Blog from ArchStyle » _BRAND(O-U)|archstyle|Arch アーチ

M-1948 PARKA STAFF VOICE

2018.08.25 Saturday 14:01:42| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

本日は、日頃からM-1948 PARKAを愛用しているスタッフに、実際にどうやって着ているのか、購入した理由など、生の声を聞いてきました。

先ずは、ARCH HERITAGE岩谷からです。

スクリーンショット 2018-08-24 20.21.23ARCH HERITAGE 岩谷

⑴先ずは率直になってしまいますが笑 購入した理由を教えてください。

岩谷/
日頃からミリタリーアイテムが好きで面白い物を見つけるとついつい買ってしまうのですが、ヴィンテージ市場でもこの元となったM-48PARKAは中々手に入れる事ができず昔から狙っていたアイテムの一つでした。
正直なところ僕自身オリジナル主義なところもあるので一番は当時の本物が理想ですが、ビンテージをそのままレプリカにした訳ではなく、ファーを取り外したと言う背景のあるストーリー。

オリジナルにはないブラックというカラーにヴィンテージ以上の価値を感じました。

⑵普段はどのように着用していますか?

岩谷 /
基本的に決まった使い方はありません笑
というのもフードが付いていて丈が長い=僕にとっては防寒着の何物でもないので、北海道ならではの風が強い日や吹雪の日に使う物として考えています。

悪天候の時にというのが唯一の決まった条件なので、肉厚のセーターやツイードのジャケットとレイヤードする事が多いと思います。
重衣料を重ね着したときにかさばらず、ストレスが無いというのも1つの大きな決め手でした。

2b395257cc385d93662c7d00919ccff7-266x400

続いては、ARCH TOKYO近谷

スクリーンショット 2018-08-25 13.34.24
⑴購入に至った経緯を教えてください

近谷/
アウターでベンタイルクロスを用いたアイテムはバルマカーンコートしか所有していなく、ミルスペックで製作されていた背景と、なかでも1948年製のプロトタイプに目を向けたアイテムだったからです。
古いから、珍しいから着目するのではなくディテールの善し悪しでそれを再構築し、VINTAGEをリスペクトしながらもそれを越えたアイテムだったからです

⑵いつもM-1948 PARKAを着用する時は、どんなコーディネートをしていますか?

近谷/
ツイードのセットアップにネクタイを締めて、ALDENやCHARCHS 73LASTをあわせています。
アイテムがミリタリースペックな分、ドレスの要素に取り入れる事が多いです。
当時のモッズの着こなしからもインスパイアされていますが、ネクタイの柄で個性を出したり、ハンチングを被ったり自分なりに一捻り加えるよう意識しています。

スクリーンショット 2018-08-25 13.34.49最後は、ANATOMICA川村です。

スクリーンショット 2018-08-25 13.40.03
⑴普段、M-65PARKAなどを愛用していますが、それでもM-1948 PARKAを購入した理由は何故ですか?

川村/
オリジナルにはないブラックという点が決めてです。
野暮ったさを軽減してくれるブラックは、フレンチカジュアルな着こなしに合わせやすいから。
ベンタイルの撥水性もヘビーユーズの理由の一つです、この素材もオリジナルのミリタリーパーカにはない素材ですからね。

⑵どのようなスタイルでいつも愛用していますか?

川村/
ANATOMICAのTANGO PANTSにシェットランドセーターにモールスキンジャケット。
アメリカ物とは敢えて合わせずに、綺麗目なフレンチをイメージしています。

_DSC1115

それぞれに共通していたのが、オリジナルにはない素材とカラーに惹かれて愛用している事だと思います。

オリジナルの無骨さを残し、アメリカ軍には存在しなかった”ベンタイル”という点が僕らスタッフを魅了している部分です。

既にサイズ欠けしてきておりますので、是非お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

M-1948 FISHTAIL PARKA / The Interpretation by Arch

2018.08.22 Wednesday 22:09:49| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

fishtail-parka-400x372

1950年代から60年代頃にかけて、イギリスで起こったムーブメント”MODS”。

その時代背景を描いた映画”さらば青春の光へ”を見ても分かる様に、当時彼らが着ていた米軍のミリタリーコート・M-51 PARKAなどは、当時のファッションを象徴とするアイコン的なアイテムでした。

そんな時代背景を通じて、彼らが好んで着用していたミリタリーコートが、”MODS PARKA”と呼ばれる様になっていきます。

音楽、ファッション、ライフスタイル、どれを見てもこの”MODS”の時代には惹かれるものがあります。

イギリスから見たアメリカのミリタリー・FISHTAIL PARKA。

そんな想いとイメージから、THE INTERPRETATION BY ARCHで再構築するべき素材は必然的に決まっていたのかもしれません。

DSC0078-400x2651-400x265
”VENTAILE CLOTH (ベンタイル クロス)”

