲ませる。

突き刺す日差しを避けるように、まだらを映す木陰を探す日中の一瞬。

時間の移ろいに浮かぶ一瞬の季節の色。

KLASICA 2017 Spring&Summer “BEFORE THE DAWN “

_DSC0382

_DSC0391

_DSC0393

_DSC0383

冒頭の、KLASICA 2017SSのテーマを色濃く映し出したアイテムは、フレンチワークの匂いを感じるブルーやブラックの洋服が揃います。

ダークなトーンの中にも春らしい素材、リネンやラミー、シアサッカーなどが軽快でいて経年変化が期待出来る素材ばかりです。

新作の入荷を心待ちにしていた方も多いと思います。

明日より店頭に並びますので是非ご覧になってみて下さい。

ARCH 宅身

KLASICA /Burry&WYATT

2016.12.19 Monday 12:09:44| Author:admin| Categories:KLASICA

_DSC1392
バルマカーンコートの代名詞と言えばBurberrys’。

10年程前に何かの雑誌で見たある女性のスタイルを見て衝撃を受けました。
バルマカーンコートに色落ちしたLEVI’S、足元はスニーカー。

今聞くと一見何てこのないスタイルですが、当時の僕には新鮮に映りよく真似したものです。

それからすぐARCHに行きヴィンテージのBurberrys’が大量に並べられているの見て直ぐに購入しました笑

完成された無駄のないデザインは機能美によるものだと思います。

そんなヴィンーテジのバルマカーンコートをベースにしたコートがKLASICAからリリースされています。

オリジナルに存在しない独自の素材感は、バルマカーンコート好きの僕にはかなりツボなアイテムです。

_DSC1383
先ずこの手のコートにはあまり見られないウールとリネンの混合素材を使用している点が面白いです。
リネンが入っていますが保温性には何の問題もありません。

横糸と縦糸で素材を変える事でヴィンージのような独特の素材感に仕上がっています。

_DSC1373COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥79,000+TAX

大きめの襟やドレープ感、ゆったりとしたアームホールとラグランスリーブの袖つけ、60年代頃に見られるBurberrys’の良い所を随所に落とし込んだ1枚です。

シンプルな佇まいですが、ポケットのディテール等にKLASICAらしいデザインが嫌味なく加わっております。

_DSC1284
_DSC1312
勿論、サイズフィッティングもオーバーコートの役割を担うゆったりとしたシルエットになっています。

ジャケットの上からローゲージのニットの上からもストレスなく羽織れるので、真冬のアウターとしても十分に活躍します。

_DSC1338

毎ジーズン好評のWYATTもコートと同素材を使用してリリースされています。

【WYATT】
_DSC1400COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥29,000+TAX

潔い太めのシルエットは、ヨーロッパのワークパンツを彷彿とさせるデザインです。

レングスはお直しで調整出来るので、お好みの長さに設定して履けてしまえます。
ジャストレングスの丈でブーツ等に合わせても良いと思います。

_DSC1406

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

Moment 2, KLASICA by Arch

2016.05.5 Thursday 14:10:54| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!

 

5/3から開催しております、KLASICAと姉妹店genreとの合同イベント。

初日から多くのお客様に足を運んで頂き誠に有難う御座います。

【KLASICA】の河村夫妻から直接話を聞いて、楽しそうに洋服に袖を通すお客様の姿を見られて、僕たちもとても嬉しく思います。

DSC_0014
DSC_0019
DSC_0026
DSC_0027
_DSC0846
イベントは、本日が最終日となっております。
大変ご好評頂いております、”KLASICA×ARCH HM 12” の別注アイテムは、残り僅かとなっております。

是非お早めにご覧になってみて下さい。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH  宅見

KLASICA × ARCH / HM12 Vol.2

2016.05.3 Tuesday 19:16:46| Author:admin| Categories:KLASICA

_DSC0743

今回、KLASICAとARCHによる別注のトラウザースを制作するにあたり、ARCHでは定番的な位置付けであるフランス軍のM47PANTSのような汎用性の高い一本を創ろうというところからこの企画はスタートしました。

そして互いのアーカイブスからヴィンテージを持ち寄り決定したのは、1940年代以前、古くは1800年代にまでオリジナルがさかのぼる、あるフランス軍のトラウザースでした。

_DSC0752 3

1940年代製 (KLASICA所有)

_DSC0753 2

1839年製 (ARCH所有)

 

_DSC0750

_DSC0745

二本針のシンチバックの素材にはブラスをメッキで仕上げ鈍い黒を表現しています。

サイズネームには、40年代のフランス軍のHMヘリンボーンを一枚ずつ裁断。フランスのアンティークスタンプで手押しで制作

_DSC0756

_DSC0759 2

_DSC0761 2

フランス軍のミリタリーパンツ特有のシンプルでワイドなシルエットを保ちつつ、股ぐりを深くとって履きやすくパターン修正。素材には超高密度のコットンギャバジンを使用。

ウォッシュと着用を繰り返す事で光沢感が薄れ、退色し独自の表情に変化した時には愛着のある一本になっているはずです。

_DSC0755

昨日一足早く購入し、早速洗濯機で洗いをかけ着用していますがシルエット、素材感ともにとても良い感じです!

