Blog from ArchStyle » NORTH WORKS|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe×North Works Special Event

2020.06.25 Thursday 20:21:12| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

DSC09563

明日より開催します【rdv o globe×North Works Special Event】

rdv o globe前淵氏とNORTH WORKS太田氏も、ARCHの店頭に立って頂き皆様をお迎えします。

rdv o globe スペシャルセールに加えて、2021SSの新作をいち早くご覧に頂ける貴重な機会となっております。
個人オーダーも可能となっていますので、是非この機会に自分だけのアイテムをオーダーしてください。

NORTH WORKSからは、メンズのコレクションに加えて、レディースモデルも多数ご用意しています。

Vintage coin Pin hommage by Georgia O’Keeffe  のブローチと合わせてご覧になってください。

DSC09574

DSC09575

DSC09576

 

DSC01753

DSC09564

DSC09568

DSC09549

DSC01756

DSC09560

DSC09567

久々のイベントという事もあり、僕ら自身も大変楽しみにしている今イベント。

皆様とお話出来るのを楽しみにしています。

是非遊びにいらしてください。

ARCH 宅見

rdv o globe “SPECIAL SALE”

2020.06.23 Tuesday 20:31:50| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

 

今週末から開催します【rdv o globe×North Works Special Event】

ARCHでは久々のイベントという事もあり、今回特別に”rdv o globe”のストックセールを開催します。
rdv  o globe前淵氏のご協力の元、約50品番のコレクションをご用意して頂きました。

ARCHで展開していたアイテムから、未展開の物までご覧になって頂けます。

L1001967-266x400

L1007949-400x288

L1002807-266x400

L1004233-400x266

resize_image-2.php

L1005579-400x266

DSC00740-266x400

スクリーンショット 2020-06-23 16.21.21

L1004230-266x400

L1007093-266x400

L1007934-266x400

別注品番を除いた約50品番全てのアイテムを、”20%〜40%OFF”にてご提供致します。

この企画は中々ないと思います!

加えて、”rdv o globe 2021SS”の新作となるコレクションをお披露目します。
出来上がってきたばかりのサンプルを、rdv o globe前淵氏が自らハンドキャリーにて、持ってきて頂きます。

僕らもまだ見ていない2021年の新作アイテムを、ARCHにてご覧に頂けるまたとない機会です。

個人オーダーも承っておりますので、是非この機会にご覧になってください。

ARCH 宅見

“NORTH WORKS”太田氏 インタビュー

2020.06.22 Monday 20:55:02| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

Archでジュエリーブランドと言えば、真っ先に『NORTH WORKS』が出てくると思います。

6/26(FRI)から3日間限定で開催される、『rdv o globe×NORTH WORKS』

Archにこんなに沢山作品が揃うことが、我ながら、奇跡と思いながら今から楽しみでなりません。

そんな中、先日BLOGにてお話しさせて頂いていたVintage Coin Pin homage by Georgia O’Keeffe

IMG_3852

20世紀を代表するアメリカの画家Georgia O’Keeffe(ジョージア オキーフ)。

彼女が愛用していたナバホ族のブローチ。

この1枚の写真にフォーカスしてArchに向けて作成して頂いた、ブローチについて今日は詳しく伺いたいと思います。本日は、NORTH WORKS 太田氏にお伺いしたインタビューをご紹介致します。

阿部(以下 阿)
太田氏(以下 太)

1,今回ブローチの作成にあたった経緯を教えて下さい。

太: 『ぼくの好きなネイティブ・アメリカンのスーベニアでこの手のpinをよく見かけます。

おそらく1930年代頃から鉄道で観光出来る時代になり、東部を中心に全米中から多くの人達が南西部に訪れ、観光客相手に地元のインディアンが作った土産製品の一つです。
直接肌に着けるジュエリーではないのでサイズなども関係無く一般的なジュエリーより種類も豊富だし付け方も自由なので見ているだけでも楽しいアイテムですね。
ただ所謂インディアンジュエリー的な当時流行った、いかにもなデザインが多く、個人的にはもっとシンプルな物はないかとずっと思っていました。

阿: 『インディアンジュエリーと言えば”サンバースト”、”アロー”、”ナジャ”などデザインの効いた物が多いイメージがありますが、その中で太田さんは何故シンプルな物を作ろうと思ったんでしょうか?』

太: ある時Santa Fe にあるGeorgia O’Keeffe Museum(ジョージア オキーフ美術館)の近くに滞在していて、その時立ち寄りはしなかったのですが、気になっていたので後で調べたらアメリカ人女性の画家がサンタフェにいたと知って。

