Blog from ArchStyle » _BRAND(O-U)|archstyle|Arch アーチ

The Inoue Brothers / ROYAL ALPACA

2017.10.15 Sunday 20:27:23| Author:admin| Categories:THE INOUE BROTHERS,未分類

10月13日(金)に急遽お客様も交えてTHE INOUE BROTHERSの商品説明会を開催させて頂きました。当日急だったのにもかかわらず、お忙しい中お越し頂いたお客様、ありがとう御座いました。

IMG_0088

そして、タイミング良くTHE INOUE BROTHERSのニット類が入荷しました。

アルパカの中でも最上位に位置づけされる「ROYAL ALPACA」を用いたアイテムは、滑らかな質感は勿論の事、ニット特有のチクチク感を全く感じません。

ニット類では最高級と言われる「カシミア」と同レベルの「ROYAL ALPACA」は現在、使用する事が出来るのはTHE INOUE BROTHERSのみ。

それは生産者と井上聡氏、清史氏との信頼関係があるため、生産者側からのご好意で提供していただいている素材。

井上兄弟お二方がどれだけ生産者側と密な関係を築いているかが伺えます。

_DSC0559 (1)

_DSC0560

今回、入荷しているハイゲージのクルーネックとタートルネックは、そんな「ROYAL ALPACA」を100%使用している極上のセーターです。

_DSC0570Color : BLACK / NAVY / GREY
Size : S / M / L / XL
Material : ROYAL ALPACA 100%
Price : ¥48,000+tax

_DSC0540

タートルネックはこれからの季節、ジャケットやベストのインナーとして重宝しそうです。

_DSC0572

ネック、袖部分は、ハンドリンキングによって編み立てている為、段差が無くスッキリとした印象。
折り返さなくても違和感がありません。

IMG_0091
肩と袖に付けられたレザーパッチは生地の縫製が3点重なる部分に補強として付けられたもの。
こちらも勿論手作業によって取り付けられています。

_DSC0552Color : BLACK / NAVY / GREY
Size : S / M / L / XL
Material : ROYAL ALPACA
Price : ¥46,000 +tax

_DSC0535

_DSC0566

タートルネック同様「ROYAL ALPACA」を使用したクルーネックセーター。

これからの季節は勿論ですが、サーマル効果がある為、暖かくなっても愛用して頂けると思います。

_DSC0532Color : NAVY
Size : S / M / L
MATERIAL : ROYAL ALPACA
Price : ¥54,000 +tax

今季、新型となるローゲージのタートルネックセーターはハイゲージに比べて無骨な印象。
「ROYAL ALPACA」を使用して作られた贅沢な一着は、一枚で着用してもサマになり、保温力も抜群です。

今回、3つのアイテムをブログにてご紹介させて頂きましたが、まずは店頭にてご試着して頂きたいアイテムです。

また、今回ご紹介出来なかったアイテムも入荷しておりますので、是非店頭にてご覧下さいませ。

Arch 松本

The Inoue Brothers

2017.10.12 Thursday 21:24:52| Author:admin| Categories:THE INOUE BROTHERS

極上のアルパカウールを用いた小物類が入荷してきております。

alpaca_wool_closeup

先ずは定番のストールからです。
カラーバリエーションが豊富なアイテムで、2枚3枚と買い足してしまいたくなります。

【WOVEN BRUSHED SCARF】
_DSC0439COLOR  CHACOAL / GREY / BLACK / BURGUNDY / BROWN / CAMEL
SIZE W30cm × L180cm
PRICE ¥10,000+TAX

BABY ALPACA を用いたショートストールは、汎用性の高い1本。
ジャケット・コートとどんなアイテムにも収まりが良いのが好評の理由の1つでしょう。

_DSC0477COLOR CAMEL
JACKET US ARMY M-43 FIELD JACKET

_DSC0461 COLOR GREY
COAT S.E.H KELLY

_DSC0455COLOR BURGUNDY
JACKET FRANK LEDER

シンプルなデザインですが、上質な素材感は僕らが好きなワーク・ミリタリーのアイテムにも非常に相性が良いです。

_DSC0440
THE INOUE BROTHERSの商品に付属している日本の楠。

こちらは古来から虫食いを防止する役目を果してくるので、保管時には一緒に置いておくと良いです。
購入した後、愛用していく中でのケアの事も考慮されているのも嬉しいですね。

