Blog from ArchStyle » _BRAND(O-U)|archstyle|Arch アーチ

Paraboot SAPPORO 2017/8/18 OPEN

2017.08.17 Thursday 23:51:22| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

ご無沙汰しております、吉田です。

先日こちらのブログで告知があった通り、明日8月18日(金)にオープン致しますParaboot札幌店にて店長を務めさせて頂く事になりました。

Archでオープン当初から取り扱い続けてきているParaboot、当然の事ながら僕も長年にわたってその魅力をお客様にお伝えさせて頂きましたが、この度『直営店』と言うステージに場所を移して、新たに皆様とお会い出来る機会が出来ました。

今回のParaboot札幌店オープンにあたっては、本当に沢山の方々にご協力、叱咤激励頂き、こうして今、形になろうとしています。
月並みではございますが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

DSC_3125Paraboot札幌店
札幌市中央区南2条西3丁目12-2トミイビルNo.37 1F
011-219-0451
11:00~20:00
水曜日定休

歴史背景に裏打ちされた実用性は、特にここ北海道において理に適ったもの。
まさに『衣食住』で言うところの『衣』である事には間違いありません。

また、1つの文化をも感じられるその佇まいや雰囲気は随一のもの。
大袈裟かも知れませんが、1つの『革靴』を通してこれほどのものが得られる事は無いと思います。

記念すべき明日のオープン日は19時より開店記念パーティーを開催致します。
是非、皆様のご来店をお待ちしております!

Paraboot札幌 吉田 創

Paraboot 札幌店 開店のお知らせ

2017.08.15 Tuesday 21:44:11| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

main_paraboot

この度 8月18日(金)札幌市中央区に 東京青山 大阪心斎橋 東京GINZA SIX に続く国内4店舗目となる直営店舗 Paraboot 札幌店が開店致します。

ARCHでは2004年のオープン当初から取扱いをしており、この度日本総代理店の㈱RPJ様とのパートナーシップにより、私達(有)ミサンガインターナショナルは新法人MSG & Sons ㈱ を設立しParaboot 札幌店を運営することとなりました。

冬の圧雪された路面や凍り付いた路面に特に威力を発揮する靴として、これまで多くのお客様にご愛用頂いておりました。

これからは、15年間Parabootを販売し培ってきた経験を元に、Parabootの直営店舗として北海道の皆様に愛されるお店作りを目指し、より多くの方々にParabootの良さを伝えていけるよう日々精進する所存でございます。

もちろんここARCHでも、ParabootはARCHのフィルターを通したラインナップで今まで通り展開致しますので、今後とも宜しくお願い致します。

Paraboot 札幌店

札幌市中央区南2条西3丁目12-2 トミイビルNo.37 1F
TEL 011-219-0451

 

ARCH 代表 山内 公史

OUTIL 17AW / CHEMISIER FIRMINY

2017.08.13 Sunday 20:37:10| Author:admin| Categories:OUTIL

毎シーズン、好評頂いているOUTILの新作が遂に入荷です。

IMG_0373

今回、第一便で到着したのはフランスを代表する生地「Black Chambray」を使ったOUTILらしい一枚。

[ 1940's Black Chambray Coat]
IMG_0378

こちらは40年代頃のフレンチワークのヴィンテージ物になります。

フレンチワークの匂いを感じるブラックシャンブレーの素材は、独特のものがあります。
まさにこの素材を彷彿とさせるOUTILの”CHEMISIER FIRMINY”。

ARCHでも既にお馴染みの形となりました。

_DSC0279Color / BLACK
Size / 2 / 3 / 4
Price / ¥24,000- +tax

_DSC0285

ワークウエアを彷彿とさせる両胸のポケットの仕様やスタンドカラーの襟元のディテール。

これから何年もかけて着込み経年変化を楽しみたいアイテムです。

IMG_0375メタルボタンを使っており、こちらも使い込むほどに雰囲気が出てくるパーツ。

_DSC0283スッキリとしたスタンドカラーはワークシャツなのに野暮ったくなり過ぎないのが特徴的です。

_DSC0278

_DSC0291

OUTILの洋服は着てみてこそ良さがわかり、実感出来るような気がします。

是非、一度袖を通して欲しい一着です。

Arch 阿部

rdv o globe / RONNIE VE.

