Blog from ArchStyle » _BRAND(O-U)|archstyle|Arch アーチ

OUTIL / VESTE MARLE

2019.09.19 Thursday 15:06:25| Author:admin| Categories:OUTIL

time-100-influential-photos-august-sander-bricklayer-16

冒頭の写真は、ドイツの写真家AUGUST SANDERが撮り納めた一枚。
ボディと袖の部分に異なる素材を組み合わせたワークジャケットを着用しているのがわかります。

今回僕上田が紹介しますOUTILのアイテムは、まさにこの写真のジャケットを彷彿とさせる一着です。

IMG_5191
COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥42,000+TAX

僕上田はOUTILならではのインディゴとブラックインディゴで染色を施した一着VESTE MARLEをチョイス。

やはりブランドを語る上で外せない1つがこの染色なのではないかと思います。
バードシューターの形にコーデュロイとモールスキンを掛け合わせたジャケットは、これからの時期に活躍してくれる事間違いありません。

前面に使用されたコットン100%のコーデュロイは柔らかな質感と光沢が相まって品良く映ります。
この素材に施された染色インディゴ。

IMG_5198

古来より使用されていた染色方法の一つ。

当時はファッションとはほど遠い存在の物でした。
アメリカを含め、ヨーロッパではワークウェアなどに使われることの多かった染色方法であり、汚れ隠しや虫よけなどを目的としていました。
家にある桶などで常温で小規模な染色にも適していたこともあり、当時は普及していたのではないでしょうか。

その染色方法をコーデュロイに使うということが僕の中で衝撃でもありました。
そして袖と背面に使用されるのはモールスキン。

IMG_5204

こちらもFRENCH WORKなどで使用されているのでご存知の方も多いはず。
ですが…モールスキンもブラックインディゴで染色が施されています。

1800年代後半から1940年代までフランスのワークウェアーに使われていたとされる染料”BLACK INDIGO”。
現在、当時と同じ染料はフランスでは存在していなく、BLACK INDIGOの生地をフランスで生産する事は不可能とされています。

それを日本の職人に頼み、染色される黒に限りなく近い生地は極上の変化を見せてくれます。
この二つの染色が施された一着は着用と洗いを繰り返すことで徐々に色のコントラストがより浮き出てきます。

そして次にこの前合わせのディテール。

L1005098

 

L1005097

IMG_5205

IMG_5208

18世紀のイギリス、貴族礼服を彷彿とさせ、上品な印象に映える前合わせが絶妙なバランスで落とし込まれております。
ボタンはメタルボタンを使用。
使うたびに少しずつ露わになってくるメタルの質感はもちろんのこと、デザイナー宇多氏が込めたフランスのことわざのメッセージがサイドに彫られています。
細やかな部分にも配慮している作り込みは流石です。

僕の中ではフレンチの眼鏡にベレー帽、タートルにスラックスなどをこれからの時期に合わせたいと考えています。

L1005089
BERET / THE INTERPRETATION BY ARCH
SCARF / BLUMER
INNER / SAINT JAMES
TROUSERS / ANATOMICA
SHOES / ALDEN

L1005092

L1005094

バスクシャツや、フランス軍M-47PANTSももちろん様になりそうです。
あまり馴染みのないジャケットだけに一見癖がありそうですが、一度袖を通してみてください。

掠れて行き、シワが入り、表情豊かになって行くことを想像しただけでたまりません。
届いた瞬間に即決で買ってしまったのは言うまでもないでしょうが…。

中間着的なアイテムですので3シーズン着ていただけるのも重宝するポイントではないでしょうか。
最近は肌寒い日が続きそろそろコートも着れる季節がやってきそうです。

このジャケットに羽織るならブラックの色味のコートかなと考えていた矢先、ちょうどよくスペシャルなアイテムが入荷してきました。
こちらは明日のブログでご紹介致しますのでぜひお楽しみにしていて下さい。

L1005124

 

ARCH 15th Anniversary Special Model “MADE IN ENGLAND” 企画第一弾

ARCH 上田

 