【WOVEN BRUSHED DOUBLE FACE STOLE】
_DSC0442COLOR CAMEL / CHAROCAL
SIZE  W85cm ×L200cm
PRICE ¥28,000+TAX

ダブルフェイスの仕様が特徴的な大判のストール。
フワッとした肌ざわりはとても心地よく、ウール特有のチクチク感は全くありません。

IMG_0087
_DSC0484

ボリューム感のある大きさは、シンプルな装いにこそ映えます。
この大きさなので、様々な巻き方が可能です。ユニセックスで使える点も嬉しいところだと思います。
着るものによって変化を加えながら巻いて欲しいです。

【MULTI COLOURED SCARF】
_DSC0445COLOR GREY
SIZE W85cm×L200
PRICE ¥30,000+TAX

アンデス山脈・ボリビアの先住民族による伝統的な柄を用いたストール。
発色の良さが特徴的であり、僕自身も昨年買い逃してしまい入荷を心待ちにしていました笑

単色のコート、特にダークなトーンにこそアクセントになります。
何よりもTHE INOUE BROTHERSの生産地とも言えるアンデス・ボリビアの空気を纏える様な…そんな1本です。

そして、明日の井上 聡氏、清史氏の来札に合わせたかの様に、メインとなるロイヤルアルパカを用いたニット類が本日店頭に到着致しました。

_DSC0522
明日の20時頃から行います勉強会にてお披露目しますので、是非実際にご覧になってみてください。

ARCH 宅見

DSC0005-400x236 THE INOUE BROTHERS  PRODUCT BRIEFING
2017 10/13 FRIDAY  START 20:00~
@ ARCH

The Inoue Brothers “Style can’t be mass produced”

2017.10.10 Tuesday 19:46:13| Author:admin| Categories:THE INOUE BROTHERS

IMG_0092

“style can’t be mass produced”

”スタイルは大量生産出来ない”

the inoue brothers のコンセプトであるこの言葉を、昨年聞いた時に衝撃と感銘を受けたのを今でも覚えています。

極上のアルパカウールを贅沢に使用したニットやストールがブランドの顔と言えるTHE INOUE BROTHERS。

ペルーからボリビアにかけての地域・アンデス山脈プーノに生息するアルパカウールを使用しており、標高4000mを超えるその地域は、1日の中で温度差が激しい事でも知られます。
その温度差は、朝は雪が積もり昼になると雪が溶ける程の変化があります。

そんな環境下で育ってきたアルパカは、寒暖差に順応して体温調整を自然と身につけています。
故に寒い時は暖かく、暑くなると体温を逃がしてくれるサーマル効果のあるウールが生まれます。

機能的な効果を発揮するアルパカウール、その中でも厳選された細い繊維のウールが使われており、肌さわりの良さと滑らかな素材感は、アルパカとは思えない程の上質な雰囲気があります。

snow
behind_the_scenes_scenario_02

2年前にPARISのショールームで行われていた、THE INOUE BROHERSの展示会。
初めて訪れた際は、勿論まだ製品もデザイナーを務める井上 聡氏、清史氏にもお会いした事がありませんでした。

まだARCHで取り扱いが始まっていなく情報だけを頼りに訪れた展示会で製品を見るより先に、
聡氏と清史氏から、アンデスに住むアルパカの生産者の人々の話や現在の大量生産の背景・環境問題についてなど、製品よりも先ず先に”人”への熱意を凄く二人から感じました。

そんな話を聞きながら、製品を見るよりも先にARCHで取り扱わせて頂きたいですと話していたのが今でも記憶に残っています。
勿論、製品も素晴らしいです。それよりも先に2人の物作りに対する熱量や拘りに打たれたと言ってもいいでしょう。

昨年の9月に井上兄弟 聡氏と清史氏がここARCHに足を運んで頂き、お客様を交えてアルパカウールの話や生産背景について語って頂きました。

そして今週末10/13の金曜日に再び2人が札幌の地にやってきます。

当日の20時頃から勉強会と題してアルパカウールの魅力や新作のコートやストールについてお話して頂きます。

是非ご参加くださいませ。

詳しい詳細や商品については追ってご紹介致します。

ARCH 宅見

DSC0005-400x236

OUTIL × Meguro un jour

2017.10.8 Sunday 21:39:00| Author:admin| Categories:OUTIL

昨日から開催しております、OUTIL×Meguro un jourによるスペシャルイベント。

初日から多くのお客様に足を運んで頂き誠に有難うございます。

フランスという土地に魅せられた、ARCHオーナー山内、OUTIL 宇多氏、UN JOUR宮内氏。
そんな共通点から始まった今回のイベントは、とても新鮮であり刺激的なイベントになりました。