その画家がジョージア オキーフでした。

1592379415033

今では彼女の芸術作品のみならず、孤高の生き方、アメリカモダニズム、生涯を通じてファッションや家なども注目されていたり何かと話題になってますよね。ぼくも写真集をいくつか持っていて彼女の独自の美意識にとても共感しています。
(気になる方は調べてみて下さい。)

そんなオキーフが写真の中でよく着けているトレードマーク的なOK pinも凄く素敵なのですが、ぼくがハッとなりオキーフに興味が湧いたのが1930年代に作られたとされる“Navajo Button  Silver pin”。

ナバホ族の作った歪んだドーム型をしたすごくシンプルなpinをさり気なく着けていたのがとても魅力的でした。』

1592379418174

阿: 『そうゆう背景があったんですね。

シンプルな物程、作り込みが難しいそうな気がします。
作成にあたり拘りの部分を教えて欲しいです。』

太: 『ポイントはただの丸い銀板をコンチョ型に綺麗に丸めただけではなく、ナバホ族らしい手間の掛かる後ろからの叩き出し技法である点で、表面に浮き出るデコボコと歪んだオーガニックなライン、無数の生々しく残る叩き傷、自然に古び酸化した光沢など素朴な雰囲気が本当に素敵なのです。

1592820785192

1592820789545

1592820830026

今回のブローチはここからインスピレーションを得てというか結構まんまですが、(笑) これをアメリカのヴィンテージコインを使って極力少ない道具で時間を掛けて作りました。

よく見るとほんのりコインの柄も残っています。

普段あまり使わない特殊な加工も施されていて良い雰囲気だと思います。
ネックレスが苦手な方にも是非チャレンジして欲しいです。もちろん年齢性別問わず。』

阿: 『僕もシルバージュエリーが好きで普段から愛用していますが
ジャケットなどのアクセントにだったり、”ARCH”のフィルターを通しファッションに溶け込んでくれそうな今回のスペシャルピース。
”NORTH WORKS”が作り出すブローチ、すごく楽しみです。』

1592820873056 (1)

MATERIAL / VINTAGE COIN SILVER
SIZE / S , L
PRICE / (左)Quater Dollar 25¢ ¥15,000+tax
(右)Half Dollar 50¢ ¥20,000+tax

2,何故、モーガンダラー、ヴィンテージコインを使うのか。

太: 『難しい質問ですね。(笑)

少し概念的な回答になってしまいますが、道具も材料もまともに揃わない時代にコインを溶かしたりして材料として使っていた時代の物作りが好きなんです。

情報なんて全然ないし周りは大自然しかソースがない。
そんな制限されたクリエーションにとても興味がありますしすごく惹かれてしまいます。

今では情報も含め色んな道具や素材が選べて凄く便利な時代です。
だからこそコインを選びその中でチャレンジし物作りを楽しんでいます。』

阿: 『太田さんの作品へのスピリットを感じるコメントありがとうございます。
今まで多くの”NORTH WORKS”の作品を拝見してきましたが、どのアイテムも拘りと他のジュエリーブランドにはない世界観をいつも感じています。
自分自身、数多く”NORTH WORKS”の作品を所有し毎日愛用している事がその証拠です。』

3,最後に、初めてNORTH WORKS、シルバージュエリーを手に取る人へのお勧めは?

太: 『大事なのは自分が好きだとか気に入ったと思える事だと思うので特にお勧めはないですね。(笑)

あまり頭で考え過ぎず直感で選んでコーディネートを楽しんで貰えたらと思います。』

DSC0118-400x264NORTH WORKS 太田氏

阿: 『ありがとうございます。今回ブローチという新しい試み、老若男女問わず使い方も自由様々。大変楽しみでなりません。』
rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1 rdv o globe×North Works Special Event
2020 6/26(Fri),  6/27(Sat),  6/28(Sun)
in Arch Premier Etage(2F)

今回Archに向けて作成して頂いたスペシャルなアイテム。

当日までご期待くださいませ。

Arch 阿部

rdv o globe / ADAM CN

2020.06.21 Sunday 18:49:30| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

 

