Blog from ArchStyle » MOJITO|archstyle|Arch アーチ

2017AW Recommend Item~近谷編 

2017.12.20 Wednesday 15:15:49| Author:admin| Categories:BONCOURA,MOJITO,S.E.H KELLY,Style,Vintage

先日の宅見オススメアイテムに続き、本日は僕近谷が選んだ17AW商品をご紹介致します。

(1)BONCOURA DUFFLE COAT&3B Tairoled JACKET
2017-12-10 13.44.39

僕のまだまだ浅い経験上ですが色々とジャケットを着用して来て、ここまで自分の体格にフィットするものは出会わなかった気がします。

BLOGや店頭ではしつこいくらいにご紹介させて頂きましたが、芯から体に馴染む感覚は唯一無二。

本来少し背筋を伸ばす際に着用するアイテムでありながら日常的に手が伸びるのは嬉しい所ではないでしょうか?

宅見が紹介したKENNETH FIELDも勿論オススメですが、BONCOURAのテーラードジャケットも非常にプッシュしたいアイテムです。

BONCOURAのダッフルコートは1枚地で中に着込む事が出来、加えてアメリカものからインスパイアされたこのコートは男心をくすぐります。
カシミア混のウール素材はハリコシが有り、やや上品な印象に映るので無骨なコーディネートにもオススメです。

(2)FRENCH MOLSKIN WORK JACKET
2017-12-19 16.40.15

やはり日々コーディネートを組む中で欠かせないのがVINTAGEアイテムです。

古着にしかないスパイス、雰囲気、時代背景、ヨーロッパものは特にそうですが当時ならではの物作りの緻密さで、コーディネートに1点は取り入れたい存在です。

見た目のインパクトも勿論惹かれる所ではありますが、これが作業着だったという背景や何十年も前の洋服が形を残して現世に残っているという所にも価値を見出してしまいます。

僕らにとってFRENCH VINTAGEは切っても切り離せない存在であることは間違いありません。

(3)S.E.H KELLY TRENCH COAT (4)BONCOURA SHAUL COLLER CARDIGAN
2017-12-17 12.54.44

S.E.H KELLYのベンタイルを採用したトレンチコートは非常に汎用性の高いアイテム。

ベージュのトレンチコートはピーコート同様男の憧れ的な位置付けに値し、着ているだけで気分が上がるアイテムです。

中に着込む事を前提としたサイズ感と、S.E.H KELLY特有の仕立ての上手さが際立つ、一生モノのコートになる事間違いなしです。

BONCOURAのショールカラーカーディガンは最近ご紹介させて頂きましたがオリジナルから作り込まれた素材と、スタイルを感じるアイテムです。

アウターの中にも潜める事が出来るのでこの季節から、春先、秋にかけて活躍します。
何より永く着用していく事で、物造りの良さを体感していただける2アイテムです。

(5)MOJITO KETCHUM COAT BAR.2.0
スクリーンショット 2017-12-20 14.43.18
2017-12-17 13.18.47

MOJITOから今季リリースされているKETCHUM COATはなんとも贅沢な1枚。

[スイスローデン]を採用しているこのコートは、上品な色合いと男臭い雰囲気が漂います。

背中部分のかなり深い位置から施されたプリーツは綺麗なAラインシルエットを生み出し、可動域も大きく増大させてくれる嬉しいディテール。

襟を立てると鮮やかなNAVYが覗き、冬に色味が重たくなりがちなコーディネートに粋なエッセンスを加えてくれます。

個人的にはFRENCH ARMY M-47PANTSにサラッと合わせるのが好みです。

今季のアウター、ジャケット、ニット類はまだまだご紹介仕切れません、、、笑
実際に購入したアイテムで、ご紹介したいアイテムはまだまだ御座います。

2017年最後の買い納めをしに、是非ARCHにいらしてください。

Arch 近谷

MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10

2017.09.17 Sunday 17:54:53| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO

昨日から開催しております、【MOJITO×KENNETH FILED VOL.10】

両ブランドからリリースさせて頂いている特別なアイテムは早速好評を頂いております。

僕らもMOJITO、KENNETH FILEDのアイテムを日頃から愛用しておりますが、実際にデザイナーである2人からアイテムの話や背景を聞くとより愛着が沸きます。