英国のミリタリーが発祥であるこの素材は、元々イギリス空軍の死亡率を減少させる為に開発された撥水性に優れた物です。
コットン100%でありながら、防風・防水に優れており、イギリスではミリタリーの他、アウトドアシーンでも重宝されていた素材です。

英国らしい素材を、アメリカ物のミリタリーパーカに乗せた”M-1948 PARKA”は、冒頭の話の”MODS”にリンクする部分があるかと思います。

_DSC0589
_DSC0595
_DSC0604
VENTAILE CLOTHの素材は、機能的なのは勿論ですが光沢感のある素材が故に、上品な印象も与えてくれます。
北海道ならば、インナーにツイード等のジャケット+ニットであれば、真冬のアウターとして着用可能です。

_DSC0582COLOR OLIVE
SIZE S / M / L
PRICE ¥82,000+TAX

2b395257cc385d93662c7d00919ccff7-266x400
_DSC0806
_DSC0803
ミリタリー直球のオリーブカラーですが、ベンタイルの生地感からかそこまで野暮ったい印象がありません。

そして、細部に至るまで拘り尽くしたディテールにも注目して欲しいです。
TALON社のダブルジッパーは、無骨な雰囲気をさらに引き立てます。

DSC0094-400x265
コットン100%のテープが徐々に色が抜けてくるもの楽しみの一つ。
車に乗る際に下だけ開けてもらえれば、可動域が広がり着丈の長さも邪魔になりません。

_DSC0614COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥82,000+TAX

_DSC0618

ブラックは、よりモダンな印象に昇華されます。
ミリタリーパンツなどのミリタリー物とも難なく合わせてしまえるのが魅力の一つでしょうか。

_DSC0622
ポケットの内側には、モールスキン生地を採用しています。
ハンドウォーマーとしての機能も備えた仕様です。

4bb67cb56257cbdcc1ff12c2cc50e19c-264x400
_DSC0777
“MODS PARKA”と名付けられたミリタリーパーカ。

そのストーリーと背景に魅了されますし、MODSの時代のイタリアのスーツにアメリカ軍のミリタリーパーカというスタイルが、単純に格好良いと思わされます。
今では当たり前の様に、ドレス+ミリタリーが見慣れているかもしれませんが、この時代にこそ今のスタイルのルーツがあるのではないかと考えると面白くて仕方ありません。

物としても自信を持ってお勧め出来るクオリティですし、こういった背景を感じながら洋服を着る事こそが洋服の楽しみ方の醍醐味ではないでしょうか。

渾身の一着を是非店頭にてご覧になってください。

ARCH 宅見

RAF SHIRT / The Interpretation by Arch

2018.08.19 Sunday 19:08:12| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

d0770ec24ffa3b7f737009f4d0068902-233x400

1940年代頃に、イギリス軍・ROYAL AIR FORCEに支給されていた刷毛目のシャツ。

OX FORDでもなく、シャンブレーでもない綺麗なブルーの色味は、このイギリス軍・RAF SHIRTの一番の特徴だと思います。

オリジナルに忠実に、より日常着として使い易い様にアップデートして製作しました。

前回の生産で、使っていた刷毛目の生地の生産が終了してしまい、長い間製作出来ない状態にありました。

今回は、前回の生地と同じものを一から復刻という形で再生産してもらいリリースする事が出来ています。

_DSC0771
_DSC0775
_DSC0766COLOR BLUE
SIZE S / M / L
PRICE ¥24,000+TAX

※ 今回は、生産出来る数量に限りがありますので、完全オーダー制の受注生産となります。
8月24,25,26日の3日間限定でのオーダー会です。

_DSC0703
_DSC0721

タックアウト・インでも着用出来る着丈のバランス。

さらっとした生地感は、通年使える生地であり夏は得に涼しく快適に着用出来ます。
ARCH 、ANAOTMICAのスタッフ全員が愛用している程、お勧めのシャツです。

_DSC0691
_DSC0751
_DSC0754
パターンを何度も試行錯誤して修正し、完成させたRAF SHIRT 。

ブリティッシュミリタリーの上品さを感じる万能なシャツは、間違いなく一枚は持っておいて欲しいアイテムです。

8月24日からのイベントでは、サイズサンプルをご用意しますので、是非自分に合う一着をオーダーしてください。

IMG_1831”THE INTERPRETATION BY ARCH ×FRANK LEDER “
2018 8/24(FRI),8/25(SAT),8/26(SUN)
PLACE/  ARCH SAPPORO , ARCH STELLAR PLACE , ARCH TOKYO