今週末より開催します【rdv o globe×North Works 】のスペシャルイベントに先駆け、2020SSのアイテムを紹介していきます。

本日は、rdv o globeらしいシルエットとカットソーには珍しいリネンの素材感を使用した一枚を。

DSC00944
COLOR BROWN / BLACK
SIZE 1 (S) / 2(M) / 3(L)
PRICE ¥18,000+TAX

ゆったりとしたシルエットが特徴的なカットソー。

注目すべきは、”リネン”の生地を使用している事です。
滑らかなリネン生地は、ジャージー素材の様な独特の質感。

通気性が良くしっとりとした肌触りが魅力的です。

DSC00960

DSC00962

DSC00957

DSC00958

細めのピッチのネックと絶妙な開き具合もまた、このカットソーの魅力の一つです。

ミリタリーのスリーピングシャツを着る感覚でリラックス出来、且つ素材がリネンなのでより快適に過ごす事が出来ます。

DSC00978

DSC00975

シックなブラックは、一枚でもサマになります。

CASEY CASEYやforme d’expressionのジャケット等のインナーにも、着たくなる一枚ですね。

DSC00997

ブラウンならば、アースカラーで纏めるのも面白いと思います。

ARCHで展開しているインポートとの相性が非常に良いです。

ヨーロッパのウェアーにアメリカらしいポケTEEでも勿論格好良いですが、自然にフィットするのがこの”ADAM CN”だと思います。

是非、今週末から開催します【rdv o globe×North Works Special Event】にてご覧になってみてください。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1

rdv o globe×North Works Special Event
2020 6/26(Fri),  6/27(Sat),  6/28(Sun)
in Arch Premier Etage(2F)

ARCH 宅見

rdv o globe × North Works Special Event

2020.06.19 Friday 20:51:26| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

コロナウイルスの影響により、ARCHでもイベント等の開催を自粛させて頂いておりましたが、県境をまたぐ移動等も解除になった事もあり、

毎年恒例になっております、【rdv o globe×North Works 】のスペシャルイベントを来週末開催する運びとなりました。

rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1
rdv o globe×North Works Special Event
2020 6/26(Fri),  6/27(Sat),  6/28(Sun)
in Arch Premier Etage(2F)

この状況ですので、中々外出が出来ない、お買い物に行けないという状況が続いているかと思います。

少しでも皆様に洋服を通じて喜んで頂きたいと思い、今回は特別にrdv o globeのスペシャルセールを開催します。

DSC00938
⑴ rdv o globe COLLECTION SALE 20%~40%OFF

2020SSのアイテムから昨年のアイテムまで、ARCHでは展開していなかったアイテムを中心にご用意しております。

⑵rdv o globe 2021 SS NEW COLLECTION 受注会

加えて、一足先に”2021SS”の新作となるコレクションの先行受注会を行います。

出来上がったばかりの新作のコレクションをご覧に頂けるだけではなく、個人オーダーも可能になっております。

IMG_3932

⑶AUTIQUE WATCH FAIR
rdv o globe前淵氏がコレクションしているアンティークウォッチも期間中限定で発売します。

古いモノですと1883年製の懐中時計も…約100年前のモノから1940年代の古い時計を集めて頂きました。
懐中時計に、NORTH WORKSのヴィンテージビーズで製作したチェーンを施した、スペシャルモデルです。

0D7692E2-E94A-48F3-8707-A4368823FD50-400x400

⑷NORTH WORKS VINTAGE SILVER COIN COLLECTION FAIR

NORTH WOEKSからは、代名詞とも呼べるヴィンテージコインを用いて製作されるシルバーアクセサリーを、ほぼフルラインナップで展開します。

メンズのアイテムに加えて、前回好評を頂きましたレディースモデルも数多く持ってきて頂きます。

IMG_3852

⑸ Vintage Coin Brooch homage by Georgia O’Keeffe

20世紀を代表するアメリカの画家Georgia O’Keeffe。

アメリカのモダニズムに多大なる影響を与えた芸術家として知られる彼女ですが、実は身に纏っていた洋服にも興味深いものがあります。

彼女が愛用していたナバホ族のブローチ。

この1枚の写真にフォーカスして製作された、NORTH WORKSのブローチもイベント初日からお披露目します。

こちらも含めてイベントの詳細は、後日ブログにて紹介しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

My Vintage 〜宅見 Vol.2

2020.05.22 Friday 20:20:27| Author:admin| Categories:My Vintage,NORTH WORKS

本日は、私宅見の愛用品をご紹介します。

IMG_9826

ここ最近、気に入って愛用しているのが【NORTH WORKS】のブレスレットとリング。

アメリカのヴィンテージコインを贅沢に使用し作られたグレスレットは、デザインとコインの美しさに魅了されました。

個人的に、シルバーブレスレットを着用する際は、リングがないと落ち着かない性分で…フランスC社のリングを探していた所、偶然出会ったのが”NORTH WORKS”のリングでした。