_DSC0500
_DSC0770

_DSC1193

_DSC0528

_DSC0513
DSC0331-400x265

_DSC1183
_DSC0741 (1)

MOJITO “AL’S COAT “は、3シーズン着まわせる汎用の高さが好評を頂いている理由の1つです。
ここ北海道では頼りになる1着なのは間違いありませんね。残り僅かとなっておりますのでお早めにご覧になってみてください。

KENNETH FIELD のMAGEE TWEEDは用いた限定アイテムは完売してしまいましたが、生地に若干の残りがありますので、数枚ですが製作可能です。

イベントは明日まで開催しておりますので、是非この機会にご来店くださいませ。

ARCH 宅見

MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10

2017.09.16 Saturday 10:39:55| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO

いよいよ本日より開催します【MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10】

KennethField_mojito-400x169MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10
2017 9/16(SAT), 9/17(SUN), 9/18(MON)

両ブランドから特別に製作して頂いたアイテムは、本日より発売です。

加えて普段店頭には並ばない豊富なラインナップが一挙にご覧頂ける機会となっております。

イベント期間中は、MOJITO山下氏、KENNETH FIELD草野氏もARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

_DSC0500
_DSC0508

_DSC0750
_DSC0753
_DSC0757
_DSC0772
_DSC0767
_DSC0806
_DSC0494

_DSC0691
_DSC0741
_DSC0699
_DSC0695
_DSC0723
_DSC0746
そして、KENNETH FIELDからはカスタムオーダー会を開催します。

定番のSPORTS COAT、TRIM TROUSERS、VESTの形で自分の好きな生地を選び製作出来る機会となっています。
スポーツコートはベースモデルが新型を含み5型、ベストは2型、トラウザーは新型含み2型あります。

生地には、英国のHARRIS TWEEDやMOON社のホームスパン、インディゴコーディロイ、フレンチテイストのダック生地やミリタリーテイストの地厚なヘリンボーンなど、様々な素材を用意しています。
勿論定番のFOX フランネルやツイードでのオーダーも可能です。

自分だけの1着を是非作りにいらしてください。

皆様のご来店をお待ちしております。

 

DSC03661-400x265
ARCH スタッフ一同

AL’S COAT Expressly For ARCH

2017.09.13 Wednesday 19:47:14| Author:admin| Categories:Exclusive,MOJITO

IMG_0476

MOJITOを代表する普遍的アイテムのひとつであるAL’S COAT。

2011年秋冬のシーズン、一番最初にリリースされたファーストモデルを、今回は一度限りの復刻という形で16日(土)から3日間開催するMOJITO × KENNETH FIELDのイベント初日に限定数を発売します。

_DSC0674

当時と同じ取り外し可能な8枚に接いだHARRIS TWEEDをライナーに装着。

今回は特別にグレンチェック等、モノトーンでARCHらしい配色に仕上がっています。

春先はライナーを外しライトアウターとして。秋口から冬にかけてはライナーを装着し、ここ北海道の厳しい寒さを乗り切れる保温性を兼ね備えます。

_DSC0665

_DSC0676

_DSC0696

このモデルのデザインソースは、ヘミングウェイの名作【THE KILLERS / 殺し屋たち】に登場するアルという人物が着ていたコート。

表地には馬布と呼ばれる高密度に織られたコットン100%の生地を用いています。

元来、乗馬時に鞍が滑らないように敷いていたこの生地にマイクロピーチとオイルタッチの樹脂を乗せてオイルドクロスのような質感に仕上げ、そこから洗いを数回かけ天日干しを繰り返す事で、より男らしく無骨なものへと昇華しています