ARCH 宅見

The Interpretation by Arch × Frank Leder

2018.08.18 Saturday 21:09:31| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,THE INTERPRETATION BY ARCH

古き良き物をARCHの解釈によって再構築するレーベル【THE INTERPRETATION BY ARCH】

過去に何度かリリースしておりますが、今回は入荷の度に好評頂いております”RAF SHIRT”、”M-1948 PARKA”の2つのアイテムにフォーカスし、入荷したばかりのFRANK LEDERと同時に来週末8月24日から発売致します。

発売を記念し、ARCH SAPPORO、ARCH 東京、ARCH STELLAR PLACEの3店舗合同で8月24日から3日間、”THE INTERPRETATION BY ARCH×FRANK LEDER”と題してイベントを開催します。

IMG_1831

“THE INTERPRETATION BY ARCH ×FRANK LEDER “
2018 8/24(FRI),8/25(SAT),8/26(SUN)
PLACE ARCH SAPPORO , ARCH STELLAR PLACE , ARCH TOKYO

DSC3225-400x265

スクリーンショット 2018-08-18 20.43.41

⑴ ROYAL AIR FORCE ” RAF SHIRT”
英国空軍に支給されていたブルーの刷毛目のSHIRTをベースとした一着。
前回入荷時にて使用していた生地が終了してしまい生産出来ない状態でしたが、今回生地を復刻にて一から生産し再リリースとなりました。
こちらのRAF SHIRTは、3日間のイベント限定でオーダー会という形で受注を承ります。

生産数に限りがありますので、数量限定でのオーダーとなります。

スクリーンショット 2018-08-18 20.31.17

DSC0094-400x265

⑵ M-1948 PARKA
アメリカ軍に支給されていたM-1951PARKAのプロトタイプである”M-1948″にフォーカスして生まれたモッズパーカ。
英国らしい”ベンタイル”生地で再構築した一着は、3シーズンに渡り愛用できる汎用性の高いアイテムです。

こちらは、ブラック・オリーブの2色で、8月24日からのイベントにて発売致します。

DSC1457-400x265

DSC7679-400x264

⑶FRANK LEDER DEUTSCHLEDER
FRANK LEDER定番のジャーマンレザーのコレクションを一挙にお披露目します。
今回新たにブラウンの新色も加わり、バリエーション豊富に揃っています。

ARCHの別注にて製作していた定番のダブルブレステッドのジャケットも待望の入荷です。

イベントの詳細は、ブログとインスタグラム等で紹介していきますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

rdv o globe New Fabio Ve. Arch Exclusive Model

2018.07.25 Wednesday 21:05:40| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

昨日ご紹介しました、rdv o globeとの別注アイテム。
ARCHのスタイルに欠かせないFRENCH VINTAGEから着想を得て製作した一着は、僕らにとっても秋冬欠かせない相棒的なジャケットになりそうです。

【NEW FABIO VE. ARCH EXCLUSIVE MODEL】
_DSC0811COLOR CHACOAL GREY
SIZE 1(S) / 2(M) / 3 (L)
PRICE ¥52,000+TAX

_DSC0817

フレンチワークに見られる多くのファブリックには、太畝のコーデュロイやモールスキンといった厚手の生地が多く存在します。

今回別注製作したジャケットは、デザインはヴィンテージのオリジナルにフォーカスしていますが、
素材はアウターになってしまいそうな一着で完結するゴツい素材ではなく、コートのインナーに着用しても窮屈にならない薄手のウール生地を採用しました。

肌触りの良いウール生地は、実際に着てみるととても軽く着心地が良いです。

_DSC0835
_DSC0829
裏地なしの一枚仕立て、パイピング処理されたディテールやホーンボタンにも注目して欲しいです。

この作りだからこそ、よりラフにワークジャケットとして気軽に羽織れそうです。

_DSC0786
_DSC0790
FRENCH WORK・所謂ワークウェアーがベースにありながらも、上質なウール生地と綺麗なシルエットのジャケットだからこそ、野暮ったくなりすぎません。
前下がりになったディテールが、横から見た時に非常に美しいラインを描いています。

_DSC0804 2

トラウザーズ、ジーンズ、軍パンと正直どんなスタイにもハマる一着です。

FRENCH WORKをベースにした一着なので、個人的にはフレンチな装いで合わせて羽織ろうと思っています。
ベレー帽やキャスケットを合わせて被りたいです。

そして、このジャケットと同素材のトラウザースもお勧めの一本です。

【GILLES PA.】
_DSC0842COLOR CHACOAL GREY
SIZE 1(S)/ 2 (M) / 3(L)
PRICE ¥34,000+TAX

_DSC0851
実は、ARCHでもここ毎シーズン展開しているトラウザーズのGILLES PA.