OUTIL / MANTEAU LAON

2019.09.18 Wednesday 20:46:34| Author:admin| Categories:OUTIL

フランスの古き良き伝統や文化を洋服から感じる事の出来る

OUTILの洋服

フランス語で”道具”を意味するOUTIL。

”着る人の道具としの洋服”をコンセプトに掲げたブランドネームは、フランスのワークウェアに精通する部分があります。

何かの目的の為に生まれたデザインと素材。

そこにデザイナー宇多氏のエッセンスと日本の伝統的な技術が加えられた洋服。

袖を通せば、ブランスの空気を吸っているような…そんな気持ちにさせてくれるのがOUTILです。

スクリーンショット 2019-09-18 19.52.00

MADE IN FRANCEで物作りをしているのも拘りの一つでしょう。

ワークウェアを縫製できる工場が減少している中、フランス生産に拘りそれを実行している事が凄い事だと思います。

そんな、OUTILの新作が続々と入荷してきています。

その中から、スタッフ別にお勧めのアイテムを紹介します。

L1005048
 COLOR CHARCOAL
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥68,000+TAX

僕宅見が今季お勧めしたいのが、リバーシブル仕様になったコートです。

OUTILでは新型となるスタイルで、北海道では3シーズンに渡り着回せる汎用性の高さからこのアイテムをセレクトしました。

IMG_5051

IMG_5060

IMG_5065

OUTILが得意とする染めの技術を用いて生まれた、ムラ感のある生地。
既に何年も着こまれたかの様な表情がヴィンテージの様で男心をくすぐります。

裏地には、コットンパイルを施した贅沢な仕様に。

フランスの放浪者をイメージさせる、何とも言えないやれた雰囲気が大好きです。

L1005100

FRONT SIDE

L1005105

RIVERSE SIDE

セットインスリーブの仕様も相まって綺麗なフォルムに。
腰から裾にかけて広がっていくシルエットは、程よいボリュームを生み出し、絶妙なラインを描いています。

徐々に色が褪せていき、自分の身体のシワが入って行く過程を楽しんでください。

L1005077

この手のコートに合わせるのは、色落ちしたジーンズと僕の中で決まっています笑
色の効いたソックスにローファーというスタイルは、フレンチカジュアルなイメージで。

ラフなスタイルにこのやれたコートを羽織る。

雨の日の、PARISの街に着ていきたくなります。

ARCH 宅見

OLDMAN’S TAILOR /BLACK MOLESKIN

2019.09.11 Wednesday 18:48:36| Author:admin| Categories:OLDMAN'S TAILOR

山梨・富士吉田市で生まれた【OLDMAN’S TAILOR】

先日、OLDMAN’S TAILORが生まれたその土地・山梨へ足を運びました。

山梨は昔から織物産業が盛んな地域であり、デザイナー志村氏の家系も代々機屋さんのお仕事をしているそうです。
展示会場には、大きな織り機が置かれており、これを見ただけで気分が高揚しました。

”糸を紡ぎ、生地を織り、デザインし、仕立てる”

洋服作りの上で無くてはならない工程を、全て自分たちでこなしているOLDMAN’S TAILOR。

自分達が理想とする生地を作り、洋服に落とし込んでいく。

全ての工程を一から行う事で生まれる洋服は、古き良き洋服作りの風情を感じます。

IMG_8157

ヨーロッパの文化や古いミリタリー・ワークウェアにフォーカスして生まれるOLDMAN’S TAILOR。

クラシックなデザインと、日本の伝統的な技術で織られた生地が融合した洋服は唯一無二の存在でしょう。

今季のコレクションの中でも、一際存在感を放っていたアイテムを、本日は紹介したいと思います。

L1004680
COLOR BLACK
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥48,000+TAX

“ブラックモールスキン”のWORK JACKET。
この言葉を聞けば、間違いなくフレンチヴィンテージを思い出します。

肉厚でいて、ヌメ感と毛羽立ちの残るファブリックは、オリジナルのヴィンテージ顔負けの表情です。

IMG_4735

IMG_4730

IMG_4733

高密度に打ち込まれたコットン100%によるモールスキン生地。

フレンチモールスキンの様な滑らかさがありながらも、イングリッシュモールスキンの様にも感じる独特の素材感です。

形は、1800年代後半に作られていたフレンチワークコート”VILLETTE”をベースにしています。
当時、ブッチャー(肉処理場)で使われていたコートで、長い着丈をジャケットの長さにブッタ切った仕様になっています。