IMG_2272
IMG_2282
_DSC0315
イベントは明日まで開催しておりますが、OUTIL宇多氏とUN JOUR 宮内氏は本日までとなります。
明日までは、OUTILの豊富なラインナップをご覧になって頂けます。

_DSC0299JACKET OUTIL MOLESKIN WORK JACKET
BOTTOMS  FRENCH ARMY M-47

_DSC0369

_DSC0344 SHIRT OUTIL BLACK CHAMBREY SHIRT
BOTTOMS ANATOMICA

_DSC0350

_DSC0330 JACKET FRANK LEDER
BOTTOMS OUTIL ARCH EXCLUSIVE

_DSC0384

別注で制作したBLACK INDIGOのWORK PANTSは、大変好評を頂いており完売してしまったサイズも出てきました。
気になっていた方はお早めにご覧になってみてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

OUTIL / BLACK&BLUE INDIGO DYED WORK PANTS ARCH EXCLUSIVE

2017.10.6 Friday 21:53:38| Author:admin| Categories:OUTIL

OUTILから今シーズンの春夏にリリースされた”PATALON RONCQ”

実は、ARCHにて買い付けてきたFRENCH VINTAGEを、OUTILデザイナー宇多氏に資料提供して完成したアイテムです。

IMG_2265
写真の物が実物になります。
1940年代頃のFRENCH VINTAGEで、肉厚なリネン生地をブラックインディゴの染料で染めた1本。

1800年代後半から1940年代までフランスのワークウェアーに使われていたとされる染料”BLACK INDIGO”。

現在、当時と同じ染料はフランスでは存在していなく、BLACK INDIGOの生地をフランスで生産する事は不可能とされています。

そんな中、OUTILデザイナー宇多氏が当時と同様の”BLACK INDIGO”を再現すべく、日本の染め職人に依頼し伝統的な技術で”BLACK INDIGO”の染めを完成させました。

FRENCH VINTAGEにルーツがある染料を用いて、ARCHのヴィンテージが元ネタとなった”PATALON RONCQ”に乗せた渾身の1本です。

_DSC0847
IMG_0072
IMG_0075
元々、ブルーインディゴで染めたツイル生地の上から、BLACK INDIGOでさらに染め上げています。

ブルーとブラックが混ざり合った生地は、独特の雰囲気に仕上がっており、間違いなく経年美化が期待できる素材です。

フックの仕様とカッティングに特徴のあるポケットの形状もこのパンツの魅力のディテール。
そして何よりも、来春シーズンから一新されるオリジナルのメタルボタンにも惹かれます。

IMG_0081
フランスのことわざで ”L’ air fait pas la chanson (メロディーは歌を作らない)”と彫られたメタルボタン。
塗装が剥げて、シルバーになっていくとより雰囲気がグッと増します。

見かけのデザインや名前ではなく、実際に着用していった際の変化や洋服に宿る背景が大事というメッセージを込めてこの言葉を選んだそうです。

_DSC0811Color INDIGO
SIZE 0 / 1 / 2 / 3 / 4
PRICE ¥28,000+TAX

_DSC0831

40年代のワークパンツ特有のストンと落ちるシルエットが特徴的です。
潔い太さとテーパードのしないこのシルエットは、ヴィンテージを彷彿とさせます。

_DSC0838

サスペンダーボタンも内側に装備されているので、サスペンダーで吊ってクラシックに履いても面白いと思います。

_DSC0845

ブルーとブラックインディゴ双方の色落ちを想像しただけで…着用頻度は間違いなく上がります。

ミリタリーパンツを履く感覚で合わせて欲しい1本です。

明日のイベントから発売開始です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH スタッフ一同

_DSC0733 OUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event
2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

EUROPE BUYING ~ENGLAND&FRANCE

2017.10.5 Thursday 21:32:57| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

昨日アナウンスしておりました、ヴィンテージ買い付けの詳細を写真にて紹介します。

写真はごく1部なので是非店頭にてご覧になって頂きたいです。

_DSC0405

_DSC0785

_DSC0432

_DSC0762

_DSC0752

_DSC0788

_DSC0757

_DSC0792

_DSC0435

_DSC0793

_DSC0414

_DSC0416

_DSC0425

_DSC0426

_DSC0418

_DSC0410

イギリスからフランスと、ミリタリー物・ワーク物様々なヴィンテージウェアーが揃っています。

フランス軍のモーターサイクルは近年見かけなくなってきたアイテムで、デッドストックの状態で見つける事が出来ました。

FRENCH AIR FORCEのレザージャケットは、個人的にもとても好きなアイテムでNAVYの色味が堪りません。
FRENCHのハンティングジャケットもデッドストックで入荷です。
こちらもデッドストックでは中々目にしなくなりましたね。