最初の企画から約一年の期間を経て完成したこのトラウザース。

KLASICAらしさとARCHらしさが上手く融合されたお勧め出来る一本に仕上がりました。

_DSC0741COLOR : NAVY
SIZE 1/ 2 / 3
PRICE : 34,000yen  + TAX SOLD OUT

 是非店頭にてご覧下さい。

遠方からのお問い合わせは、お電話、又は下記メールアドレスにて承ります。

KLASICA × ARCH / HM 12

2016.05.2 Monday 19:36:15| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!

_DSC0176
_DSC0228

_DSC0456

_DSC0457

_DSC0474

_DSC0493

_DSC0512

_DSC0196

KLASICA × ARCHの別注トラウザースを制作するにあたり、MADE IN SAPPOROで創るというのが一つのテーマでもありました。

現在はフランスをはじめ、世界各地で取扱いのあるKLASICA。

ARCHで販売されるKLASICAの特別は一本は札幌で縫い上げる。という流れを試してみたかったというデザイナー河村氏の意向から、この企画はスタートしました。

そして今回、この企画に快く賛同してくれた縫製工場は、ヴィンテージリペアとしては今や全国的にも定評のある札幌Repair Jamによるもの。

じつはヴィンテージのリペアのみならず、国内の様々なブランドの縫製を手掛ける工場としても機能しています。

同じ札幌という土地で、距離感が近いからこそ感じとれる彼らの縫製に対する熱や想い、そしてこだわりが 今回完成されたトラウザースに反映されています。

Repair Jamとしても、ヴィンテージリペアと縫製で培ってきた技術と知識を最大限に生かし、自分達自身による【SIDE BY SIDE】というブランドもをスタートさせたようです。

HPもありますので、是非こちらもチェックしてみて下さい。

Repair Jam HP

 

そして、、、

いよいよ明日から始まる【KLASICA×VINTAGE FAIR】

KLASICAと当店系列のgenreのレディースヴインテージに加え、今年2回のヨーロッパ出張で溜め込んでいたメンズのヴィンテージアイテムを一気に店頭だしします!

KLASICA × ARCHの別注トラウザース 【HM12 】は明日のイベント初日に販売開始となりますので、是非店頭でご覧になってみて下さい。

明日のBlogではこのトラウザースの詳細についてまたご紹介します。

_DSC0743

ARCH 山内

KLASICA / NORTON&WYATT

2016.05.1 Sunday 23:20:42| Author:admin| Categories:KLASICA,News!!

前回ご紹介した”シャツ・SH-018SG”に引き続き、本日も同素材を用いたジャケットとパンツを紹介します。

_DSC0801
ゴワゴワとした硬い生地が特徴的な今回のアイテム。
着込み甲斐があるこの生地は、気倒してなんぼの素材です。

ヴィンテージのモールスキンジャケットの様に、何年も着込み続ける事でようやく本来の表情、色の抜けやあたりが出てきます。
どんな変貌を遂げるのかが楽しみな生地なのは間違いありません。

_DSC0271
昨年リリース時に好評でした、”NORTON”が素材を変えて登場です。

【NORTON】
_DSC0780Color CHACOARL
Size 2 / 3
Price ¥58,300+tax SOLD OUT

ヨーロッパのワークジャケットの匂いを強く感じるデザインが魅力的な”NORTON”。

僕自身もそのデザインや素材が気に入って愛用しているジャケットは、普遍的なデザインと使い勝手の良さも含めて非常にお勧め出来る1着です。

_DSC0787
ボタンの止める位置で、見え方や着方に変化を付けれるのも魅力の1つ。
襟を立ててボタンを上まで留めるスタイルもお勧めです。

_DSC0789
袖を巻くる事で見える裏地の配色もアクセントになるディテールだったりします。

_DSC0794
内ポケットのディテールも見逃せません。
大きめのポケットが左右に1つづつ、小さなポケットまで付属しているので、鞄を持たなくても手ぶらで出掛けられます。

_DSC0757
この時期は、シンプルなシャツやカットソーがインナーとしては適してると思います。
コットンリネンの非常に軽い生地なので、カーディガンの様にラフに羽織る位が丁度良いです。

メンズ・レディース共に、毎シーズン好評の”WYATT”も同素材でリリースされています。

【WYATT】
_DSC0798Color CHACOARL
Size 2 / 3
Price ¥29,500+tax

テーパードせずに真っ直ぐストンと落ちていく、太めのシルエットがこのパンツ最大の特徴です。

一度履くとハマってしまう方が多いこの”WYATT”、ストレスの無い楽な履き心地がそうさせていると思います。
勿論、ジャケットとのセットアップでの着用もこの素材ならば、気張らずに着れてしまえそうです。

IMG_5090Moment 2, KLASICA by Arch
2016, 5/3(Tue) , 5/4(Wed) , 5/5(Thu)
@Arch premier etage

約7年振りの開催となる【KLASICA】のイベントが、いよいよ明後日からと迫ってきました。
期間中は、デザイナーを務める河村氏が実際に店頭にて皆様をお迎えします。

オープンの11時からお酒と軽いお食事を用意してお待ちしておりますので、皆様お気軽に遊びにいらしてください。

ARCHでは展開していないアイテムに加え、レディースのアイテムも期間中のみ店頭に並びます。

メンズ・レディースを含めた今期のKLASICAのコレクションと入荷したばかりのArchとgenreのヨーロッパヴィンテージだけで、2Fの空間を埋め尽くします。

圧巻のラインナップになる予定ですので、楽しみにしていてください。

そして、先日のブログでも軽く触れましたがイベント初日からは、ARCH×KLASICAの特別な別注アイテムが発売します。
こちらも期待していてください。

_DSC0197

ARCH  宅見