L1004700

L1004701

写真は、雨が降っていたの水滴が残っていますが笑
高密度に織られている為、多少の雨なら浸み込まない事を物語っています。

ラペルドにも、スタンドカラーにも成る襟の仕様も嬉しいディテールです。

【WORK PANTS】
L1004683
COLOR BLACK
SIZE  36 / 38 / 40
PRICE ¥32,000+TAX

同素材を用いたワークパンツもお勧めの一本です。

ワークパンツ特有の太さがありつつも、緩やかにテーパードしたシルエットは非常に履きやすいです。

IMG_4737

IMG_4738

加えて、ドローコートで絞る仕様なので、履くのがとても楽です。
ワークパンツで、この仕様は珍しいかと思います。

L1004712

L1004697

勿論、ジャケットとのセットアップでの着用もありです。

ブラックモールスキンという無骨な素材だからこそ、嫌味なく着用出来てしまえます。

展示会に行った際に、迎えてくれたデザイナー志村氏と大貫氏。

大貫氏がこのセットアップを着用しているのが印象に残っており、JAEMS LOCKのキャスケットを合わせているのが非常に格好良かったのを覚えています。

それを見て今回オーダーしたのもありますが…苦笑

是非ご覧になってみてください。

ARCH 宅見

SAINT JMAES 19AW / OUESSANT

2019.09.8 Sunday 20:50:26| Author:admin| Categories:SAINT JAMES

僕たちにとって欠かすことのできないバスクシャツ。
その起源は船乗りやフランス海兵のユニフォーム、働く男の制服でした。

いかにこのアイテムをカッコよく着るか。
毎シーズン、デリバリーが始まると日々思案していた入社当初を思い出します。

本日は当店ではおなじみのSAINT JMASEから19AWが入荷致しましたのでご紹介したいとます。

130年前に設立されたブランド”SAINT JAMES”。
老舗ながらに物作りは当時とほぼ変わらず、着々とファンになっている人も多く、毎年買い足しているという方も少なくない様に思えます。

IMG_6504

先ずは持っておいてほしい王道のECRU/MARINEをはじめ、今年もいい色合いが揃いました。
毎年言っている様な気がしますが…笑

L1004510
COLOR 左 NOIR / 中 CHOCO / 右 ECRU×MARINE
SIZE T4 / T5 / T6 / T7(ECRU×MARINEのみ)
PRICE ¥10,800+TAX

L1004512COLOR 上 NOIR×ABER / 中 ABER×CIGARE / 下 MARINE×ECRU
SIZE T4 / T5 / T6 
PRICE ¥10,800+TAX

L1004515
COLOR 左 HAMAC×ECRU / 右 NEIGE
SIZE T4 / T5 / T6 / T7(NEIGEのみ)
PRICE ¥10,800+TAX

今時期はさらっと一枚でも着ることができるアイテムはシンプルな装いに一役買ってくれます。
また、もう少し寒くなってきてからはブラックモールスキンや軽い羽織などと合わせても◎

ミリタリーなどのアイテムに一枚取り入れるだけでフレンチな装いに見せてくれ、野暮ったさを半減してくれます。

IMG_4530

SOLIDのタイプは今季3色。
ベーシックに使いやすい三色は何も気にすることなく日常的に手に取ってもらえるのではないでしょうか?

IMG_4532

IMG_4525

IMG_4527

厚みのある生地は着用と洗いを繰り返すことで徐々に柔らかくなり、表情豊かに育ちます。
タフな生地なのでネックが伸びることもなくガシガシ着ていただけるのもリピートしてしまう所以です。

L1004413

L1004410

スタッフ川村の今季一押しはNOIR/ABER。
少し色の抜けた5 POCKET JEANSに革靴、そしてキャスケットくらいでもシンプルで様になる色合いです。

L1004420

L1004414

僕上田はABER/CIGAREをチョイス。
このナードに写りそうな決して明るくはない落ち着いた色味に心くすぐられました。

この色味をフレンチに着こなすことを意識して白のパンツにALDENを合わせてラフになりすぎないように。
最近暑さがまたぶり返してきたのでチノパンにサンダルなんかでも難なく着てしまえます。

一見どちらも難しそうな色合いですが着てみると馴染むことを実感していただけると思います。

ベーシックなアイテムをどうやってカッコよく着るか。
定番が故に自分なりに着こなすのも醍醐味でもあります。

いつも足の早いアイテムに加え、そのシーズンしか出ない色も御座いますので、是非店頭にてご覧ください。

ARCH 上田

OLDMAN’S TAILOR / TAILOR COLLAR SHIRT

2019.08.28 Wednesday 19:56:26| Author:admin| Categories:OLDMAN'S TAILOR

本日は“Oldman’s Tailor”の開襟シャツをご紹介いたします。

L1003917

“Oldman’s Tailor”織物の産地として知られる山梨県・富士吉田市に、しむら祐次・とく夫妻によって2001年に設立したブランドです。
ヨーロッパ、主にイギリスの洋服をモチーフにして作られるコレクションはクラシックを踏襲しつつも、独自のセンスで製作され、新鮮さを与えてくれます。