_DSC0671

いつの時代もコート(外套)をどう着こなすかというのは男にとっての永遠のテーマ。

着用を繰り返す事により、ライナーのHARRIS TWEEDが身体に馴染み、表地の馬布が色褪せてきた面構えになってきた頃には愛着が湧き、自分のモノになるでしょう。

 

_DSC0687

AL’S COAT Expressly For ARCH
COLOR  BLACK
SIZE S / M / L / XL
PEICE 98,000円+TAX

9月16日(土)発売

TWEEDについて by ARCH 山内

2017.09.12 Tuesday 21:16:48| Author:admin| Categories:BASIC_ITEM,Exclusive,KENNETH FIELD,MOJITO

P4390502

2000年頃、初めてヴィンテージの買付で訪れたLONDON ポートヴェローの蚤の市で買った古いハリスツイードのジャケットが自分にとっての初めてのツイードだったと記憶してます。

そこにはおびただしい数のツイードのジャケットやコートが並べられていたのですが、実際袖を通すと自分にしっくりくるサイズ感を見つけるのは至難の技でした。

その時やっと出会えたツイードジャケットは今でもこの時期になるとよく着ています。

洋服屋の仕事をするようになって20代から30代にかけて購入したツイードのジャケットやコートは10年選手になり、程よく身体に馴染み、特にコーディネートを難しく考えるわけでもなく、気がつくといつも着ている自分にとってはジーンズのような存在。

だからこそツイードのアイテムは飽きのこない普遍的なスタイルのものを選ぶというのが自分の価値観であり、ARCHの品揃えのベースにもなっています。

a2018f42679b328abd224d2125cf8080

数年前にヨーロッパの出張時にANATOMICAの仕事で英HARRIS TWEED社に訪れた時のこと。数百の生地サンプルと格闘しながら厳選していると、腕にタトゥーを施したセールスマンがこっちに来て、【まぁ、そんなに気張らないでシングルモルトのスコッチウイスキーでも飲んだらどうだ?】とストレートで出された事がとても印象的でした。

その時、初めてツイードを着る意味、その背景がわかった気がしました。

_DSC0674

20170820123105

※DON’T LOOK BACKより抜粋

今週末MOJITO × KENNETH FIELDのイベントで発売するそれぞれのツイードを使ったスペシャルアイテムはまさに普遍的なスタイルといえるでしょう。

是非楽しみにしていて下さい。

ARCH 山内

 

HARRIS TWEED by h.yamashita

2017.09.9 Saturday 21:43:54| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO

昨日ブログでもアナウンスさせて頂いておりました【MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10】

今回のイベントのテーマは、クラシックな素材”TWEED”

様々な機能的な素材が世の中に存在している中、何故ツイード生地を愛用するのか?

MOJITO山下氏とKENNETH FIELD草野氏、ARCHオーナー山内に”TWEED”についてお話を伺いました。

本日は、今回のイベントの為にMOJITOから特別に製作したアイテムにまつわるお話です。


_DSC0508

『デニムやシャンブレー、コットンフランネルに裏毛と天竺で出来上がった僕にとって、ツイードという素材は、まだまだ未開拓であり、ツイードで出来たどのアイテムを着てみても、自身が納得できる着こなしが出来るには、もう少し時間がかかりそうだし、これからの課題素材だとも思っています。

2011年の秋冬シーズンに初登場のAL’S COATをデザインするにあたり、コート本体の素材は直ぐに決まりましたが、取り外しができるライニングの素材を決めるのには相当時間を使いました。

初めてリリースするAL’S COATの個性に合う素材を僕なりに吟味し、最終的にツイード(Harris Tweed)に着地。

その理由としては、丈夫な表生地に負けない素材であること。
ライニングとしての機能を果たすこと。
表生地と同様に馴染むこと。
防寒だけの機能に留まらず見た目の華があること。
これらが主だった理由です。