マルッとしたシルエットに一目惚れし、毎日肌身離さず愛用しております。

IMG_9836

IMG_9848

ブレスレットのデザインは、クレッシェンドと呼ばれるデザイン。

オーヴァルがいつくも重なっな形状になっており、徐々に大きくなっていくのが特徴的です。

フランスH社を彷彿とさせるデザインでありながら、アメリカのコインを使っているという点に惹かれました。

IMG_9841

IMG_9845

IMG_9838

IMG_9831

大き目のトグルもこのブレスレットの特徴です。

女性的なニュアンスも感じるデザインですが、ヴィンテージコインの無骨さがプラスされ、力強い雰囲気になっていると思います。

使っていくとコインが鈍く光ってくるのが、またたまらなく格好良いんですよ。

IMG_9830

一見、重厚なイメージがあるデザインですが、付けてみると意外とそれを感じさせないのも魅力の一つかもしれません。

毎日、嫌でも目に入り肌身離さず身に付けるアクセサリーだからこそ、品定めは慎重になり自分が納得出来るモノを愛用したいと思います。

” NORTH WORKS”のフレスレットは、まさに毎日愛用しているのが当たり前になっている、僕の左手には無くてはならないモノです。

こちらの商品は、オーダーも可能ですのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

ARCH 宅見

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

☆ ARCH ONLINE STORE

MOJITO×NORTH WORKS / Brain Tan Leather Pouch Necklace

2020.04.25 Saturday 19:54:26| Author:admin| Categories:MOJITO,NORTH WORKS

毎年恒例となっています【MOJITO×ARCH SPECIAL EVENT】

今回は、止むを得ず中止となってしまいましたが、実はMOJITOの別注発売に加えて、もう一つスペシャルアイテムをお披露目予定でした。

“MOJITO×NORTH WORKS”

“Brain Tan Leather Pouch Necklace”

DSC00401

前回の展示会時に、2020AWのMOJITOの洋服は、服に穴が開くんじゃないかという位、見させて頂いたのですが…

それと同じ位に、山下さんが実際に愛用しているモノにも目がいってしまうのです。
これはお会いする時にいつも気になってしまうのですが…笑

その時に首から下げていたあるネックレスに僕らはクギ付けでした。

展示会中ずっと気になっていましたが、まだ聞くタイミングではないと思い、食事を一緒にさせて頂いてる最中に、満を持して直撃。

話を聞いていくと、なんと”MOJITO×NORTH WORKS”によるスペシャルオーダーだという事が判明。
勿論、山下さんの特注品なので、山下さんしか所有していないモデルです。

IMG_2989

IMG_2990

IMG_2987 (1)

その時、丁度”NORTH WORKS太田さん”も同席しており、このネックレスについて話を伺える事が出来ました。

IMG_2992

元々、インディアンの人達が薬草などを入れるメディスンポーチがデザインベースとなっています。

交易で手に入れたガラス製ビーズで装飾したり、中に大切な物をしまう為に使われていたそうです。
昔、ロッキー山脈の山奥に住むマウンテンマンと呼ばれる毛皮ハンターの人達も愛用していたポーチだったりします。

NORTH WORKSのインラインとしてあったモノを山下さんが気に入り、そこから山下さん仕様にアップデートして完成に至ったそうです。

IMG_7936

IMG_7937

先ず注目すべきて点は、袋に使用しているBRAIN TAN LEATHER  / MADE IN USA 。

ブレインタンニングとは、史上最も古い鞣し技法の一つであり、
動物の脳に含まれているオイル成分によって皮を軟化させる手法です。

今では、アメリカの極一部の場所でしか行えない希少な鞣し方の一つと言われています。

毛布やフェルトのようなソフトで柔らかな手触りでありながら、野生本来の表情を持ちわせています。

IMG_7940

ブレインタンレザーを、さらにシダーで燻す事で、独特な香りと黄金の発色、五感に訴えかけてくる魅力的な素材へと昇華します。

鞣しの段階で一切薬品等を使用しないので、環境にも優しく、大変手間がかかる為、インディアンの間でも一度後継者が絶えてしまったそうです。

IMG_7930

IMG_7935

IMG_7932

実際に、インディアンがポーチを装飾していた様に、MOJITO山下氏の完全オリジナルで、施されたビーズ類にも注目です。

全てアンティークビーズを用いており、NORTH WORKS太田さんが自らの足で見つけたものです。

NORTH WORKSの定番でもある、ヴィンテージコインを留め具に使い、ヴェネチアの希少なビーズを贅沢に使用しています。

イタリア・ヴェネチア本島に沿って位置するムラノ島では、ガラス工芸が有名であり、その歴史は13世紀まで遡ります。

金貨が生まれる前の時代には、交易品として様々国とのトレードビーズとしても有名です。

今回の、MOJITO×NORTH WORKSのスペシャルポーチに使われている、個性的なアンティークビーズはどれも魅力的であり、一点一点使われているビーズが微妙に異なる一点物です。