L1003911
COLOR BLACK
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥28,000+TAX

L1003912
COLOR  IVORY
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥28,000+TAX

やはりこのブランドの特筆すべき点は生地。
なのですが…
今回は襟のディテールにも着目して書きたいと思います。笑

L1003904

L1003909

まずはCOTTON65%、LINEN35%のコットンリネン生地。
少しツヤっとした滑らかな質感はシワが入りにくいのが特徴。
よく見るとリネン混紡ならではのシャリ感もあり、素材の良さが目を引きます。

L1003919

少し張りのある生地感はやや厚さがあり、これからの時期にもなんなく着用して頂けます。
洗いをかけるとクタっとしてきそうな生地ですが、逆にバリッとした質感になり、乾くと元に戻ります。

初めて洗った時は少し驚きましたが…笑

いつ見ても驚かされる生地感は慣れるということもなく毎回高揚した気持ちで見入ってしまいます。

L1003905

そしてこのシャツの最大の特徴とも言っていい襟元。
襟が普通のシャツやオープンカラーとは違い、ジャケットの襟元をベースにし作成されています。
ノッチドラペルのような雰囲気は生地感と相まって少し品良くも映ります。

アメリカらしい反骨精神溢れる開襟シャツも好きですが、そのイメージとはまた違った佇まいを見せてくれるのは流石といったところ。

L1003906

L1003908

ポケットはタバコなどが入る大きさで程よく、このシャツ全体のバランスを崩すことないパッチ・ポケット。

袖はテーパードが効き、襟のバランスと非常にマッチしており品良く見えるのに一役買ってくれています。
袖ボタンを閉めた時はピタッと手首にハマるので野暮ったい印象はありません。

L1003461

カラーはブラックとアイボリーの二色。
ブラックは男なら憧れる少し悪そうな雰囲気を醸し出しつつ、セクシーさも持ち合わせて見えます。

アイボリーは柔らかさが出て、同系色と合わせてもまとまります。

L1003280

今時期はデニムはもちろん、スラックスに一枚で合わせても様になります。
秋〜冬にかけては中にハイゲージのタートルネックを合わせて上品にまとめてもバランスが崩れずに着ていただけるのではないでしょうか?

全体的な野暮さを排除しつつもほんのりと男らしさを感じさせ、いやらしく映らない品良く見える一着。
この手のオープンカラーシャツに苦手意識を持つ方も少なくないとは思いますが、ぜひ袖を通してみて下さい。

今までとは違った表情を見せてくれる一枚はすんなり馴染み、幅を広げてくれるはずです。

ブログを書いているうちに残り少量になってきてしましました。
ぜひお早めに店頭にてご覧ください。

ARCH 上田

OUTIL / TRICOT AAST

2019.08.25 Sunday 21:19:11| Author:admin| Categories:OUTIL

images

バスクシャツと聞くだけでフランスを連想するのは僕だけでしょうか。

バスクシャツ。
今では日常的に見かけるようになったファッションアイテムですが、元来船乗りのユニフォームやフランス海軍のユニフォームとしてルーツを持っているのはご存知の方も多いのではないでしょうか?

Unknown-1

そんなワークウェア、所謂男の制服として着られていたアイテムが何故ここまで知られるようになったのでしょうか。

きっかけはアメリカの芸術家でも知られる冒頭の写真の人物ジェラルドとサラ・マーフィー夫妻が船乗り専門のショップでボーダーのシャツを購入し着ているのが、同じようにリゾート地でバカンスを楽しんでいた人々の注目を集めたことが発端だったそうです。

彼らは20年代の社交界や芸術界で知られた存在であり、その友人にはピカソを始め、フィッツジェラルド、ヘミングウェイがいたそうです。
ここまで話すともうお分かりかもしれませんが、その経緯もあってピカソなどが着始めて広まって行きます。