ゆったりとして腰回りの作りに対して、裾にかけて綺麗にテーパードした絶妙なシルエットが特徴的な一本です。

_DSC0854
2タック、裾はダブルの仕様になったクラシックな作りのトラウザーズですが、履いてみるとシルエットはモダンな仕上がりに。

窮屈なイメージのあるトラウザースとは180度違う、楽にゆったりと履け且つ上品にも映る他にはないシルエットです。

_DSC0794
勿論、セットアップでの着用もやり過ぎていなく気兼ねなく着用出来ると思います。

_DSC0821
_DSC0804
入社当時に、先輩達に”フレンチカジュアルとは?”と質問していた事があります。

その時答えてくれたスタイルが、”フランスのワークジャケット、モールスキンのセットアップでパンツにセンタークリースを入れ、足元は素足にレザーシューズ。”
VINTAGEのHEREMSのスカーフを巻いている人もいたよと教えてくれたのが、強烈にインパクトに残っています。

素直に格好良いと思えたし、ワークウェアーをドレスウェアーの様に着こなしている姿が想像つき、直ぐに真似しようとしていたのを思い出しました。

今回製作した別注のセットアップもそんなイメージで着用したいと…妄想が膨らむばかりです。

洋服は考えれば考えるほど面白い。

ARCH 宅見

rdv o globe New Fabio Ve.Arch Exclusive Model

2018.07.24 Tuesday 21:41:25| Author:admin| Categories:rdv o globe

スクリーンショット 2018-07-24 20.15.36

冒頭の写真は、1940年代頃のFRENCH VINTAGEのワークジャケット。
ウール生地のこの手のジャケットを総して”PASCAL JACKET”とフランスでは呼ばれています。

それは、この年代の殆どのウールジャケットが、フランスの生地屋であるPASCAL社によるものだったからそうです。
独特の生地感が美しく、上質なウール生地はワークジャケットとは思えない作りです。

胸ポケットのディテールが特徴的であり、定番のモールスキンとはまた違った雰囲気があります。

全体的に丸みを帯びて作られている事から、仕立てで作られている事が良く分かる一着です。

FRENCH WORKを代表するこのデザインと素材。

ワークジャケットらしからぬエレガントな佇まいのこのFRENCH VINTAGEに着想を得て、rdv o globeとのコラボレーションにて今の視点で再構築しました。

_DSC0824
_DSC0833
_DSC0826
_DSC0811
_DSC0817
rdv o globeの新型による”NEW FABIO VE”を、オリジナルのヴィンテージ同様にウール生地で再現しました。

ファブリックには、上質でいてしなやかなチャコールグレーのウール生地を。
一枚仕立てで厚すぎない生地は、近くで触ってみないとウールとは分からない程上質です。

オリジナルのヴィンテージの殆どが厚手のウール生地だった事から、薄手で秋からすぐに着用出来る生地を選びました。

rdv o globeの魅力の一つ、立体的なパターンからくる美しいシルエットは、どこから見ても綺麗に映ります。

詳細は明日のブログにてご紹介します。

ARCH 宅見

rdv o globe 2018aw New Collection

2018.07.19 Thursday 19:08:09| Author:admin| Categories:rdv o globe

_DSC0574
_DSC0518
_DSC0516
_DSC0528
_DSC0515

_DSC0513

_DSC0512

_DSC0524

_DSC0532

_DSC0573

本日、rdv o globeの新作が届きました。

昨年のオーダー時から入荷するのを楽しみに待っていたので、気持ちが高揚しながら写真を撮っていました。

ミリタリーをベースとしたディテールを備えたアウターや、FRENCH WORK JACKETを彷彿とさせる新型のジャケット。

クラシックな男服のベースが見え隠れしながらも、それをモダンな洋服に昇華したrdv o globeの洋服。

いつも袖を通す度に気持ちが上がり、毎シーズン必ず何か購入してしまいます。笑

今回は、セットアップで着用可能なジャケットとトラウザーズをARCHの別注品として製作しました。

そちらも入荷済みです…

それは後日ゆっくりブログにて紹介しますが、先ずは届いたばかりの新作を店頭にてご覧になってみてください。
お勧めしたいアイテムばかりで困ります笑

ARCH 宅見

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR

2018.07.15 Sunday 18:08:49| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

昨日より開催しております、《OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR》

OUTILとコラボレーションして制作した別注コートは、早速ご好評を頂いております。
フランスから届いたばかりの新鮮なヴィンテージも、やはりスペシャルなアイテムから姿を消していってます…

まだまだ一点物のヴィンテージが眠っていますので、お早めにご覧になってください。

そして、今回は普段ARCHに展開のないOUTILのコレクションが幅広いラインナップで店頭に揃っています。

メンズに加えてレディースのアイテムも揃っています。メンズショップなので中々入りづらいかもしれませんが笑

この機会に是非ARCHへ足を運んでみてください。

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.25

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.34
_DSC0159
_DSC0179
_DSC0188
_DSC0168

_DSC0263
_DSC0258
_DSC0206
_DSC0200
_DSC0124
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見