2017.07.31 Monday 22:02:33| Author:admin| Categories:rdv o globe,未分類

 

今回ご紹介させていただくrdv o globeの「RONNIE VE.」は、裏地無しのナイロン100%による生地により、まだまだ気温の高い今時期でも軽いアウターとして着用出来るおすすめの一着です。

_DSC0739

_DSC0735

襟元、フックベント、ポケットを見るとフレンチワークの印象を強く感じる「RONNIE VE.」ですが、前開きのアシンメトリーなデザインがイギリスの貴族が着用していたジャケットのデザインを彷彿させます。

土臭いディテールもエレガントに表現させるのがrdv o globeの得意とするところではないでしょうか。

_DSC0731

_DSC0733

フラップポケットは2重構造になっており、シンプルなデザインの中に収納力があるためとても実用的です。

袖口のカフスは本切羽によるディテール。このような細かいところまで丁寧に作られているところがrdv o globeの洋服の魅力だと思います。

IMG_0308COLOR / BLACK
SIZE / Ⅰ (S) / Ⅱ (M) / Ⅲ (L)
PRICE / ¥48,000- +tax

_DSC0726


_DSC0738軽い羽織り物としてシャツ感覚に着用したり、首元のフックを外しスカーフを巻いてフレンチカジュアルな装いをしてみたりと様々なアレンジが可能です。

昨年、ご紹介させていただいた「BOB VE.同様、通年着用出来るアイテムですので、これから真夏を迎える札幌でも一着持っておきたいアイテムではないでしょうか?

是非、お早めにご覧くださいませ。

Arch 松本

 

rdv o gloeb 2017AW

2017.07.27 Thursday 19:39:10| Author:admin| Categories:rdv o globe

 

以前、rdv o globe×NORTH WORKSでのイベントにて秋冬のスペシャルコートの先行予約会をしていたのが記憶に新しいですが、
rdv o globeより2017AWの新作が早速入荷してきました。

_DSC0629
_DSC0624

今シーズンもヨーロッパの匂いを感じるエレガントな洋服が揃います。

ドルマンスリーブのコートはゆったりとしたシルエットが新鮮であり、アシンメトリーにカーブした前立てが特徴的なジャケットは、rdv o globeが得意とするイギリス・ヴィクトリア時代の洋服を彷彿とさせる物に。

rdv o globeでは珍しい直球のミリタリー物をベースにしたブルゾンが個人的にとても楽しみにしていました。

今季もrdv o globeのエスプリを感じるアイテムばかりで、どれを買おうか迷ってしまいます…笑

先行受注会にてお披露目していました、1982年に製造されたデッドストックファブリックを用いて製作したROYAL BLUEのメルトンのコートもそろそろ出来上がってくる予定です。
予約されていた方には、入荷次第ご連絡しますので今しばらくお待ちくださいませ。

既に予約で埋まってしまっているサイズもありますが、こちらも楽しみにしていてください。

IMG_1395-300x400

ARCH 宅見

THE INTERPRETATION BY ARCH

2017.07.14 Friday 21:36:38| Author:admin| Categories:THE INTERPRETATION BY ARCH

古き良きモノをARCHの解釈により再構築するレーベル 【THE INTERPRETATION BY ARCH 】からROYAL AIR FORCE SHIRTが入荷しました。