L1009557

IMG_7929
 COLOR NATURAL
PRICE ¥18,000+TAX
ORDER

MOJITO山下さんの完全別注品を、特別にARCHで販売させて頂ける事になったスペシャルアイテム。

僕もこの食事の際に個人オーダーさせて頂き、早速愛用していますが、レザーの変化が楽しみで仕方ありません。

こちらのアイテムは、完全受注生産となっております。
本日から、5/1までのオーダー期間となりまして、納品は9月頃となっております。

全てアンティークビーズを使用している為、ビーズはこちらからのお任せとなっておりますのでご了承くださいませ。

ARCH 宅見

rdv o globe Recommend Item

2019.12.6 Friday 23:03:43| Author:admin| Categories:NORTH WORKS,rdv o globe

 

本日より開催しております【rdv o globe×North Works】のイベント。

イベント期間中は、ワインと軽食をご用意しておりますので、お気軽に遊びにいらしてください。

L1002156

L1002160

L1002166

L1002176

L1002171

お客様が色々な洋服を試着している姿を見ていると、やはり僕達もワクワクしてきます。
本日は、rdv o globeのコレクションの中から特に気になったアイテムをアウターメインで紹介します。

【ENRICO VE.】
L1002071
COLOR OLIVE
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥68,000+TAX

ミリタリー要素を色濃く反映させたENRICO VE.

ゴワッとしたキャンバス生地が、着倒したくなる欲がふつふつと湧いてくる一着です。

L1002074

L1002075

取り外し可能なウールライニングを施しているので、3シーズンに渡り着回しが効きます。

なによりも魅力的なのがゆったりとしたシルエット。

フィッシュテールパーカーの様な感覚で着れるたっぷり感が堪りません。

L1002085

L1002084

L1002081

L1002185

カラーはオリーブとブラックの2色展開となっています。

【FISHTAIL MA.】
L1002109
COLOR BLACK
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥78,000+TAX

続いては、FISHTAIL PARKAをベースとした一着。
rdv o globe前淵氏が初めて日本に持ち込んだ事でも知られる、フランスの伝説的な名店”Marcel Lassance”

”Marcel Lassance”  がアメリカ物のフィッシュテールパーカーを、ナイロン素材で作るという革新的なアイテムを作っており、僕も昔前淵氏のお店で購入した事がありました。

良く愛用しているのですが、どことなくこのFISHTAIL MAにフィッティングが似ているなぁと思っていたら、まさに”Marcel Lassance”  から受け継いだパターンだったのです。

フランスの匂いをプンプン感じるこのFISHTAIL MAには、そんな背景が隠されていたのです。

L1002110

L1002101

スクリーンショット 2019-12-06 22.41.31

【GRAND COAT】
L1009139-266x400
COLOR DARK NAVY
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥85,000+TAX

最後は、復刻別注として依頼した一着です。

常に新しい物を生み出すrdv o globeの洋服だからこそ、昔のモデルを復刻するというのはあまりない考え。
だからこそ、復刻依頼をしてから数年後にようやく形になったモデルです。

実の所、2回目の復刻なのですが…笑

どうしてももう一度製作したかった….それくらい僕らのスタイルには欠かせないメルトンコートなのです。

IMG_9142-400x266

IMG_9145-400x266

IMG_9147-400x266

海軍メルトンとも呼ばれる極厚なウールメルトン生地を使用しています。

防寒性に優れているこの生地は持つとずっしりと重さを感じます。
ですが、着てみるとそこまで重さを感じることはありません。

立体的にとられたパターンが身体にストレスを与える事なく、楽な気心地を生み出しています。

L1009542-266x400

L1009545-266x400

L1009166-266x400

背中のインバーテッドプリーツがまた男らしさをより際立てます。

歩く度にコートが揺れ、動く度に背中のプリーツが顔出す。

どの角度から見ても惚れ惚れするし、歩いて動いてる時の方がより見栄えがするコートです。

僕らが自信を持ってお勧め出来る渾身の別注品です。

他にも、rdv o globeのコレクションは揃っています。

是非、この期間中にご覧になってください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

rdv-au-globe-north-woorks-400x270-1

2019/12/6(FRI)〜12.8(SUN)
In Arch Premier Etage (ARCH  2F)