定番のモールスキンジャケットは、フレンチワークらしいブラック色味の物がサイズ豊富に揃っています。
毎回入荷時に好評を頂いております、ストライプのワークパンツはデッドストックの状態でまとまった数が出ています。

イギリスからは、LYBRO・FABRUMのワークジャケット、中でもインディゴ染めのジャケットは非常に珍しいです。
ROYAL NAVYのワークジャケットも数枚見つける事が出来ました。

今週末から開催するOUTILのイベントにて合わせてご覧になってみてください。

_DSC0733OUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event
2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

ARCH 宅見

OUTIL Herringbone Virgin Wool

2017.10.2 Monday 20:46:54| Author:admin| Categories:OUTIL

IMG_0049
フランスで織られたラムズウール、それもヴァージンウールを贅沢に使用したジャケットとベストが入荷しました。

一頭の羊から一生に1回しか採る事の出来ないヴァージンウール。
生まれてから初めて採られたそのウールは、とても貴重なものと言えるでしょう。

何度も何度も毛刈りを繰り返したウールよりも繊維が細く、しなやがでいてソフトな触り心地が特徴的です。

そんなヴァージンウールをOUTILらしくヘリンボーン織りで製作した贅沢な1着に仕上がっています。

IMG_0043COLOR CHARCOAL
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥42,000+TAX

形は、フランスの労働階級で使われていたワークジャケットをベースにしています。
ラペルにもスタンドにもなる襟のデイテールに、フレンチワークの匂いを感じます。

_DSC0271

_DSC0322
IMG_0045
ウールが起毛しているので分かりづらいと思いますが、実は織りはヘリンボーンになっています。

着用と洗いを繰り返す度に、その織りが徐々にはっきりと浮かび上がってきます。

_DSC0262
身体に何のストレスもない軽い着心地は、ジャケットを着ている感覚があまりありません。
ニット・カーディガンを纏う様な着心地に似ているかもしれません。

それ位、動きやすくとても楽なフィッティングです。

同素材のベストを合わせる事で、よりクラシックな装いに変化します。

_DSC0288COLOR CHAROCAL
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥28,000+TAX

表生地にヴァージンウールを、背面にはブラックモールスキンを使用しています。

ジレというより着丈の長さも十分にあるので、ワークベストとして気軽に着れると思います。

_DSC0302

個人的に背面のブラックモールスキンにグッときます。
ウール・モールスキン両方の経年変化が期待出来るのも嬉しい部分だと思います。

20838197_457220671316701_5537212137404891136_nOUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event

2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

そして、今週末からスペシャルイベントを開催します。

PARISにてARCHオーナー山内とOUTIL宇多氏がイベントの打ち合わせをしていた1コマ。

IMG_2162
イベントの詳細はこちらから紹介していきますので、楽しみにしていてください。

OUTILとの別注アイテムも….

ARCH 宅見

OUTIL “FABRIQUE EN FRANCE”

2017.10.1 Sunday 21:07:15| Author:admin| Categories:OUTIL

フランス語で”道具”という意味を持つ”OUTIL”。

ヨーロッパのワーク・ミリタリーにフォーカスを当てた洋服は、着る人それぞれの”道具”として在り続けるアイテムが揃います。

“FABRIQUE EN FRANCE”をテーマに掲げた物作りと、拘り抜かれた生地・染料に僕達も魅了されています。

そんなOUTILの秋冬のコレクションも徐々に店頭に到着してきており、早速お客様にも好評を頂いております。

予てからOUTILデザイナーである宇多氏と考案していた、スペシャルイベントを今週末10/7から開催致します。

20838197_457220671316701_5537212137404891136_nOUTIL  & Wine Bar Meguro un jour Special Event
2017 10/7 (sat),10/8 (sun), 10/9 (mon)
@Arch Premier Etage

先日まで、オーナー山内とANATOMICA岩谷がロンドン・フランスにヴィンテージ買い付けにいっておりました。
各土地で見つけた良質なヴィンテージウェアもイベント中に到着しそうです。

宇多氏と考案していた特別な別注アイテムも…こちらは近日中に公開します。

そして、今回のイベント限定で、東京目黒にお店を構えるワインバー・Meguro un jourオーナー宮内氏もイベントに参加して頂きます。
期間中は、特別にお店で提供している厳選されたワインをARCHにて販売致します。

FRENCH VINTAGEとVIN NATUREL、フランスという土地に共通点があるスペシャルなイベントを是非楽しみにしていてください。

ARCH 宅見