Picasso

そんな背景を持つバスクシャツですがOUTILから待望の入荷です。

L1003666

L1003816
COLOR WHITE×BLUE
SIZE 1 / 2 / 3
PRICE ¥19,000+TAX

ヴィンテージの生地を用いたバスクシャツはゆったりとしたシルエット。

L1003804

L1003815

バスクシャツ特有のボートネックはもちろんのこと、アームホールもかなり太さがあり、着ていてストレスを感じることは全くありません。
ジャストサイズで着るのもアリですが、この少しゆったりとした感じで着るのが個人的には好みであり、たまらない部分でもあります。

L1003812

L1003811

もちろん女性が着ても様になる一着。
可愛らしくも着られますがシャルロットゲンズブールのようにデニムにタックインでバスクシャツを着る姿に心打たれるのは僕だけではないはず。笑

IMG_6403 2

Unknown
シャルロット・ゲンズブール

僕はテーパードのかかったジーンズにバスクシャツをタックイン、そしてレザージャケットを羽織り、フレンチカジュアルを意識してみました。
チノパンにさらっと合わせるだけでもよし、スラックスにタックインでも様になります。
定番なアイテムだけに着方は三者三様ですが、どういう風にこのアイテムを着こなすかが洋服の面白いところでもあります。

L1003805

L1003809
OPTICAL / FRENCH VINTAGE
JACKET / AUBERGE
INNER / OUTIL
BOTOMMS / BONCOURA
SHOES / SUFFFOLK SHOES

ARCHに入社した当初、バスクシャツはフレンチカジュアルには欠かすことの出来ないアイテムだと諸先輩がたから教えて頂き、どうやって小綺麗に着るか試行錯誤していた日々を思い出します。

元来、船乗りのワークウェアーだった物が、時代の流れによってファッションアイテムとして世に広まり、今では当たり前の物となった背景は、定番たる所以を本当の意味で感じます。
特にこのボーダーシャツに関しては、年齢や性別を問う事なく定番とされている点が特筆すべき点かも知れません。

そのくらいベーシックなアイテムでありながら、OUTILのバスクシャツのシルエットは他に類を見ません。
このゆったり加減が癖になりそうです…

入荷の前からお問い合わせを数多く頂いているアイテムだけに即完売が予想されます。
是非完売してしまう前にお早めに店頭にてご覧ください。

ARCH 上田

OUTIL VESTE LURE

2019.08.23 Friday 20:15:02| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_3610

1800年代後半から1900年代前半にかけて作られていたフランスのワークウェアーには、インディゴ染めが施された作業着が多く存在しました。

防臭・防虫効果のある”インディゴ”染料ならではの仕様。

古き良き知恵であり、当時の最高峰の技術だったに違いありません。

インディゴブルーといえば、やはりフランスのワークウェアが一番に思いつきます。

そして、OUTILの洋服を一番にイメージするのもまた、”インディゴ染め”のコレクションだと僕は思っています。

IMG_3620

日本の古き良き技術”染め”を贅沢に使用した一着、”VESTE LURE”

リバーシブルの仕様になっており、縮率の異なる生地を表と裏で使い分けています。

片面の生地はコットン/ナイロン、もう片面の生地はコットン100%の素材にインディゴ染めを施しています。
そして、仕上げにログウッドを焙煎したブラックインディゴで、染め上げる。

そうする事で、裏と表で表情が異なり、独特の雰囲気に仕上がっています。

IMG_3601

IMG_3597

IMG_3615

袋縫の仕様で縫われている+縮率が異なる素材が重なっているので、空気が含んでいるような、ふっくらとしたシルエットになっています。

この空気感が堪りません。

IMG_3603

IMG_3624

IMG_3616

裏と表でポケットの仕様も微妙に変えているのも憎いディテールです。

最初から人が着込んでいたかのような雰囲気と、これからさらに色落ちしていく素材に魅力しか感じません。

IMG_3547
COLOR INDIGO
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥52,000+TAX

フランスのワークジャケットのディテールを元に作られた一着。
ラペルドにもスタンドカラーにもなる襟の仕様が、目を引きます。

L1003646

L1003638

家の中でも着たくなるような、リラックスした雰囲気がありながらも、ジャケットとしての役割もしっかりと担ってくれます。

IMG_3544
COLOR RED
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥52,000+TAX

インディゴカラーに加えて、新鮮なレッドの色味もフランスらしく粋な一着。

個人的に非常に楽しみにしていたカラーです。
フランスの蚤の市にいるムッシュが愛用していそうな….そんなイメージでセレクトしました。

敬遠しがちなこの色味も、グレーやブラック、シックな色味と合わせる事で意外にも合わせやすいです。

L1003561

素材感とカラーリング。

両方で楽しめるOUTILのVESTE LUREは、洋服の着こなしの妄想が尽きないアイテムだと思います。

特にレッドは、挑戦しがいがありますよね。

身に纏うとPARISへの旅が頭をよぎりそうな…苦笑

是非袖を通して欲しいです。

ARCH 宅見

THE INOUE BROTHERS GOTS COTTON SWEAT.