勿論、前出の理由を網羅しそれを軽々と超えてしまう素材は山程あります。

それと2011年当時の僕が知る限りHarris Tweedを取り外しが可能なライニングとして用いたアイテムを見たことが無かった事もその理由に加えておきます。

冬になると今でも当時のAL’S COATにHarris Tweedのライニングを付けて使用しているので、僕なりに相当気に入っているアイテムです。

今年の冬で7年目を迎えるHarris Tweedのライニングは、当初の狙い通り表生地に負けることもなく、むしろデニムやシャンブレー、コットンフランネルに裏毛と天竺で出来上がった僕よりも、シャキッとしているのである。』

h.yamashita

KennethField_mojito-400x169

MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10
2017 9/16(SAT),9/17(SUN), 9/18(MON)

 

 

 

French Army Chino Trousers Dead Stock

2017.09.8 Friday 22:01:27| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO,Vintage

約3年振りにFRENCH ARMY のチノパンがデッドストックの状態で見つかりました。

_DSC0948
_DSC0951COLOR KHAKI
CONDITION DEAD SOTCK
PRICE ¥18,000+TAX

今回は、50年代〜60年代にかけて作らていた物で様々なサイズが揃いました。

ミリタリーが発祥である所謂”チノパン”。
数あるミリタリーのチノパンの中でも、ARCHのスタイルとして外せないのがこのフランス軍のチノパンです。

_DSC0966

_DSC0976
センタークリースにタックの入った仕様は、まるでトラウザーズの様でもあります。
ミリタリーらしい潔い太さもこの年代特有です。

_DSC0978

ジーンズと同様に絶対的な定番として必要不可欠な”チノパン”

僕自身もこのフランス軍の物を愛用していますが、ミリタリーらしいシルエットと履き込んでいった際のやれた感じが堪らなく好きで、”チノパン”はこれを履く事が殆どです。

サイズ感に関しては、幅広い人に履いて頂けるサイズが揃っているので、是非お早めにご覧になってみてください。

_DSC0993

 

 

そして、来週末から毎年恒例となっているスペシャルイベントを開催します。

KennethField_mojito-400x169MOJITO×KENNETH FIELD VOL.10
2017 9/16(SAT),9/17(SUN), 9/18(MON)

今回で10回目となった【MOJITO×KENNETH FIELD】のイベント。
記念すべき今イベントでは、両ブランドから特別なアイテムを製作致しました。

今回、今一度原点に帰るべくクラシックな素材 ”TWEED”にフォーカスを当てました。

様々な素材や生地が存在する中、何故”TWEED”に惹かれるのだろうか…
男なら必ず所有しておきたいモノであり、誰もが一度は憧れた事のある素材だと思います。

そんな”TWEED”について、MOJITO山下氏、KENNETH FIELD草野氏、ARCHオーナー山内にお話を伺ってきました。

こちらのブログにて順に紹介していきますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

MOJITO×KENNETH FIELD Vol.9

2017.04.15 Saturday 20:36:51| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,MOJITO,News!!

昨日から開催しております《MOJITO×KENNETH FIELD Vol.9》。

イベント初日から多くのお客様にご来店頂き誠に有難う御座います。

MOJITO山下氏、KENNETH FIELD草野氏が実際に店頭にてお客様に提案する姿を見ていると、僕達も物欲にそそられてとても刺激を受けています。

IMG_0973

IMG_0956

IMG_0957

IMG_0967

イベント初日の閉店間際に、山下氏と草野氏から僕達に勉強会と題して今回の別注アイテムについて詳しく説明して頂く予定だったのですが、その日集まって頂いたお客様も交えての勉強会に急遽変更しお話しを皆様で聞ける事になりました。

こういったお客様同士の交流もイベントの醍醐味だと思います。

洋服の話しから趣味の話しまで、聞いているだけで僕達も嬉しくなりました。

IMG_0984

IMG_0992

イベントは、明日4/17日までの開催となります。

両ブランドとコラボレーションした別注アイテムは、早速好評を頂いており既に残り僅かとなっております。

MOJITO山下氏、KENNETH FIELD草野氏も明日まで店頭にて立って頂く予定ですので、是非この機会にご来店くださいませ。

ARCH 宅見