スクリーンショット 2017-07-14 21.28.42

40年代頃に、ROYAL AIR FORCE 通称”RAF”に支給れていた”刷毛目”のシャツ。

オリジナルのヴィンテージは、取り外しの出来る襟が付属しており袖もダブルカブスと、所謂ドレスシャツの仕様になっています。

イギリスらしいディテールと”刷毛目”の生地が軍モノには珍しい1枚です。

そんな1枚を、ARCHの解釈で再構築したのが今回紹介する”ROYAL AIR FORCE SHIRT”です。

_DSC3228COLOR BLUE
SIZE S / M / L
PRICE 24,000+TAX

昨年リリース時には、ブログで紹介する間も無く完売してしまいました。

使っている”刷毛目”の生地が生産する事が出来なくなってしまった為、今回で最後の生産となります。

_DSC3225
_DSC3227

オリジナルでは取り外しの襟がつきますが、それは敢えて排除した作りにしました。

ラウンドした裾のディテールとタックインが前提で作られた前立てのディテールは、クラシックなイギリスのシャツそのもの。

本来は着丈も長めの設計ですが、アウトでもバランスの良いように調整しています。

IMG_0181
IMG_0182
IMG_0186

前回リリースした物より少しだけ仕様を変更しています。
全ての糸をコットン100%の物に、そうする事で光沢感がなくより生地に馴染んでいます。

肩周りのパターンもより楽に稼働出来るように変更しています。

旧式の機械で縫っている為、ステッチの処理が残ったままに。

個人的には赤耳の部分にとてもグッときます。

_DSC3204スタッフ 近谷
サイズ S 着用

_DSC3220スタッフ 宅見
サイズ L 着用

_DSC0558 ANAOTMICA 岩谷
サイズ M 着用

_DSC0565ANATOMICA 伏見
サイズ S着用

実は、ARCH、ANATOMICAの全スタッフが愛用しているシャツだったりもします笑
それ位、使い勝手が良く通年使える万能な1枚です。

サイズ選びも人それぞれで、少し大きめにゆったりと着てもサマになるシャツです。

僕らも入荷をまだかまだかと待っていたので、本日入荷した際は興奮して検品していました。

軍物が持つ機能美を損なわないように。

現代の洋服にも合うサイズバランス。

オリジナルに忠実に拘った刷毛目の生地。

間違いなく自分のワードローブに残り続ける1着だと自信を持ってお勧めできます。

ARCH 宅見

My Vinatge ~ Seil Marschall

2017.07.6 Thursday 19:31:01| Author:admin| Categories:My Vintage,SEIL MARSCHALL

本日は、僕宅見が約2年程愛用している”SEIL MARSCHALL”のBACK PACKを紹介します。

_DSC0329
洋服に比べて所有する事の少ないバックというカテゴリーで、ここまで気に入って長く愛用し続けているバックパックは、このSEIL MARSCHALLだけです。

このバックパックを選んだ理由は3つあります。

⑴ レザーとキャンバスのコンビというクラシックなデザインでありながら、カラーがブラックという点。

⑵ 各パーツを修繕しながら使える作りになっている。

⑶ カヌー用という事もあり、悪天候に強い素材+ショルダー部分が安定しており、旅先や自転車に乗るときも非常に楽に持ち運べる。

機能的な作りでクラシックなバックパックに黒が少ないという点が選んだ最大の理由です。

以前も紹介しましたが、毎日の様に使っているのでさらにクタクタになってきました笑

_DSC3122

_DSC3121
_DSC3127
_DSC3132

純正で付いていた紐は切れてしまったので、GUIDI&ROSSELLINIの革紐を代用して使っています。

自分だけの仕様にしていくのも愛着が湧いている理由の1つですね。

IMG_0109
IMG_0098

キャンバス生地も光沢感が出るわけではなく、良い感じでやれてきています。

ボトムレザーが1番変わった所かもしれません。
よりツヤが出て馴染んできた印象です。

【CANON PACK】
IMG_0103COLOR BLACK
PRICE ¥43,000+TAX

毎回入荷時に直ぐに姿を消してしまうのですが、その訳は使っていてとても分ります。

クラシックなデザインとモダンな色味が新鮮であり、機能性にも優れたバックパック。

在りそうで無い。

まさにそんな鞄だと思います。

ARCH 宅見

Paraboot / PACIFIC

2017.07.4 Tuesday 20:53:04| Author:admin| Categories:paraboot,Vintage

_DSC3063

通称”グルカサンダル”が今年も入荷しております。

以前も使わせて頂きましたが、フランスの写真家Willy Ronis(ウィリー・ロニ)”のグルカサンダルの履き方が非常に好きです。

狙った訳ではなく、当たり前にこのサンダルをスラックスに合わせている所に、何ともヨーロッパらしさを感じます。

9e7da92131403d7816dd72d522ba8136-303x400
今でこそファッションとしての認知度が高いアイテムだと思いますが、当時ヨーロッパではこの手のサンダルは日常的に当たり前に履く靴なんだなぁと改めて思いました。

_DSC3089 COLOR COGNUC
SIZE  41 / 42 / 43
PRICE 34,000+TAX

サンダルというカテゴリーではありますが、カカトまで覆われた仕様とクッション性に富んだPARABOOTオリジナルのラバーソールが相まってとても履き心地の良い1足になっています。

_DSC3072
_DSC3076
_DSC3080

調整の効くストラップ然り、しっかりと足をホールドしてくれるので、歩行を楽に出来るのが、この”PACIFIC”の魅力だと思います。

_DSC3097 COLOR NOIR
SIZE 41 / 42 / 43
PRICE 34,000+TAX

NOIR・ブラックはよりシックな印象です。

フランスらしいブラックのカラーは、言うまでもなくFRENCH ARMY M-47 等の軍パンに相性抜群です。

_DSC3101
_DSC3105

履き心地とデザインも含めて”サンダル”という感覚ではなく、”靴”と変わらない感覚で履けるアイテムです。

そして、現在イギリス・フランスにてオーナー山内がヴィンテージを買い付け中です。

その中で、FRECNH ARMY M-47 PANTSがサイズ・種類共に様々な種類の物がデッドストックの状態で見つける事が出来ています。

検品次第、店頭に並べていきますのでそちらも楽しみにしていてください。

_DSC3050
ARCH 宅見