2019.08.21 Wednesday 19:58:26| Author:admin| Categories:THE INOUE BROTHERS

IMG_3538

THE INOOUE BROTHERSの新プロダクト・「オーガニックコットン GOTS」。

アルパカのウールを広め、世に浸透させているINOUE BROTHERSですが、今季から始まったオーガニックコットンプロジェクト。

南米ペルーで彼らが発見したその素材は、圧倒的に高い品質であり、環境負荷の小さい生産背景を持つ唯一無二のコットンです。

前回は、TEE、ワッフルニットをご紹介させて頂きましたが、今回はベーシックなSWEATをご紹介致します。

IMG_3522

IMG_3508

COLOR(左から) / BLACK , YELLOW , NAVY
SIZE / S,M,L,XL
PRICE / ¥15,000-+TAX

100%オーガニックピマコットンから製作されているINOUE BROTHERSのSWEAT。

その着心地は非常に着易く、スウェットであることを忘れてしまうような着心地。

カラーは3色、BLACK、YELLOW、NAVY。

ベーシックなアイテムが故に、自分に合った色をチョイスしてみるのも良いと思います。

IMG_3514

もう既にTシャツを持っている方は体感しているかと思いますが100%オーガニックピマコットンのさわり心地は抜群です。

細かな糸で編まれたスウェットは、きめ細かいパイルの裏地になっており地肌に着ても快適です。

スウェットではあるものの、着心地のいいカットソーを着ている感覚に非常に近い為、スウェットを着た時特有のゴワゴワ感がないのも魅力です。

IMG_3518

前Vのディテールのスウェットは、アメリカの匂いも感じさせながらソレよりもやや小綺麗な印象を受けます。

首元のリブの太さもまた、媚を売らないベーシックな佇まいに。

IMG_3520

秋冬シーズンにリリースされるアルパカウールニット同様、編み目が重なり耐久性が乏しい部分には補強地が当てられています。

この部分のディテールは、inoue brothersのシンボルでもあり、まさに「用の美」と表現すべき部分ではないでしょうか??

L1003564

スタッフ近谷 身長169cm,体重55キロ
SIZE M 着用
COLOR / NAVY

僕近谷は、個人的にスウェットはややゆったりきるのが好みなのでMサイズを着用しています。

ベーシックにフランス軍のチノトラウザーと合わせるだけで様になります。

北海道の短い夏はもう終わろうとしていますが、そんな季節にこそうってつけではないでしょうか。

L1003569

COLOR / YELLOW
JACKET / CASEY CASEY

BOTTOMS / RDV O GLOBE

一見派手に見えるYELLOWも、秋冬の重たいコーディネートの差し色になってくれる為、非常に重宝します。

1枚で着てもビビットなYELLOWではない為、嫌な印象は与えません。

これからの着こなしに一役買ってくれること間違いありません。

L1003575

COLOR / BLACK
JACKET / MOJITO

BOTTOM / FRENCH ARMY

BLACKは全体的に引き締まった印象になるのでダークトーンなコーディネートにもオススメです。

正直、どの色を選んでいただいても間違いありませんので、自分にあった1枚を選んでみてください。

IMG_3527

ちなみに、このスウェットをご購入いただいたお客様には、英国・王室御用達のピンバッチをプレゼント致します。

井上兄弟の粋な計らいなので、こちらも是非お楽しみ下さい!

「THE INOUE BROTHERS」のニュープロダクト。

環境面、生産者の背景、消費者の幸せ。

その全ての点にフォーカスしたプロダクトは、本当に優しく、暖かいプロダクトです。

そして僕たち洋服好きを唸らせる商品は、まさに彼らにしか出来ない逸品です。

皆様も是非、INOUE BROTHERSのスピリットを肌で感じてみてください。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ARCH 近谷